カレーライス

白銀亭

本町の表記の繁盛カレー店を訪問。11時半の開店なので15分前に暑い中店頭に並ぶ。カウンター16席というのを皆知っているのでいつも行列は16名ジャスト。程なく開店の後、入店順に注文を聞かれる。

メニューは
・カレー   750円
・カツカレー 900円  
・チーズカレー850円
・ほうれん草カレー 900円
・エビフライカレー 950円
・大盛り 150円増し  
・生玉子 50円

この日はガッツリ行きたかったので名物のほうれん草カレー900円にエビフライ100円、とんかつ150円、卵50円のトッピング。
店内は流れるような動きのマスターと女性2人で切り盛り。とんかつとエビフライは店内で仕込んだような感じ。ほうれん草のカレーはとても珍しい。目の前に二つの大鍋に黄金色のカレーが煮込まれていてご飯やトンカツが載せられた皿にかけて供される。どちらかといえば欧風カレーの分類。

出て来たカレーはほうれん草の緑、卵の黄色の対比ビジュアルがかなり美しい。エビフライもサクサクのプリプリ。とんかつも柔らかくてカレーの邪魔をしない。カレーのルーはシルクのような舌触りでとても上品な味わい。

甘く感じるソースは後からスパイス感が追いかけてくる。。卵の黄身がルーに絡まってなんともいえない新たな旨味を醸し出す。。スルスルと喉に入って一気に平らげてしまう。。

食べ終わると店の外は長蛇の列。。。スタッフさんの接遇も良くてとてもいいお店です。。
「暑い中ありがとうございます!」という店主の声に後味がさらに良くなる。。

大阪市中央区淡路町4-4-12 ダイドーメゾン大阪御堂筋 1F
06-7654-1067
[月-金]11:30-16:00
[土]11:30-14:00
売れ切れ次第終了
定休日:日曜,祝日

過去の白銀亭はこちら


カテゴリー 本町, カレーライス |

白銀亭

本町で所用があり表記のカレー店を訪問。開店は11時半なんだけど11時過ぎにはすでに10名ほどの行列。カウンター16席というのは知っていたので一緒に並ぶ。11時40分にやっと開店。入店順に注文を聞かれて名物のほうれん草カレー900円にエビフライ100円のトッピング。

マスターと女性2人で切り盛り。マスターは流れるような手順で次々とカレーを提供。とんかつとエビフライは店内で仕込んだような印象。ほうれん草は熱湯でさっと湯がいてトッピング。

目の前に二つの大鍋に黄金色のカレーが煮込まれていてご飯やトンカツが載せられた皿にかけて供される。

丁寧に作られたほうれん草カツカレーからはあつあつで湯気がでており、ほうれん草のみどりが美しい。エビフライもサクサクのプリプリ。
きめ細やかなルーは高級ソースのような感。。
1口目は甘く感じるんだけど後から辛みと香辛料の香りが長く続く。。。関西人が好む味であることは間違いない。食べ終わると店の外は長蛇の列。。。接遇も良くていいお店です。。

大阪市中央区淡路町4-4-12 ダイドーメゾン大阪御堂筋 1F
06-7654-1067
[月-金]11:30-16:00
[土]11:30-14:00
売れ切れ次第終了
定休日:日曜,祝日


カテゴリー 本町, カレーライス |

レベルカレー

本町にある反逆者のカレーという意味の表記の店を訪問。中央大通りの北側の通りに面したビルの2階に位置する。

店内はカウンター10席でかなりロックというかレゲエな感じ。。。ボブマーレーのミュージックビデオが流れる中ドレッドヘヤーの店主がワンオペで店を切り盛り。

注文と同時に支払い。。Wカレーにターメリックライス、グリルチキンのトッピングを所望する。

一皿ずつ仕上げて行くので時間はかなりかかる。適当に時間を潰しながら待つ中で男性客しかいないことを観察。

雑居ビルの中という立地のせいかマニアックな内装のせいか辛すぎるカレーが受け入れられないのか・・・という分析

多分どれもが当てはまるのだろうけど本町界隈のカレーランキングでは上位に位置するのは確かな情報。

いろいろなことを考えている間に出来上がり。

サラサラのルーにウエット感のある濃厚なキーマカレーと角切りのアチャールが添えられたもの。手前に大きなグリルチキンが5つ鎮座する。

 

 

口に運ぶとズドンとした辛さと芳醇なスパイス感。出汁の旨味も感じるけどスパイスがしっかりと主張。チキンはとても柔らかい・・・クローブとカルダモンとコリアンダーの香りが喉から出てくる。いろんなハーブの香りも感じるんだけど詳細不明。スパイスは自家焙煎とのこと。。。

気がつけば完食・・・・食べすぎたな・・・

大阪市中央区南本町3-3-23 インペリアル船場ビル 2F
営業時間: 11:30 ~ 15:00LO


カテゴリー 本町, カレーライス |
2 / 35« 先頭...23...20...最後 »