中崎町

きみや

中崎町にある表記の完全会員制の肉料理店を久しぶりに訪問。住宅街の裏路地に位置しておりエントランスで会員証をかざすと開門。綺麗な庭を通って入店すると着物の女性がお出迎え。2階の個室に通していただき、まずはビールで乾杯する。

お料理は2種類のコースのみで
フィレコース18000円
シャトーブリアンコース23000円

今回はフィレ肉とシャトーブリアンを合わせた税別20000円のコースを所望する。

最初に厚切りタン登場。タン元とタン先の2種盛り。山葵やトリュフ塩やピンクソルトでいただく。

それぞれの食感と味の異なりを楽しむ。脂分もたっぷりで食べ応え満点。

圧巻のボリュームのフィレ肉登場。200gの塊を一人2枚ずつ食する。

途中で専用フォークを使って肉の繊維の方向に割くように豪快に切り分ける。肉がどんどん裂けて行く様は圧巻。中が冷たいぐらいが食べ頃らしい。

まずは何もつけずに頂くと、深い赤身の旨味が口内に広がる。脂分が控えめなの食べやすく、体にも優しい。2口目は鬼おろしを入れたポン酢でいただき、3口目は生ニンニクを入れた特製ダレでいただく。

合わせたワインはブルゴーニュ。高級ワインやシャンパンも揃っているのも嬉しい。肉があっさりしているのでどんどん食べ進む。

気がつけば400g完食・・・

デセールは舌触りが滑らかなプリンでフィニッシュ。今回もお腹いっぱいで張ちきれそうになって店を出る・・・・

大阪市北区本庄西1-13-6


カテゴリー 中崎町, 焼肉, 和食 |

かわ原

中津にオープンした途端ミシュランの1つ星を獲得した表記の店を訪問。界隈で建築設計を生業とする先生のFacebookを見てこれは間違いない料理と確信。早速予約をして伺うとその先生と偶然遭遇。。
場所は地下鉄 中津駅から新御堂筋に向かって7分ほど歩いたところの路地裏にある。


お店は築96年の古民家を改装したかなり風情のある佇まい。
店内は1階にカウンター8席、2階に8名までの個室がある。
内観もお洒落で、京都の割烹店を訪れたような気分になります。
物腰の柔らかなご主人はミシュラン2ツ星の「とよなか桜会」で修行をされたとのこと。
ご主人のほか女将さん、お弟子さんの3人で切り盛り。

この日は最初から日本酒を所望する。お酒も料理も全てご主人にお任せ。。座付きは岸和田産の朝堀の筍、鯛の子、車海老、独活、青こごみを鯛の白子のソースでいただく趣向。最初から美しい料理に感嘆。

カウンター前で行われる調理は見ているだけで楽しい。お造りで供される金目鯛や鰹を藁で焼く作業もとてもダイナミック。

2皿目は鯛の寿司を桜の葉で巻いたもの。一寸豆の蜜煮を添えて。

煮物椀は旬の高級魚の虎魚(オコゼ)。脂が乗った淡白な身の美味しさは例えようがない、添えられているのは蓬の葉を裏ごして作った蓬豆腐、徳島の椎茸。出汁の塩梅は完璧。。

鰹が苦手な私のお造りは細かく目を入れて甘みを出したハリイカに青森の大間で獲れる雲丹、唐墨をあしらったもの。突き抜けた美味しさにびっくり。。

皮目を藁焼きにした金目鯛は燻製をかけたポン酢に行者ニンニクを合わせてパンチを加えたもの。金目鯛の脂の強さに負けない濃厚なポン酢。。。口直しの伊予柑は綿が着いたままいただく。

この日いただいたお酒は4種類。好みをいえばご主人が順番に出していただける。日本酒以外にもシャンパーニュやワインなどいろいろと揃えられている。

八寸は和歌山産のうすいえんどうにいくらを乗せたもの。きびなごの釜炊き、浅利とうるいの白和え、桜エビを射込んだ出し巻き卵、ホタルイカの真薯に菜種を乗せたもの、カマンベールチーズの木の芽和え。。どれも正確な調理で手の込んだものばかり。おかげでお酒が進みまくる。。

巨大なアスパラガスと伝助アナゴを炭焼きにしたもの。アスパラガスは齧るとジュースが溢れ出すくらい新鮮。穴子はカリカリのふわふわの焼き上がりで黄身酢でいただく。

温物として蒸し鮑とタラの芽を揚げたものにハマグリを刻んだ餡を掛けたもの。。この好物だらけの取り合わせだけでノックアウトなり。。

食事は岸和田の朝堀筍と花山椒の炊き込みご飯。

筍はひたすら柔らかでエグミはないけど風味は満点。。今年一番の筍でした・・・

デセールは酒粕と干しイチジクのアイスとポンカン、白豆を裏ごして作った桜羊羹。。。どれもが手を抜かず完璧な仕事ぶりに敬服
ボリュームもあって大満足。。
帰りもご夫婦で見送って頂く。ご馳走様でした・・・・

大阪市北区豊崎2-4-21
TEL 06-6131-4668
営業時間 11時半〜14時 17時半〜21時


カテゴリー 梅田/JR大阪, 中崎町, 中津, 和食 |

きみや

中崎町にあるヘレ肉専門の焼肉店を訪問する。完全予約制の会員制スタイルで知人に予約の声がけをしてもらう。お店は住宅街の路地裏にひっそり佇む。
エントランスを進むと扉の前で電子キーの暗証番号を押す仕組み。前裁を通って店内に入って2回の個室に案内頂く。

コースメニューは料理はフィレコース18000円とシャトーブリアンコース23000円の2種類のコースをご用意しておられる。

最初にキムチの盛り合わせと野菜のサラダ。その2つは凡庸。続いての厚切りタンはタン元とタン先の2種盛り。

レアに焼き上げてトリュフ塩やワサビをつけて頂く。それぞれの食感と味の異なりを楽しむことができる。


鹿児島産の和牛のヘレ部分の真ん中だけを200gカットしたものを一人2枚頂くことになっている。ヘレだけど良いサシが入っていて見るからに美味しそうなのがわかる。

肉はお店のご主人が焼いてくれる。極厚のシャトーブリアンなので肉の山を焼いているような感じ。甘い脂の香りもとてもいい。

途中で専用フォークを使って割くように豪快に切り分けます。肉がどんどん裂けて行く様は圧巻。見ていて気持ちがいい。中が冷たいぐらいが食べごろでまずは何もつけずに頂くと赤身の旨味が口内に広がる。柔らかさにびっくりでいい脂感が嬉しい。赤ワインと一緒にいただくととてもいい味わい。

鬼おろしの入ったポン酢やワサビ、柚子胡椒やおろしニンニクなどいろいろな薬味で変化を楽しんで食べると飽きることがない。合わせたワインはケンゾーエステートのrindo。繊細で深みがあるかなり美味しい口当たり。

ヘレ肉のスジで炊き込んだスープをいただいてデセールは舌触りが滑らかなプリンでフィニッシュ。。帰りにお店の会員証をいただく。最近肉を400g食べたのは久しぶりで張ちきれそうになって店を出る・・・・

大阪市北区本庄西1-13-6


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 中崎町, 焼肉 |
1 / 1212...最後 »