インド料理

桜富士山

最近はまりまくっている表記のインド料理のお店を貸し切りにさせていただいて仲間と「桜富士山に登る会」をする。親父世代8人で店主お任せのコースを設えていただき訪問する。

まずは良く冷えたサッポロ赤星で乾杯する。日本で最も古いブランドのビールであることは周知の事実。独特の苦味がいい暑気払いとなる。

2016-09-06-17-32-34

パパドと呼ばれる豆の粉を煎餅状に焼き上げたもの。

2016-09-06-17-35-24

蓮根と茄子のアチャール。酸味の効いたマサラの加減が絶妙。

2016-09-06-17-39-47

明石産の蛸を使ったマサラたこぶつは青とんが震える辛さを醸し出す。これに合うお酒は店名を冠する「桜富士サワー」さっぱりした梅紫蘇風味なんだけどバイスをキンミヤ焼酎で割ったもの。店主はこれを住吉のピンドンと呼ぶ。焼酎だけお替わりも出来ます・・・

2016-09-06-17-44-22

低温調理で仕上げるマサラ砂ずりは驚くような柔らかさ。美味し過ぎて参加者みんなビックリシマクラチエコ状態。

2016-09-06-17-51-31

マサラとパクチーがたっぷり添えられた名物のパクチービアはアテが要らないくらい美味しい。南インドのお番菜はどれもがあっさりしてとても食べやすい。

2016-09-06-17-56-05

チーズクルチャはキンミヤのレモン酎ハイと合わせる。店主が自身でブレンドされるチーズも美味しいし包んでいる生地も軽くてビックリするくらい美味しい。

2016-09-06-17-57-59

海老とココナッツのサラダ。ココナッツの食感がとてもいい。カレーリーフの風味やいろんなマサラが混ざって全く食べ飽きない。どの料理も味が単に足し込まれているのでなくかけ算になって想像もつかない味となって提供される。

2016-09-06-18-08-45

ひよこ豆のサラダもあっさりした仕上がりなんだけどいい味がついて全く食べ飽きることがない。

2016-09-06-18-11-53

2番目のクルチャはチーズと生ハムが入ったもの。。これもお酒が進みまくる・・・
「店内におけるすべての写真お断り」なんだけど他に客がいないということと食べログには掲載しないという約束で写真の許可をいただく。

2016-09-06-18-25-07

ラム肉を使用した激辛肉味噌はかなりスパイシー。トマトの酸味とパクチーの風味も加わって辛くて甘くて酸っぱくてほろ苦く、ラム肉の美味しさも最大限に発揮された佳品。

2016-09-06-18-34-43

ピンぼけだけど鶏肉を揚げたものをマサラで味つけしたもの。中味に厚みを感じる史上最強の唐揚げ。

2016-09-06-18-47-08

浅利のマサラ炒め貝のええ出汁が出て美味し過ぎて目玉が飛び出しそうになる。香味が一体となった爽やかな風味。

2016-09-06-19-00-21

3度目のクルチャはゴルゴンゾーラピカンテと無花果の入ったスペシャルエディション。蜂蜜の香りもする愛情溢れんばかりの味。

2016-09-06-19-09-45

〆のカレーをいただくためにご飯登場。バマスティ−ではないと思うが長粒米。強い癖もなくとても食べやすい。

2016-09-06-19-10-20

看板商品のブラックペッパル登場。パンチの効いた様々なブラックペッパーをはじめとするスパイスが脳を刺激する。しかし尖った辛さではなく複雑でしみじみと優しい味わい。

2016-09-06-19-10-25

秋刀魚を使ったさらさらのプルスはカレーリーフとココナッツの香り。後味がとてもさわやか。

2016-09-06-19-23-00

海老の入ったジンガーバターマサラ。ココナッツミルクが入った甘口でギーとアジョワンが香るこってりトマトクリーム。これぞまさに愛の味。

2016-09-06-19-30-52

〆はラッサムスープでトマトの酸味が鼻に抜ける。カレー通の友人は手で食していた。スパイスのせいかお酒が進みまくる。お腹いっぱいになっているはずなんだけど満腹中枢神経が麻痺してもっともっと食べたい欲求にかられてしまう。

皆で集合写真を撮って早めのお開きとなる。住宅街にあるので声を殺して退室する。この店で提供される食事はすべて愛情という魔法のスパイスがかかる。そのスパイスの恩恵を受けるために食する方も店主が最大限のパフォーマンスを発揮出来る協力を必要とする。

お店は6席の座敷のみなので電話で確認することをすすめる。近未来には訪問出来ない人気店になる事は必至である。

以下店主の玉井氏(美しい女性です)のブログより引用

うちは
一流になりたいから
一流の店で修行して技術を得た
現地で実際に見て学んできた
血と涙を流して体得した確かなもの
自分の芯にある揺るぎない自信
まだまだ大阪にないぎょうさんの
美味しいスパイス料理がある
それを伝えるために桜富士山はある
ただのカレー屋ではなく
知らない美味しさの感動を
私にしか出来ないことを
桜富士山の料理は
スパイスカレーではありません
ちょう本格スパイス料理です
桜富士山には
基準のわからない評価も
美しく撮られた写真も
必要ありません
心地よい空間で心を解放して
美味しいごはんを食べてください
皆様のお越しを
お待ちしております

 

