中津

かわ原

中津にオープンした途端ミシュランの1つ星を獲得した表記の店を訪問。界隈で建築設計を生業とする先生のFacebookを見てこれは間違いない料理と確信。早速予約をして伺うとその先生と偶然遭遇。。
場所は地下鉄 中津駅から新御堂筋に向かって7分ほど歩いたところの路地裏にある。


お店は築96年の古民家を改装したかなり風情のある佇まい。
店内は1階にカウンター8席、2階に8名までの個室がある。
内観もお洒落で、京都の割烹店を訪れたような気分になります。
物腰の柔らかなご主人はミシュラン2ツ星の「とよなか桜会」で修行をされたとのこと。
ご主人のほか女将さん、お弟子さんの3人で切り盛り。

この日は最初から日本酒を所望する。お酒も料理も全てご主人にお任せ。。座付きは岸和田産の朝堀の筍、鯛の子、車海老、独活、青こごみを鯛の白子のソースでいただく趣向。最初から美しい料理に感嘆。

カウンター前で行われる調理は見ているだけで楽しい。お造りで供される金目鯛や鰹を藁で焼く作業もとてもダイナミック。

2皿目は鯛の寿司を桜の葉で巻いたもの。一寸豆の蜜煮を添えて。

煮物椀は旬の高級魚の虎魚(オコゼ)。脂が乗った淡白な身の美味しさは例えようがない、添えられているのは蓬の葉を裏ごして作った蓬豆腐、徳島の椎茸。出汁の塩梅は完璧。。

鰹が苦手な私のお造りは細かく目を入れて甘みを出したハリイカに青森の大間で獲れる雲丹、唐墨をあしらったもの。突き抜けた美味しさにびっくり。。

皮目を藁焼きにした金目鯛は燻製をかけたポン酢に行者ニンニクを合わせてパンチを加えたもの。金目鯛の脂の強さに負けない濃厚なポン酢。。。口直しの伊予柑は綿が着いたままいただく。

この日いただいたお酒は4種類。好みをいえばご主人が順番に出していただける。日本酒以外にもシャンパーニュやワインなどいろいろと揃えられている。

八寸は和歌山産のうすいえんどうにいくらを乗せたもの。きびなごの釜炊き、浅利とうるいの白和え、桜エビを射込んだ出し巻き卵、ホタルイカの真薯に菜種を乗せたもの、カマンベールチーズの木の芽和え。。どれも正確な調理で手の込んだものばかり。おかげでお酒が進みまくる。。

巨大なアスパラガスと伝助アナゴを炭焼きにしたもの。アスパラガスは齧るとジュースが溢れ出すくらい新鮮。穴子はカリカリのふわふわの焼き上がりで黄身酢でいただく。

温物として蒸し鮑とタラの芽を揚げたものにハマグリを刻んだ餡を掛けたもの。。この好物だらけの取り合わせだけでノックアウトなり。。

食事は岸和田の朝堀筍と花山椒の炊き込みご飯。

筍はひたすら柔らかでエグミはないけど風味は満点。。今年一番の筍でした・・・

デセールは酒粕と干しイチジクのアイスとポンカン、白豆を裏ごして作った桜羊羹。。。どれもが手を抜かず完璧な仕事ぶりに敬服
ボリュームもあって大満足。。
帰りもご夫婦で見送って頂く。ご馳走様でした・・・・

大阪市北区豊崎2-4-21
TEL 06-6131-4668
営業時間 11時半〜14時 17時半〜21時


カテゴリー 梅田/JR大阪, 中崎町, 中津, 和食 |

ダイヤモンドビリヤニ

以前行った中津のカレー屋を再訪しようと思ったけどその隣にあるのビリアニ専門店が気になってそちらを訪問。あとで聞けば同じカレー店のご主人が経営しているとの事。ビリアニはインド・パキスタン・タイ等のアジア地域のスパイス炊き込みご飯のこと。

