中崎町

きみや

中崎町にあるヘレ肉専門の焼肉店を訪問する。完全予約制の会員制スタイルで知人に予約の声がけをしてもらう。お店は住宅街の路地裏にひっそり佇む。
エントランスを進むと扉の前で電子キーの暗証番号を押す仕組み。前裁を通って店内に入って2回の個室に案内頂く。

コースメニューは料理はフィレコース18000円とシャトーブリアンコース23000円の2種類のコースをご用意しておられる。

最初にキムチの盛り合わせと野菜のサラダ。その2つは凡庸。続いての厚切りタンはタン元とタン先の2種盛り。

レアに焼き上げてトリュフ塩やワサビをつけて頂く。それぞれの食感と味の異なりを楽しむことができる。


鹿児島産の和牛のヘレ部分の真ん中だけを200gカットしたものを一人2枚頂くことになっている。ヘレだけど良いサシが入っていて見るからに美味しそうなのがわかる。

肉はお店のご主人が焼いてくれる。極厚のシャトーブリアンなので肉の山を焼いているような感じ。甘い脂の香りもとてもいい。

途中で専用フォークを使って割くように豪快に切り分けます。肉がどんどん裂けて行く様は圧巻。見ていて気持ちがいい。中が冷たいぐらいが食べごろでまずは何もつけずに頂くと赤身の旨味が口内に広がる。柔らかさにびっくりでいい脂感が嬉しい。赤ワインと一緒にいただくととてもいい味わい。

鬼おろしの入ったポン酢やワサビ、柚子胡椒やおろしニンニクなどいろいろな薬味で変化を楽しんで食べると飽きることがない。合わせたワインはケンゾーエステートのrindo。繊細で深みがあるかなり美味しい口当たり。

ヘレ肉のスジで炊き込んだスープをいただいてデセールは舌触りが滑らかなプリンでフィニッシュ。。帰りにお店の会員証をいただく。最近肉を400g食べたのは久しぶりで張ちきれそうになって店を出る・・・・

大阪市北区本庄西1-13-6


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 中崎町, 焼肉 |

リベルタス

中崎町1番出口から徒歩1分のフレンチレストラン。界隈では超人気店。以前はコース料理のみだったけど5月から洋食風のアラカルト中心に業態を変更された。お店はカウンタ−8席のみ。
アラカルトメニューは
・冷前菜
・温前菜
・魚料理
・肉料理
・麺/ご飯
・デザート
となっていて2人でシェアする事も可能。

冷前菜から炙り秋刀魚と焼き茄子のコンポジション1100円を所望。茄子をミキシングして作るソースのバランスが素晴しい。鮮度抜群の秋刀魚と焼き茄子、ソース、ビールのマリアージュに感心する。盛りつけは完全にフレンチのそれ。

温前菜はこんがりと焼き込まれた大きなタラの白子のガレット1650円。仕上げに窒素冷凍を掛けたバジルソースをかけて頂く。次元を超えた美味しさに卒倒しそうになる。

なんとこのムルソーが7000円という破格の値付け。

竹内シェフお薦め温前菜のフォワグラのタジンスタイル2000円。押し麦と大根が敷かれていてソースは紹興酒と胡麻油が隠し味。ワインがすすみまくりの一品。

本日の鮮魚はアコウが入荷という事でお願いする。モロヘイヤを使ったソースで淡白だけど脂のあるアコウにドンピシャ。アコウの火入れは限りなくレア。その他にも赤海老の濃厚チリソースや北海道仙鳳趾のカキフライなど食指の動くものばかり。

肉料理は特製ハンバーグ1800円を所望。塊肉を叩いて作るとの事。ミディアムに焼かれたそれはステーキの食感。悶絶する美味しさに感動を覚える。この他にも肉料理は十勝牛のカツレツ、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みなど

食事は4年間継ぎ足しのカレーとオリジナルオムライスを奨めていただいたがお腹いっぱいで次回の楽しみにする。シェフのワンオペなので提供に少し時間がかかるけどコスパ含めて充分な価値あり。

大阪府大阪市北区中崎1丁目4-21
06-6364-9900


カテゴリー 中崎町, フレンチ |

きわ心

友人と表記の寿司店を訪問。中崎町の北野病院の北側の路地に位置する。最近いろいろな方から奨めていただくホットなお店。カウンタ−8席のみで開店して5年目との事。コースは7000円とのこと。

お酒を頂く前にシジミ汁がでる。こんな小さな心遣いが嬉しい・・・先付けは旬の桜えびと新玉ねぎのスライスしたもの。寿司屋で玉ねぎスライスは初めてかも知れないが悪くはない。湯がき立てのホタルイカの酢味噌和え、生の鳥貝を炙ったものと続く。角切りにした自家製の生姜酢漬けもアテにぴったり。カウンタ−のなかには古い氷冷蔵庫が鎮座。

この日は最初から最後まで日本酒を楽しむ。寿司に合う純米酒等の食中酒が中心でどれを頂いても食事の邪魔をしないものばかり。この日は5合頂いた・・・

大きな原木椎茸を焼いたものと太刀魚の炙り。旬の春日鯛を軽くボイルしたものに酢みそをかけたものはふわふわの身質に感動。お造りは淡路産の軽く締めた鯖、蛸、皮を炙った金目鯛の3種盛り。この時期の鯖はさっぱりして辛口の純米酒との相性は最高。下に敷かれている海葡萄もつまみにいい。

寿司の扉は富山産の白海老から。旬の細魚はかなり大きなサイズでコリコリ。三つ編みにされたコハダも日本酒が進みまくる。淡路の黒雲丹を匙で食べてその余韻の残っている間に剣先烏賊を食べるという趣向。煮鮑、炙られたタイラギ貝と続き最後はカステラのような玉子とピリ辛の野菜巻でフィニッシュ。

会計はお酒込みで1万円弱のハイコスパ。女将さんが優しくて少し話しただけでいい人だと判る。。帰りは外までお見送り。。ごちそうさまでした。

大阪市北区中崎1-1-22
06-6311-9556
営業時間: 18:00~23:00


カテゴリー 中崎町, 寿司 |
1 / 1112...最後 »