中華料理

酒中花 空心 6月

西区新町にある表記の中華料理店を訪問。四ツ橋駅、西大橋駅から徒歩5分。外観はエスニックな独特の雰囲気。こじんまりした店内はテーブル席とカウンター。今回はカウンターに案内いただく、西天満の有名店の月泉や福島の六徳恒河沙のシェフの出身店でこの日もカウンターの中にシェフを含め4人の若い料理人が阿吽の呼吸で喋らずにキビキビと動き回っていたのが印象的。

メニューは季節ごとのアラカルトに加え、コース6000円、8000円、12000円の3種がメイン。今回は8,000円のコースに好物のエビチリ1800円をエクストラで追加する。

つきだしは筍の海老はさみ揚げ。その上にはピータン、若芽、木の芽、塩漬けの桜の花が添えられる。桜塩をつけていただく。。

前菜盛り合わせ3種。こちらのお店の代表的なものが3種供される。まずは名物の「四川よだれ鶏」他店とは異なり柔らかく火入れされた骨付きのモモ肉を使用。お店ごとに味わいの異なるソースは特製のラー油の辛みと軽い痺れと香ばしさがバランス良く合わさって、砕いたカシューナッツやパクチーもいいアクセントとなる。

水だこのさわやかな花山椒和えは旬のフレッシュな花山椒を濃い目の刺激のあるソースにして水だこ、胡瓜、みょうが、紅蓼などを合えた見た目もきれいなグリーンの一品。

合鴨の叉焼も上に乗せられたピータンのコクと合わさってとても美味しい。。。

続いての魚料理は骨切りした旬のアイナメと硬めに火入れしたホワイトアスパラガスとお焦げを合わせて熱々の上湯スープをかけたもの。

この日は最初にシャンペンをいただき続いてイタリアのゲヴュルツトラミネール・ルナーレをいただく。ソムリエの方のおすすめ通りに強烈な複雑さと強さのある香りと果実味はこちらの刺激的な中華料理にぴったり。

続いて名物のチャーシューの入ったメロンパンに揚げ卵黄とトリュフを乗せたもの。昔良く似たものを香港でいただいたことがある。
メロンパンの中の角煮と卵黄とココナッツパウダーそれぞれの組み合わせがお見事。

魚料理はあっさりしたものをリクエストする。登場したのはピリ辛の紋甲烏賊の塩炒め。金針菜と北海道の生雲丹が添えられる。

有頭エビのチリソースは卵の入った濃厚な味わい。エビは高温の油で揚げているので
皮ごとバリバリといただくことができる。

続いて名物料理の空心流上州和牛イチボの青椒肉絲。レアに火入れされた肉が特徴で最初にこの形でプレゼンされる。

一度下げて全体を混ぜて取り分けされる。肉は低温調理で火入れしているのでとても柔らかい。ソースの酸味とシャキシャキの野菜の調和も心地いい。

最後は四川麻婆豆腐。しっかりと山椒が効いてて、辛みも強いパンチのある味わい。辛いだけではなく葉ニンニクのせいか濃縮された旨みがあってなんども食べたくなる味わい。

最後は自家製胡麻団子とあっさり味の杏仁豆腐。。。今回もとても美味しくいただきました。帰りはシェフがお見送り。値段も手頃でとても良心的な内容で大満足でした。。

大阪市西区新町1-21-2
06-6532-7729


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 中華料理 |

ダパイダン105(da pai dang 105)

天満駅徒歩5分の路地に最近できた台湾屋台風の点心の店。いわゆる中華バルの業態。台湾語か中国語が飛び交うので多分現地の人が作っているのだと思われる。ザーサイは無料だけどかなり塩辛い

最初にドラゴンハイボールという紹興酒をソーダで割ったものをいただく。コップは紙だけどあまり気にならない。

ピータン豆腐350円は思いの外ピータンが上質だったことが嬉しい。お酒が進みまくる一品。

看板料理の自家製焼き小籠包は4つで480円。最初にてっぺんに穴を開けて激熱スープを吸う。続いてパリパリに焼き込まれた皮にかぶりつく。餡もジューシーでとても美味しい。食べだすと止まらない美味しさ。続いて開けた穴に中国醤油や黒酢を垂らして一気にいただく。上顎を火傷しそうに鳴りながらお酒を流し込む。スパイシーな辛みの豆豉辣油と一緒にいただいてもいい。

