フレンチ

ラ・ツール

スイスホテル南海10Fのフレンチレストラン。料理長 中村 一成の料理は、熱いものは熱く、冷たいものは冷たく、旬のものをできるだけ使用するというこだわりが感じられる。和の食材と旬の魚を合わせた料理が特に好評とのこと。今日は個室でグルメランチをいただく。 最初に「オマール海老とホタテ貝のジュレ仕立てトマト、オクラ、ブロッコリーを添えて」これはいきなり最初から旨すぎ・・・オマールとホタテの火の通し具合、ジュレのトロトロ感。コンソメの味加減などいきなりカウンターパンチを食らった感じ。 次にキノコのポタージュとジャガイモの冷製スープのどちらかを選ぶのだが迷わずジャガイモを所望 絹のようになめらかで透き通った繊細でまろやかなお味・・おとぎの国でいただくマジカルスープって感じ(意味不明)前からここのビシソワーズは評判が高かったのは聞いていました。 メインヂッシュは舌平目か牛ロースを選べたがこれも迷わず牛ロースにした。100グラムくらいの大きさだが表面はひたすらカリッと焼かれ中は肉汁たっぷり。これもいっきに完食。付け合せの仏野菜の煮込みに、チーズのガレットもほどよいアクセント。昼だったのでアルコールを抜いたがワインがほしかった。 コーヒーとデザートのあとは巨大な綿菓子がでてきて¥4,620 おいしかったがかなりいい値段ね・・・・ rasu-ru.JPG

スイスホテル南海大阪フレンチ / 難波駅(南海)大阪難波駅なんば駅(大阪市営)


カテゴリー 難波, フレンチ, レストラン |

ビストロ エピス

今マイブームのレストラン。 シェフ一人とサービス一人ですばらしい内容の料理を手ごろな値段で提供。 仕上がりの料理は品もよくリストランテ以上のおいしいものばかり。 今日は生ビールで喉を潤し(このビールも舶来製でぜひおすすめ。日本の生ビールみたいに水っぽくない)続いて白ワインシャルドネ種のとろりこってり系を所望 アミューズが秋刀魚とジャガイモのパテ。しっかりと〆ているので秋刀魚の生臭さはまったくない ジャガイモとの相性は悪くない事を発見。ビールがいっきに進む。 前菜はいろいろ食べたいので盛り合わせにしてもらう。それぞれをいちいちオーダーごとに作るので時間がかかるのはしょうがない(写真はすべてハーフポーション) 豚とフォアグラとリードボーのミンチかつは究極のミンチかつという感じそれぞれの素材の味がトロトロと混じりあい付け合せのレンズマメとの相性もばっちり。その横のきのことエスカルゴのパイ包み焼は滋味深い味わいでエスカルゴが好物の私はとてもうれしい。シマアジのカルパッチョはポン酢のようなさっぱりとしたソースでいただく。すべて下ごしらえに時間がかかっているのが一目瞭然。このようなものがいただけるビストロは本当に希少である。店主の料理に対するこだわりが感じられる。その横はマツタケを穴子でまいてフリットにしたもの。まずいわけがない・・・・。これだけで白ワインの半分を飲んでしまう。このオードブルの力の入りようでかなり胸がいっぱいになる。 次の山栗のポタージュはなめらかでこくがあって栗の香りがさわやかに漂う メインは活オマール海老のローストを半分だけいただく。香ばしくて甘いプリプリの身をアメリケーヌソースと赤ワインを煮詰めたソースでいただけば思わず昇天しそうな感じ。頭の味噌もいい感じ。 素材感が必要なこんな料理も一手間加える事でよりおいしくいただけることに感心。 続いての肉料理はフォアグラをさして葱をまいた鴨胸肉のグリエトリフソース。これはもう何も言いようがないくらいうまい。素材同士の取り合わせや鴨肉の質、火の入れ具合など完璧・・・ これ以上の鴨料理はないかと思うくらいうまい。肉汁たっぷりでロゼに焼かれた肉の真ん中はとろけるようなフォアグラが入りその周りを少し焦がして香ばしくなった焼葱がしゃきしゃき感と共に味わいにアクセントをつけてトリフソースも強烈なくらい香りがよくトリフを食べているような錯覚に陥る。 野菜の付け合せに唐辛子をあわせたのもすばらしいセンスを感じる。 これは絶対おすすめです。 鳩料理を食べたかったのだがお腹満腹でまたこんど 大阪市住吉区帝塚山東1-3-36姫松駅3分 月曜定休。6675ー0211(小さな店なので電話してからレッツゴー) http://blog.neko.jp/epice/ episu2.JPG


カテゴリー 帝塚山, 姫松, フレンチ |

ビストロ エピス

今日は早い時間から一人でディナータイム。 帝塚山のお気に入りのビストロエピスのカウンターにて。オーナーシェフの奥野君はスイスホテル のフレンチで修行したバリバリのうで。 一人で作っているので出てくるのに時間がかかるので早い時間か遅い時間がお勧め。 ソムリエの免許も持っているのでワインの品揃えとコストパフォーマンスは最高。 献立は3500円と5000円のコースかアラカルトで。 私はいつもアラカルトを前菜にこの店一押しの肉のパテ(豚と鳥の混合) これでビールを2杯いただく。そして活鱧のトマトのジュレに梅肉を混ぜたものをかけたもの 鱧はバーナーであぶっているので皮も香ばしく食感もナイス。これはグラスワインでいただく 岩牡蠣のシャンパンゼリー添えと鶉のフォアグラ詰め・・・・ 前菜いろいろ注文したらワンプレートにかわいらしく盛ってくれた。 気の利くことすばらしい。鶉はこれはかなりいけた。ぱっと見は手羽餃子のようだが ソテーの具合も完璧。パリッと焼けてて中はジューシー。骨までしゃぶってしまった・・・ その次がとうもろこしの冷製スープ。やさしい胃までストンと落ちるような軟らかな味。 前にいただいたジャガイモのスープもよかったがどうしてこんなにきめ細かくなるのか不思議・・ 喉を通ったあとにとうもろこしの香りがほのかに漂う。暑さがどこかに飛んでいくような味 メインは鮎のワイルドライス添えシェリービネガのソース これもキターって感じ。鮎は頭と尻尾と骨を完全に取り除き、淡白さを補うために 中に野菜の詰め物をして網脂で巻きこんでソテーしています。 野菜のつけ合わせもいろいろで上に香草の揚げたものをたっぷり シェリービネガーの酸味と鮎の淡白さと香草の香ばしさがベストマッチ ワイルドライスをソースの代わりにしているのは今の流行。 しかしながら皿の上のものが渾然と一体となったスペシャリテでした。個人的にはもう少し酸味と 塩が効いていてもいいかと思った。 ビストロと言えどかなり手を掛けた料理ばかり味付けは全体的に塩加減がきつめだが そのおかげでエッジのきいた味となりワインとの相性ばっちりです。 お店は限りなく小さいので予約しましょう。 お店のHPです。 http://blog.neko.jp/epice/ episu.JPG


カテゴリー 帝塚山, 姫松, フレンチ |
35 / 35« 先頭...20...3435