フレンチ

コーイン

フレンチをいただいて久しぶりに心を掴まれた・・・・

グルメマダムの友人に誘っていただき上本町にある表記の店を訪問。上本町の大通り沿いにあるんだけどかなりわかりにくい隠れ屋のよう。駅から南に徒歩3分くらいなんだけど間違いなく通り過ぎてしまうファザード。

2重の重厚な扉をあけて中に入ると高い天井のシックな内装のこじんまりした空間が現れる。料理は5800円と10000円のコースがあるんだけどこの日は特別に16000円のコースを誂えていただく。それにワインをペアリング5000円していただく。

アミューズは一口のバスク風ハンバーガー。シャンパーニュとともに楽しむ。。

この日料理に合わせていただいたワイン5種。(1種は撮り忘れ・・・)

一口目はズワイカニの身に走りの新ジュンサイをてんこ盛りにしたもの。。美味しくないわけがない取り合わせ・・・上質のジュンサイの歯ざわりと滑りがたまらない逸品

続いてキャビア1缶登場。。。ホットケーキのようなものに大量に乗せてレモンを絞っていただく。。なんとも贅沢なメニューなり・・・・シャンパンが進みまくる・・・

続いての前菜はウサギのパルティーニの上に細かく切ったモンゴウイカを乗せたものにフランス産バスク豚をの種類のキントア豚で作った生ハムをあしらったもの。ウサギのねっとりした食感コク、イカの食感、ハムの塩気がとてもいい相性を見せる。

続いてスッポンのコンソメ登場。一口いただいたら胸がきゅんとなる美味しさ。身以外に卵やえんぺらも入ってとても滋味深くスッキリした味わい。この料理はフレンチでは初めていただいた。。記憶に残り続ける料理なり・・・・

徳島の黒アワビは冷菜と温菜の2種仕立て。ビネガーを使ってさっぱりと仕上げた冷菜と柔らかく蒸しあげて濃厚な肝のソースで仕上げた温菜のコントラストが楽しい。なんとも贅沢な初夏の献立であろうか。

魚料理は高級魚のオコゼのファルシ。オコゼの身を開いてエビやカニや貝柱をミキシングしたものを詰めてまずはプレゼンテーションされ、その後に車海老と濃厚なアメリケーヌソースを添えて供される。オコゼの身もプリプリで皮のゼラチンも秀逸。クラッシックなソースなんだけどワンランク上の味わい。

別皿で野菜が供される。シェフが自分の畑で作ったものばかりでこの日のために収穫したもの。。甘みと野菜の旨味にびっくり。。アスパラは5年目と言っておられた。

肉料理はルクレーゼ鍋で骨つき羊肉を野菜と一緒に蒸し焼きにしたものだけど火入れが完璧でびっくり。これも最初にプレゼンテーションしていただける。肉の繊維がしっかりと感じられて脂の甘さも秀逸なり。

フロマージュはラングレ、ブルードコース、ブリードモーの3種・・・。

デセールは自家製のお菓子を中心に6皿登場。ここまで豊富なものは生まれて初めて。。お腹パンパンなので食せないものは土産に包んでいただく。

食後はシェフ登場で料理の説明と食材談義。このオーナーシェフは「湯浅 好胤」さんで、名前が《こういん》と読むので「レストラン コーイン」らしい。料理に対するこだわりと情熱にビックリ。。このようなオーセンティックなフレンチがこの店でいただけることに感激。

6月再訪予定・・・

大阪市天王寺区上本町7-2-1 日住ビル1F
電話: 06-6775-8688


カテゴリー 谷町九丁目/上本町, フレンチ |

カラーズ

北新地の蜆楽通りの入り口、かに道楽の横にあるカジュアルフレンチ。カウンターで好きなものを注文して気軽にワインと楽しめ、価格もこなれているので良く利用する。この日は採用コンサルの先生をしながら梅田や難波、三ノ宮で「鯛の鯛 」という超繁盛店を経営する友人に経営指南をいただきながらの会食。

店は1階のカウンター席と2階の個室に別れていて入口も別々。新地本通りからの入口は1階カウンター席のみで2階の個室には路地から入るようになっている。お忍びの芸能人も多いと聞き及ぶ。

5000円のコース料理もあるけどこの日はカウンタ−でで好きなものをいただく。

突き出しがわりの淡路産新玉ねぎのエスプーマースープ。優しい舌触りと玉ねぎの甘みがとてもいい。このスープは季節によって変わるのでそれも楽しみ。

ホタテのカルパッチョ900円はとても新鮮。。酸味のあるドレッシングが柔らかい淡路産新玉ねぎとよく合う。

香川県産の超太いホワイトアスパラガスとホタルイカのソテー。ホタルイカを薬味がわりにしてホワイトアスパラをいただく料理。この料理はアルゼンチンのピノ・ノワール1000円を合わせる。