これを見るといつも元気が出る。

過去の桜富士山はこちら

大阪市住吉区住吉2-11-6
電話: 06-7181-1467


カテゴリー 住吉大社, インド料理, カレーライス |

桜富士山②

日曜日の昼は自宅から自転車に乗って住吉大社南の住宅街にある表記のインド料理店で昼酒をかねてブランチをいただきに行く。

2016-08-07 11.07.00

お店はテーブル(ちゃぶ台だが)が3つしかないので開店時間を狙って早めの訪問。格子戸を潜るとそこから別世界。打ち水をされた石畳は情緒たっぷり。

この日はサッポロビール赤ラベルと砂ずりのコンフィ、海老とココナッツを炒めたインド風のお番菜でほっこりする。この日のアイドル店主のタマちゃんはハットをかぶった装い。

2016-08-07 11.40.41

しばらくすると知人が偶然入店されて一緒にちゃぶ台で四方山を話しながらの食事となる。お番菜が美味し過ぎてお酒が進みまくる。パクチービアなるものを所望する。初めて頂くがパクチーとマサラの刺激のせいであてがなくてもグイグイと飲めてしまう。

「店内におけるすべての写真お断り」となんだけど他に客がいないということと食べログには掲載しないという約束で写真の許可をいただく。

2016-08-07 11.38.47

〆はシーズナブルメニューの冷やし中華を所望する。出てきた冷やし中華はマサラまみれの野菜とこれもマサラで味付けされた半熟煮卵がたっぷりと乗るもの。

更にアルコールが進みまくって絶好調状態になる。。麺の上には貝割れ、胡瓜、ミニトマト、レッドオニオン、レタス、鶏肉などいろいろな具材が入っているけどどれもが上質であることは食せば判る。どんなスパイスがかかっているのかは判んないけど全体的に壁ドン的な辛さじゃなくて優しくてしんみりと味わい深い後ろから抱きしめられるような辛さなのがとてもいい。

居こごちがよくて昼寝して帰りたいくらいだったけどお店が混んできたのでそそくさと帰ったとさ。。

以下店主のインスタから転用・・・・

うちは
一流になりたいから
一流の店で修行して技術を得た
現地で実際に見て学んできた
血と涙を流して体得した確かなもの
自分の芯にある揺るぎない自信
まだまだ大阪にないぎょうさんの
美味しいスパイス料理がある
それを伝えるために桜富士山はある
ただのカレー屋ではなく
知らない美味しさの感動を
私にしか出来ないことを
桜富士山の料理は
スパイスカレーではありません
ちょう本格スパイス料理です
桜富士山には
基準のわからない評価も
美しく撮られた写真も
必要ありません
心地よい空間で心を解放して
美味しいごはんを食べてください
皆様のお越しを
お待ちしております

↑人物も本物です・・・

前回の桜富士山はこちら


カテゴリー 住吉公園, 住吉大社, インド料理, カレーライス |

セイロンカリー

大正にあるスリランカ料理のお店。今は寂れまくっている泉尾商店街に光り輝く繁盛店。商店街入り口にある王将だけが繁盛している感じ。大正駅から遠いので車で行くのがお薦め。お店はスリランカの国旗が目印。満席だったので店の表で待つ。

2015-04-02 12.36.47

お店はスリランカ人シェフのランジさんと日本人女性オーナーで営業。カウンター4席とテーブル10席。家庭的な感じがとてもいい。

2015-04-02 12.37.10

ランチは通常3種類。
・Aセット(フライドライス+タンドリーチキン+ミニサラダ)/880円
・Bセット(本日のカリー2種類+ナン+チキンティッカ+ミニサラダ)/880円
・Cセット(アンブラ)/1,000円

入り口で一緒に並んだスリランカ人がCセットのアンブラがお薦めと言うことなので所望する。このスリランカの「母の味」のライス&カレーの「アンブラ」はカレーはチキン、ビーフ、フィッシュの3種類から選ぶことができる。米は200円増でバスマティライスにしてもらう。スリランカ料理の店なんだけどナンやタンドリーチキンなどの北インド料理もある。

2015-04-02 12.49.38

隣のスリランカ人と世間話をしながら料理を待つ。スリランカ人が「ここは最高に美味しいよ」とか「スリランカの正月は4月」とかどうでもいい話で盛り上がる。彼らは店に設置された手洗いで手を洗っておもむろにカレーを手でかき混ぜて食す。「カレーは手で食べたら美味しいのよ」と言っていた。

2015-04-02 12.51.01

ポークカレーを主体とした数種類のカレーと副菜がワンプレーとに乗って出てきた。上に乗っているのはパパダン。私もスリランカ人を真似て手洗いをして手で食べてみる事にする。

2015-04-02 12.53.33

スリランカ人客が「熱いから火傷しないでね」と親切に言ってくれる。バスマティーライスに染渡るまで力を入れてしっかりと混ぜ混ぜするのがスリランカスタイルらしい。

ポークカレーとレンズ豆のカレー、野菜の炒め物のようなものまでしっかり混ぜ合わせる。スリランカの客と一体感を感じながら食す。辛み、甘味、酸味が絡み合ってえも言えないカオスが味蕾を直撃する。混ぜる事で味が化学反応を起こしたような今まで食べた事のない美味しさにひっくりがえりそうになった。

味の重なりようが優しくて深みがあって尖ってなくて適度なスパイス感もありながらまろやかすぎる美味しさに圧倒される。女子高生なら「ヤバーい」と口に出るような感じであろうか。

指先でぬちゃぬちゃ混ぜ込んで小さく小山を作っておもむろに顔を皿の上に持っていって食べる。。生まれて初めて手で食べるスリランカカレーに感激した。日本人の客でもこの店では手で食べる客は結構いてると言っていた。この店は間違いなくハマるな・・・

大阪市大正区泉尾3-14-21
TEL06-4977-0636

セイロンカリーインド料理 / 大正駅

昼総合点★★★★ 4.0


カテゴリー 大正, インド料理, カレーライス |
1 / 312...最後 »