バル

カルネジーオウエスト

阪急梅田駅高架下の阪急三番街の北側の「茶屋町あるこ」という比較的新しい施設にある表記の店を友人と訪問。店内は間接照明のシックで高級感ある内装。かなり大きなオープンキッチンをコの字型に囲んだカウンター席が個人的におすすめ。テーブル席や個室仕様になった席もあり。

場所柄、客層は若い女性グループやカップルが多い。私のような還暦前のおっさんはあまり見かけない。オープンキッチンの中の3名のスタッフさんが仕事を連携しながらすごいスピードで料理を作る姿を見ることができるライブ感もこちらのお店のご馳走。

お通し300円はパンとふわふわのスモークしたホイップバター。パンはおかわり自由。 ワインと最高に相性のいいスモークバターが秀逸。

コース料理もあるけどいつもアラカルトで注文することが多い。前菜は人気商品の幻のハムと言われるクラテッロとプラッターチーズ1650円の盛り合わせ。以前は950円だったけど1年前に1200円になって最近大幅値上げ。注文ごとにハム切り用のスライサーで紙のように薄くカット。上に乗ったオリーブオイルのかかったフレッシュプラッターチーズと合わせていただくととても美味しい。これだけでワイン1本くらい飲めそうな感じ。

和牛のタルタル1980円も大好物。目の前で塊肉を切り出して丁寧に作る。薄くカットされたバタートーストと一緒に供される。口に入れると溶け出す脂の甘みと肉の旨みが病みつきになる。肉以外に塩、胡椒、オリーブオイル、ピクルス、エシャロット、レモン果汁で調味されていて、なんとも言えない複雑で深い味わいとなっている。しかしながらメニューには年寄りや病人は食べないでくださいと表記。。

このタルタルにはいつもこってりしたシャルドネを合わせる。

粒貝のアヒージョ。しっかりとニンニクが効いたエスカルゴバターもほのかに白ワインの香りがする。パンと一緒に食べると際限なく食べ続けれそうな感じ。

口直しの春菊爆弾(ネーミングが面白い)550円はパリパリの食感と爽やかな香りでエグミが全くない。

料理を提供するタイミングも丁寧に聞いてくれるのも嬉しい。肉料理はその日によって提供される肉種が異なる。この日は和牛の「ひうち」と「とうがらし」と呼ばれる部分で好きな量を注文することができる。

和牛は赤身でも脂が多いので私はこちらのお店ではスタッフさんお勧めの定番のアンガスかアルゼンチン産の牧草を食べているグラスフェッドビーフのヒレ2420円/100gを300g所望する。

早めに冷蔵庫から出してカットした後で火口の横で肉を芯まで温める。そのあと客にタイミングを確認してから鉄板で焼きこんでオーブンで仕上げられる。焼き込まれた肉は塊のまま音を立てて熱々の皿で供され、サービス係の女性スタッフさんが大きなナイフで皿の中の肉を切り分けてくれる。焦げたバターニンニク醤油もメイラード反応でとても香ばしい。丁寧に焼き込まれた切断面が綺麗な赤身肉はとても柔らかだけどしっかりした食感でグラスフェッド独特の強い旨みを感じることができる。

残ったにんにくバターソースでガーリックライス880円を勧めていただいたけどお腹いっぱいで断念する。

デザートは濃厚チーズケーキ クラッシュラズベリー。濃厚なチーズと細かく刻んだ甘酸っぱいラズベリーの相性がとてもいい。会計は現金決済不能。予約はネットのみ。。何回来ても勉強になるとてもいいお店です。。

大阪市 北区芝田1-6-2 茶屋町あるこ1F

過去の訪問はこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, バル, レストラン |

羊の家 あべの店

天王寺にある表記の店をランチタイムに訪問。アベノキューズモール北側のヴィアあべの1階に位置する。明治屋さんの正面。界隈では老舗と言われる再開発前からあるお店。夜のチーズフォンデュが有名で女性のグループ客でいつも賑わっている。

この日の目当てはオムライス。すぐ近くのマルヨシもいいんだけどこちらのオムライスも突き抜けた美味しさで昔から大好き。価格も良心的でサラダとスープがついて890円。ちなみに大盛りはプラス200円とのこと。

デミグラス、フォンデュソース、トマトフォンデュの3種のソースから選ぶことができるのも嬉しい。今回はスタッフさんオススメのデミグラスを所望する。

しばらくして着皿。たっぷりのデミグラスソースにふわふわのオムレツが印象的。ビジュアルだけで期待値が上がる。。いわゆる「たいめいけんスタイル」と言われるもの。

定石どおりにオムレツの真ん中をスプーンで割り込み中央から両方に向かってスプーンを入れ込むとレアに火入れされたトロトロ玉子がライスを覆い隠す。動画で残せばよかったと後悔。卵の美しさに感動する。

ドミグラスソースが非常にあっさりしたものでオムライス自体の味の邪魔をしない。。かなりよく考えられた味のバランスに敬服。。久しぶりに大衆食で心を揺さぶられた一品でした。。商品としての完成度は界隈では最高峰と確信する。

阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
あべのキューズタウン内ヴィアあべのウォーク1F


カテゴリー 天王寺/阿倍野, バル, レストラン |

BISTRO ENISHI

以前本町にあったお店が会員制の立ち飲みになって某所に移転。最寄駅は肥後橋で徒歩8分くらいのビルの奥まった場所にある。看板や表札などもなく木の扉を開けて入店。

5坪くらいの店内は予約客で満席。立ち飲みなので15人くらいは収容できる感じ。若いスタッフさん3人で切り盛り。客は20代の方が多かった。。

メニューはローポーションだけど本格的で価格は良心的。季節野菜のマリネビストゥソース480円と但馬鷄の生ハム580円を所望する。

酸味のあるパンがとても美味しい。。

和歌山産の鰤のような魚をタルタル風に仕上げたもの880円。温泉卵といくらも添えられていてかき回していただく趣向。。

オススメのカニクリームコロッケ880円は衣にあおさ海苔をまぶしている。自家製のタルタルソースにつけていただく。この他にも沖縄島豚とフォワグラのパテドカンパーニュや青森産鯖の燻製、乳株のグリル、なにわ黒牛のメンチカツ、豚のほほ肉の赤ワイン煮込みなど美味しそうなメニューがいろいろある。。立って食べるのが苦手なのでこのあたりで店を出る。

お店の住所は非公開とのこと


カテゴリー バル, フレンチ |
1 / 3712...20...最後 »