この日の魚料理2500円は北海道産のサーモン(写真はハーフサイズにシェアしていただいたもの)皮目はパリパリに焼き上げて身はしっとり柔らか。酸味のある焦がしバターとバルサミコのソースでいただく。

オーストラリア産仔羊のローストにオリーブオイルを細かくカットしペースト状にして作ったソース。火入れは完璧。仔羊の柔らかさと癖のなさにびっくり。骨の周りの肉も美味しい。

この料理はアルゼンチンのマルベック1000円がドンピシャなり。

締めは全粒粉の手打ちパスタ2100円でウニといくらのクリームソース。(写真は半分にシェアいただいたもの)見た目よりもあっさりしたソースとパスタん絡み具合がとてもいい。

この他にも看板メニューの蟹クリームコロッケや活ローブスターのローストなどもおすすめ。カジュアルなフレンチ割烹って感じでお箸もあるので高齢の客も結構多い。。

帰りに近くの立ち呑み酎ハイ屋の蜆楽檸檬に立ち寄ってデザートがわりのデコポンの生搾りをいただいてビタミンチャージ。ごちそうさまでした。。。

大阪市北区曽根崎新地1−6−7
06-6345-5669

過去のカラーズはこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, フレンチ, レストラン |

ONOHOUE (オノウエ)

表記のフレンチに友人と一緒に訪問。西天満の「ユニッソン・デ・クール」の阪本シェフが一昨年の年末に移転オープンしたレストラン。リヨンの豪邸のレストランのような(行った事はないけど・・・)感じの内装。谷町4丁目のから徒歩8分くらい。

お店は住宅街のマンションの地下に位置して階段を下ると吹き抜けの下に庭が作られているのにびっくり。枯山水をフレンチにした感じ。。

天井の高いシンプルな内装は音楽もなく静寂に包まれながら人の家にお呼ばれしたような空気感に包まれる。

グラスシャンパンとともにいただくアヴァンアミューズは挽肉の入ったパイと小さなチーズのコロッケ。

続いてアミューズグールが数品続く。赤カブと白かぶを酸味のあるソースで和えたもの。

ユニッソンの頃によくいただいた記憶のあるセロリのジュレ。ビジュアルも美しくて爽やかなセロリの香りと生クリームの相性がとてもいい。

赤穂産の牡蠣を潰してスープにしたもの。機械を一切使用せず手で濾して作ると言っていた。ユニッソンの時と比べるとビジュアルも内容もシンプルにかつクラッシックな料理になっているのにびっくり。

軽く火を通して酢で洗った牡蠣。驚くほど美味しかった・・・・手をかけてより自然な味に仕上げられている。

お酒はソムリエさんに料理にあったものをペアリングしていただく。

鯖のサンド。鯖の脂のりもさながらバルサミコを使用した甘めのソースがとてもいい。

フォアグラのキュイとクイニーアマンの取り合わせ。添えられた蜂蜜がいい仕事をする。旨味が凝縮されたフォワグラの甘みをク砂糖漬けのイニーアマンが引き出すのにびっくり。フルーツやジャムを添えるのはよく見るのだが・・・

フォワグラには甘い白ワインを合わせていただく。

ホクホクに仕上げられたユリ根のグラタン。ソースも秀逸。普通の料理が普通より美味しいことに感激。

デ・クールのシェフである阪本充治シェフが送る、よりクラシカルなフランス料理。温かみが根底に流れながら、繊細でいて上品、そして何よりフランス料理ではとても大事なソースが、とても美味しかったのが印象的でした

ブルゴーニュの古城をイメージしたという言葉のとおり、店内の内装も素敵ですし可愛らしい中庭を見ながらしっとり落ち着いた雰囲気を味わえます。
ユニッソンデクールの坂本シェフの進展ということで、楽しみにして伺いました。

ポワゾンは脂がしっかりと乗ったのどぐろ。。フィッシュナイフが不要なぐらい身がやわやわのふわふわ。バチが当たりそうなくらいの美味しさなり・・・ソースもあっさりしていてノドグロの旨みを邪魔しない。

アントレは仔牛のソテー。フライパン一つで完璧な火入れをされていると聞き及ぶ。柔らかいだけでなくとても地味深い主菜である。この料理にはブルゴーニュのピノ・ノワールを合わせる。

金柑のシャーベットで口直しをして

大好物のタルトタタンが登場。これぞタルトタタンといったルックスと美味しさ。紅玉がそろそろ終了するので食べたねと会話をしていたら出て来たのにびっくり。

最後はキャラメルのマカロンとクイニーアマン。何をいただいても上質で大阪を代表するフレンチの一つと確信。。価格も内容と合ったもので良心的だと個人的には思う。

大阪市中央区糸屋町1-1-6 B1
電話:06-6910-7123


カテゴリー 谷町四丁目, フレンチ |
2 / 37« 先頭...23...20...最後 »