堺筋本町

yacipoti やちぽち

東横堀川の川沿いのイケてる立ち飲みの並ぶホットな通りに新しくできたお店。人気スタンドのwapiciさんの二号店。土曜日夕方の訪問だけど超満席。客層はハイセンスな大人な感じの方ばかり。

店内は木板貼りの天井が吹き抜けになっていて開放感抜群。間接照明やスポットがバランスよく店内を照らしていい雰囲気を醸し出す。

こちらのお店の売りがアサヒの生ビール(マルエフ)のスイングカラン600円を定番で扱っている。普通注ぎ、ヤチポチ注ぎという名のといわれる泡をきめ細かいものに入れ替えたもの、味わいを追加した2度注ぎ、2度注ぎの泡入れ替え、泡のみのビールなど工夫を凝らしたものとなっている。

蕪と生ハムのマリネ480円は生ハムの塩気が蕪とよく合う。

白いんげんとウインナーのトマト煮を使ったキッシュ590円

青のポテサラ390円はブルーチーズが合わさったもの。なかなか洒落た逸品。スタッフも温かくてお店全体がオーラに包まれたような空気感。帰りも店主夫婦でお見送り。再訪間違いなし・・

大阪市中央区平野町1−1−1

 


カテゴリー 堺筋本町 |

wapiti わぴち

堺筋本町駅(大阪)から東に徒歩5分ほど。産業創造館の北側の東横堀川沿いのビル1階にある燻製メインの立ち飲み屋を訪問。

一般的な立ち飲みと違いこちらは内装も店員さんも客もかなり高感度な感じでオシャレ。女性の1人客も多く凄い人気。土曜の夜のオフィス街なのに超満席。

店名の「wapiti(ワピチ)」は、北米に生息する「ワピチ」という鹿の名前から取って命名とのこと。

音楽もレコードとアンプを使用。客が自分のレコードをキープして自分でかけているのも面白い。

手羽先の唐揚げ。。。軽く燻してあるので風味がとてもいい。

半熟たまごに燻したマヨネーズをかけたもの。ハイボールにぴったり。

王道の肉のたたき。何をいただいても気が利いていてとても美味しい。空間とお店スタッフのサービスも心地よく、いい時間を過ごすことができました。

大阪市中央区安土町1-4
06-4963-3332
営業時間:月~金 15:00~24:00 土 15:00~22:00


カテゴリー 堺筋本町, 居酒屋 |

このは 6月

本町にある表記の和食店を訪問。裏通りにひっそりと佇む。清潔な店内はカウンター席と個室になったテーブルが一つ。穏やかそうなご主人と女性のお弟子さん2名、嫋やかでかなり美しい和装の女将さんで切り盛り。

食事のコースは天ぷらを主体にした12000円のもののみ。

座付は胡瓜のすり流し。。中には生雲丹と新蓴菜がはいる。柚子の香りもとても良い・・・胡瓜の青臭さが涼味を感じさせる。

煮物椀は皮目を炙った鱧とおぼろ昆布。。大阪の料理店らしい逸品。。出汁は昆布が効いたしっかりとした味わい。。

お造りはアコウ、炙った車海老、剣先烏賊の3種盛り。。夏の高級魚のアコウが脂があってかなり美味しい。

炊き合わせは柔らかく炊き込んだ蛸、小芋、破竹、オクラの取り合わせ。しっかりとした味わい。。

柔らかく火入れされた煮あわびは肝のソースで供される。これは手放しで美味しい。。麦の焼酎ととても良い相性。

続いて天ぷら・・・最初にカリッと揚げられて蓼塩をかけた稚鮎から。。続いてレアに低温調理された和牛をさっと揚げたものはおろしポン酢で供される。続いて水茄子をさっと揚げて醤油を塗ったものは驚くほどの美味しさ。車海老、極太のアスパラガス、よく肥えた鱚、とうもろこし、万願寺とうがらしと続く。揚げ油はごま油なんだけどほとんど胡麻の香りを感じさせない上質なもの。

締めは鰻丼かかき揚げの煮麺を選ぶことができる。私は煮麺を所望

自家製のわらび餅と薄茶でフィニッシュ。帰りはご夫婦でお見送りいただく。食事も美味しいけサービスも秀逸で、いつも温かい気持ちで帰ることができる稀有なお店。過去のこのははこちら

大阪市中央区南本町2-6-22
電話:06-6243-0228
日曜定休


カテゴリー 堺筋本町, 本町, 天ぷら, 和食 |
1 / 512...最後 »