カレーライス

二角

生来カレーが好物で週に2回くらいランチで食することが多い。私のオフィスの近くで口に合う店、数店を定期的に訪問。その中の一つの本格インドカレーのお店。昼食にしたら少しお高いんだけど本場のコックが作るインドカレーにはまるお客が多いと聞き及ぶ。

2014-01-29 13.00.24

しかしながらこの店のカレーはいろいろなブログに乗っているように半端なく甘くて死ぬほど辛い。。。辛過ぎていつも完食出来ないくらい。生卵必須のカレーと言うのも珍しい。一口目はちょっとびっくりするくらい甘い。フルーツ系の甘さで口の中がいっぱいになる。

しかししばらくするとスパイスの辛みがジンジンと襲ってくる。インディアンカレーのように甘くて辛いカレーは日本人好みなんだけど、この振れ幅が半端ではない。口から火を吐く辛さではなく頭の奥から辛さを感じるようなまさに自身の業のカルマが目の前に現れるような辛さである。

2014-01-29 12.31.43

料理を作る人、運ぶ人みんなインド人なんだけど皆さん人が良くて世間話をよくする。カレーを注文するとすべての人に「辛いけど大丈夫ですか~」と聞かれる親切さが心に響く。大丈夫じゃないんだけど大丈夫と言わざるを得ない。頭の毛穴がすべて開くカレーは体調と相談しながらの訪問となる。

ランチはカレー780円のほかにインド焼き飯¥780、チリチキンランチ¥850があるのだけど新メニューのランチセットが出来たようなので早速所望する。

2014-01-29 12.33.53-1

料理長は毎回注文が通ってからチキンやナンを焼かれる。とても丁寧な仕事ぶりである。ガラス越しにこちらに向かってニコニコしながらナンやチキンを窯で焼かれる。お餅のような生地をぺたんぺたんしながら手の中で薄く伸ばして窯の内側にぺたんと貼付けて作る。一度やらせてほしいなと思いながらいつも言い出せない。。。

2014-01-29 12.32.21

お店の壁に小さく貼っているワニカレーと言うポップがとっても気になる。気になるけど注文する勇気がない。料理長の名前はライクワルクンジラルといいインドのカジュラホ地方出身でインド各地のVIPパーティーには必ず料理長として迎え入れられるらしい。

2014-01-29 12.34.52

窯の中を見せてもらったりしながら出来上がりを待つ。どうしてこのインド料理店が二角と言うのかも長年の謎。

2014-01-29 12.37.16

大きくて分厚いナンと一緒に出てきたカレーはルーの中に木の屑の様な香草やスパイスが入りまくり。こんな複雑なカレーはあり得ないというくらい。。 チキンも仲間で味が染んでいてとってもおいしい。カレーはチキンと野菜が選べるので私のお勧めは野菜カレー。。

2014-01-29 12.48.38

最後は甘々のチャイのサービス。辛さがやわらいでほっこり。。ごちそうさまでした。
大阪市住之江区中加賀屋3-5-3
06-6685-5518
11:00~14:00、18:00~21:40
定休日 火曜日


カテゴリー 北加賀屋, 住之江公園, 住吉公園, カレーライス |

グルモン

私のオフィスの近くにあるカレーライスのお店。普段近くによく行くカレー店が3件くらいあってローテーションで廻る。場所は加賀屋商店街の南の端にあって地域では有名店。

席7つのちっさいお店でメニューはビーフカレー800円、野菜カレー850円、すじカレー700円が定番。この日は好物のオムカレー800円を所望する。

2014-01-13 13.03.57

このオムカレーは地元選出の国会議員が大好物でこればかりをよく注文されるので界隈ではその議員の名前を取って「とおるちゃんカレー」と呼ばれているらしい。

卵の下の御飯は当然カレールーで炒められていて豚バラ肉と海老と玉ねぎ人参とパプリカがたくさん入る。この炒められたしっとりした御飯がとっても美味しいのとソースとしてかけられたカレーのルーが秀逸。酸味と甘味がしっかり効いていてコクがしっかりある上品なヨーロッパ系のルーである。(ヨーロッパでカレーは食べたことないけど・・・)

「基本的な部分を手を抜かずにちゃんと作れば美味しくなるんですよ」といつもご主人は言われる。材料も3種類のカレー粉をブレンドしパイナップル、よく熟したバナナ、リンゴ、チャツネ、人参、玉ねぎをミキシングしたりネギと生姜と鶏のネックともみじで3時間煮込んだチキンブイヨンを使ったり、話を聞けば聞くほど凄い手間がかかっていることに敬服する。

*グルモンカレーの秘密はこちら

多分いろんなところでオムライス食べるけどこの店が個人的には日本で一番美味しいと思う。。かなり緻密に計算された組み合わせで最後まで食べ飽きない。食べたあとも又食べたいなと思う。駅から少し遠いけど周りにコインパーキングもあるのでお勧めです。

大阪市住之江区中加賀屋3-6-14
06-6685-8606

洋食厨房petitsグルマン洋食 / 和泉中央駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 北加賀屋, カレーライス |

野菜を食べるカレー CAMP

難波の高島屋7階にあるカレー屋さんの「camp なんばダイニングメゾン店」に訪問。東京の代々木に本店を持つカレー屋さんなんだけどフランチャイズ契約で梅田の駅マルシェなどにも出しておられる。

このお店の特徴は作り置きのカレーじゃなくてオーダー毎にフライパンを振って野菜を炒めるところから始まる。炒めた野菜にカレールーやスパイスを入れてフライパンで炒め続ける。

それが20才そこそこの可愛らしいチューリップ帽子を被ったお姉さんが作るので見ているだけでとっても萌える。。

2013-12-08 18.04.47

メニューは

・1日分の野菜カレー 990円
・完全食セット(1日分の野菜カレー+鶏手羽煮込) 1140円
・トマトと生姜のチキンカレー 990円
・茄子と豚肉の旨味噌炒めカレー 890円
・玉葱とジャガイモのチーズカレー 890円
・3種キノコのチキンカレー 990円
・スパイシーBBQチキンカレー(夜限定) 1390円
・鶏手羽煮込 150円
・温泉玉子 100円
・アイスティ、アイスコーヒー カレーとセットで100円
・手作りラッシー、マンゴジュース  カレーとセットで150円

デフォルトの1日分の野菜カレーを所望する。12品目以上の季節の野菜が350g以上使用されているとの事です。この350gが厚労省が推奨する1日の野菜摂取量とされる。

2013-12-08 18.04.44

お店の名前の通り、飯盒とかスコップ型スプーンとか、お水が水筒で置いてるとか、キャンプの雰囲気があちらこちらに醸し出されている。
店の方のユニフォームがとっても素敵である。

2013-12-08 18.13.20

ぐつぐつと煮えたぎる鉄板がほどなくして登場。スプーンはスコップ(シャベル)型でキャンプの雰囲気をしっかり出している。インパクトとシズル感は充分。
カレーはスパイスが効いたサラサラ系。中にはメニュー通りの野菜がタップリ。野菜はトマト・イエロートマト・茄子・かぼちゃ・じゃがいも・玉ねぎ・しめじ・えのき・マイタケ・ししとう・赤パプリカ・黄パプリカ小松菜の14種類。合挽肉も入っている。

シャキシャキした食感が残るジャガイモもとっても美味しい。客は女性ばかり。野菜炒めのカレー味みたいな感じでとっても面白い。。身体にも良さそうでサービスで食後にラッシーを出してくれた。。

又来るねと言いながら店を出る。。


カテゴリー 難波, カレーライス |
20 / 34« 先頭...2021...最後 »