堺筋本町

挽肉倶楽部 堺筋本町店

ジムの帰りに堺筋本町の南側に最近できた表記のハンバーグ専門店を訪問。現在ブームなのか「がんこフード」などの大手外食企業をはじめ、同じような業態の店をあちこちでよく見かける。

こちらのお店は創業56年の羽曳野にある焼肉店が手掛ける店とのこと。白が基調のキレイ系の店内はカウンターのみで女性スタッフが中心に切り盛り。店内にある券売機で食券を購入。メニューは3種類のみでデフォルトのハンバーグ定食とそれに玉子かキムチが追加されたセットがある。メインのハンバーグはほとんどつなぎを使わない和牛のみを使用とのこと。

メニューの特性上、客の女性率がかなり高い。各席には銘々の小さなコンロとスキレットが備えられていてレアで提供されたハンバーグを自分で加熱していただくという趣向。ソースの追加など自分好みの組み合わせができるのもいいと思う。注文後はスタッフさんがコンロに火をつけてハンバーグが到着するのをひたすら待つ。

レア状態で提供されるハンバーグは小さいけど肉厚でぽってりした形状でかなり柔らかい。目の前にそれぞれの小さなダクトがあることにも感心する。スキレットにハンバーグを乗せるとジュージューと焼けるかなと思ったらそうではなかった。かなり繊細な火加減が必要。

粗挽きのハンバーグはゴリゴリとした食感が特徴。3種類のソースと生卵を絡めながらいただく。フライドオニオンやガーリック、わさび漬けなどもあって味変するのも楽しい。ご飯と味噌汁はお代わり自由で、最後はご飯をお代わりしてスキレットで焼いて焼肉のタレで焼飯にして食べることを勧められるけど面倒臭いのでそのままいただく。

ハンバーグのレアは食品衛生上、好ましくないので弱火でしっかり焼きこむんだけど、慣れてないので最後は硬くなってボロボロ状態となる。少し悲しかった・・・

大阪市中央区北久宝寺町2-6-13
⁡06-6484-8178
⁡11:00〜15:00/17:00〜21:00


カテゴリー 堺筋本町, 洋食 |

スタンド ソバサンカク ハナレ

ジムの帰りに南船場にある1月にオープンした表記の店を訪問。最近、裏なんばや十三、梅田などで一気展開されているお店。

昼は十割そばとつけ汁蕎麦をベースに豚丼や鰻丼のセット、かぶと煮定食などもある。夜は蕎麦と酒肴と日本酒を楽しむ最近はやりのネオ居酒屋とのこと。ステンレスのカウンターテーブルやコンクリート打ちっ放しの壁などがとてもモダンな空気感を醸し出す。たくさんの一升瓶の国産ウイスキーもディスプレイされていて若い人が集まりやすそうなかっこいい感じ。

この日は看板メニューの十割のもり蕎麦780円を所望する。多分、十割蕎麦では破格の値付けと思われる。

運んで来ていただいた若い女性スタッフさんが最初に4種類の塩(プレーン・柚子・山椒・カレー)で食べてください・・・とのこと。麺線はしっかりしていてしっかりとコシがあるタイプ。。でも私が今まで食べてきた十割蕎麦とは全く異なっていた・・・

大阪市中央区南船場1-6-15


カテゴリー 堺筋本町, 松屋町 |

和レー屋 南船場ゴヤクラ

南船場にある表記のカレー店を訪問。大阪のスパイスカレー店では走りのお店で個性的なご主人の作るこだわりのありすぎるカレーは結構好みが分かれると言われる。昼だけの営業で定休日は水・木曜日。居酒屋の居抜き店舗と思われる店内はL字型のカウンター席と小上がりのテーブル席がある。店主のワンオペで注文を聞いてくれるまで最低5分くらい放置される。また注文してから20分くらい待たなければならない。

メニューもいろいろあってそれぞれのメニューが常に進化し、訪問するたびに新しい発見がある。看板商品が店名にもあるように「和レー」でスパイシーなんだけど八丁味噌の入った和風の味わい。そのほかにも「激辛チキンキーマ」「牛豚合挽きブラウン」「シーフードほうれん草和レー(タイプ改造版)」などがある。

この日はちょうどクリスマスだったのでクリスマススペシャル1200円を所望する。

時間をかけて登場したクリスマススペシャルはとても豪華な合いがけ仕様となっている。グリーンのルーとプリプリの海老が特徴のシーフードほうれん草と合挽きブラウン、トマトチキン2681、カレー玉子なる柔らかい固形のもの、角切りのフライドポテトが一皿に盛り付けられる。どれも個性的な味わいで最後に全てを混ぜていただくと更に美味しくいただけた。テーブル脇には人参・大根ときゅうり・玉ねぎのピクルスがあって口直しにちょうどいい。ごちそうさまでした。。

大阪市中央区南船場1丁目7-8


カテゴリー 堺筋本町, カレーライス |
1 / 712...最後 »