メニューは大釜で一気に炊いた「チキンビリヤニ」と、注文が通ってから釜で1人前ずつ炊き上げる「ダイヤモンド・ビリヤニ」。「ダイヤモンド・ビリヤニ」は「Bone Chicken(骨付きチキン)1380円」「Fish&Clam(白身魚とアサリ)1380円」「Mutton(マトン)1580円」の3種類。

ダイヤモンド・ビリヤニは少し時間が掛かるとのこと。急ぎの時は「チキン・ビリヤニ」がオススメ。

店のフライヤーには「インドの宝石ごはん・・・ビリヤニは一つの釜で具材の旨味とスパイスの香り、お米が混然一体となり、宝石のようにキラキラと輝く・・・ビリヤニは、スパイス文化が作り上げた米料理の最高傑作と言えます。ビリヤニの聖地ハイデラバード(インド)にて研究を重ねた製法とレシピでお届けします。」

この日は季節限定メニューあり。大好きな『海老ビリヤニ1780円』。
メニューに載っていた説明には、「旨味たっぷりの有頭海老を丸ごとそのまんま、たっぷりと贅沢に使いました。濃厚な海老味噌の旨味とスパイスの香りを釜に閉じ込め、バターで仕上がております。極上の味わいを是非、体験してください。」これを見て迷わず注文する。

しばらくしてカレー&副菜が盛られたターリー皿と、熱々の炊き立てビリヤニの入った一人用の釜が運ばれる。大きなアルゼンチン産の頭付きの海老が3匹入る。ご飯はバスマティライス・・・海老味噌とバターの香りが強烈にする。

ターリー皿は左からカレー(グレービー)、ライタ(ヨーグルト)、フライドオニオン、海老の甘辛煮、ナッツ、ゆで卵、カチュンバル(野菜のスパイス和え)、ミントソース。

ビリヤニ自体は味は淡白。それにカレーやヨーグルト、いろいろな副菜を混ぜ込んで頂く。スパイシーでマイルドでコクがあって酸味や辛味もあって野菜のパリパリした食感やナッツの風味も楽しくて飽きのこない味。ミントソースをつけると辛味が1割増になる。フライドオニオンもいい仕事をする。途中で釜についたパリパリのお焦げを取りにきてくれてご飯に混ぜ込んで頂くと食感が変ってとてもいい。初めて頂いたけど美味しくていい体験が出来ました。。。。

大阪市北区中津3-17-2
06-6225-7181
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:30
定休日:月曜日


カテゴリー 中津, インド料理 |

梵平(ボンベイ)

中津にある標記の店でひとり昼食。阪急中津駅から徒歩3分。前にコインパーキングあり。周辺は有名カレー店が混在する激戦区。

センスのいい個性的な暖簾をくぐると居酒屋のようなコの字カウンタ−。和風な店内は夜はウメキチという居酒屋で昼のみの間借り営業とのこと。ご主人1人で営業。

メニューはスパイシーキーマカレーと梵平ミックスカレーの2種類。この日はレモンポークカレーとの合い掛けを所望。仕上げにカウンタ−の上のピクルスやスパイス等を投入。提供時間3分なり。

ご飯少ない目とリクエストしたがポリュームたっぷりの大皿登場。左にスパイシーキーマ、右にレモンポークカレーが掛けられたものでビジュアルも美しい。ご飯は日本米で手前はアチャール。スパイスの香りもしっかりと感じて思ったよりもあっさりとした味わい。キャベツのピクルスも秀逸。途中までそれぞれの味わいを楽しんだ後、残りはすべてをかき混ぜてカオス状態にして頂く。

色々な味や食感が混ざりあって何とも言えない、何物にも代え難い美味しさ・・・・スパイスカレーの醍醐味は味の異なるカレーをピクルスやアチャールと混ぜ込んで頂く事と再認識。再訪間違いなしのお気に入り店。

大阪市北区中津3-17-3
06-6372-2014
営業時間: 11:00~14:00(L.O)


カテゴリー 中津, カレーライス |
1 / 512...最後 »