干貝焼売430円は思ったより普通だけど豚肉がとてもジューシー。貝柱の味はあまりわからなかった・・・

海老蒸し餃子350も普通。。でも価格を考えると十分な内容。。。焼き小籠包はテイクアウトもできるけど出来立てがおすすめです。

大阪市北区天神橋5-1-1
06-4792-7141
11:00~23:00

*大阪でも緊急事態宣言発令と不要不急の外出を控えるため明日からぺろぺろ日記少しだけお休みさせていただきます。本来でしたら営業されているお店の応援のために継続したかったのですがかなわなくて・・・すいません

 


カテゴリー 扇町/天満, 中華料理 |

六徳恒河沙

友人と表記の気鋭の中国料理店を訪問。お店はJR東西線新福島駅周辺の路地と古い街並が残ったエリアの一角。最近沢山の飲食店ができてかなり賑わっている地域。
JR福島駅から徒歩5分。新福島駅からは徒歩2分の好立地。以前の店は福島5丁目にあったんだけど11月に2丁目に移転。

店の外観は黒壁に瓦屋根の古民家に真っ赤な鉄格子、軒先には、店名「六徳 恒河沙」の赤色ネオン管が掛かり2階部分の外壁には、レンゲで麻婆豆腐すくうイラスト共に「WE ARE MAPO MAFIA」と描かれている。

ランチタイムの麻婆豆腐がとても有名でいつも行列ができる。店内は手前に厨房を囲む逆L字カウンター12席と奥にテーブル席が14席、2階は個室対応も可能なテーブル席がある。

シェフは西区新町の有名店酒中花空心のご出身で2015年に独立。夜のメニューはコース仕立てもあるけど7名での会食なので好きなものをアラカルトで注文する。

オススメのよだれ鶏1000円は低温調理された柔らかな胸肉の火入れ加減がとてもいい。唐辛子や花椒、ラー油が入ったタレも脳髄にビシバシ来る辛さ。

ピータン700円も好きなタイプの味わい。アヒル玉子を化学反応させた独特なにおいとクセが紹興酒とよく合う。パクチーとの相性もとてもいい。

ジャガイモと香菜の塩炒め1000円はジャガイモをかつらむきにしているのだろうか?麺状に綺麗に包丁されたジャガイモがとてもも美しい。シャキシャキしたジャガイモの食感もとてもいい。

小籠包600円はこちらのお店でも人気メニューとのこと。皮をかじるとスープが溢れ出す。

大きな焼き餃子600円は餡がいっぱいで食べ応えあり。

クリスピーローストポークのマスタードソースはカリカリに仕上げた皮部分とレアに火入れされた肉部分の対比が面白い。豚肉も上質で脂部分の甘さが秀逸。

レバニラ炒め1100円は街中華のものよりもワンランク上の仕上がり。カリカリに揚げたレバーは癖や臭み全くなし。

黄ニラと雲丹の玉子炒め1500円はふわふわの玉子と雲丹の甘さが際立つ逸品。お酒との相性もいい。

スペアリブ黒胡椒炒めのパイナップルソースは特別料理。絶妙な火入れが元々の豚肉の美味しさを際立たせる。角切りのパイナップルと豚肉との相性もとてもいい。

骨つきラムとフルーツトマトのウイグル仕立て2200円。。クミンシードをたっぷり使った羊料理。。

餡掛けチャーハンはジャポニカ米以外のものを使用。パラパラの食感が絶妙。小さなところまでのこだわりに感心する。

最後はあさりの麻拉そば。。あさりの旨味と唐辛子の辛味がなんとも言えない。食べている途中で頭の毛穴が開いて汗びっしょりになる。次回の予約をしてお店を出る。お腹いっぱいご馳走様でした。。

大阪市福島区福島2-9-10
TEL 06-6454-3696
定休日 日曜日


カテゴリー 福島, 中華料理 |
1 / 8012...20...最後 »