中華料理

清粥小菜 明  10月

江坂にある人気中華料理店を訪問。小さな小窓に表札が出ているだけのファザーどはとてもセンスがいい。店内は落ち着いたシンプルなカウンター6席とテーブル席が8席のみ。

座付にいきなりチャーハン登場。その上に中華スープと鰹で味をつけたイクラをてんこ盛りにかける。イクラの粒が弾けて口の中でスープ上になる。それをチャーハンと一緒に味わうというよく考えられた趣向。。。

色々な天然キノコからスープをとって卵豆腐を揚げたものと一緒にいただく。。キノコのエキスが強烈なんだけどとっても清らかで上品な味わい。

生の秋刀魚を中華風に和えたカルパッチョ。。シャンパーニュとの相性も抜群。。

この日のメイン料理の上海蟹をまずはプレゼンテーション。そのあと蒸したての蟹を披露。中国人は湯がきたての上海蟹の香りも楽しむと言っていた。大きなサイズの蒸したてのオスの上海蟹には大量の味噌と白子がたっぷり入る。その上にキャビアをてんこ盛りにしてその塩気で蟹をいただくという趣向。

この日はアルバ産のトリュフが入荷とのこと。。特別コースのみの計らい。。

北海道仙鳳趾の大粒の牡蠣をさっと火入れして中華ソースを掛けたものの上に大量のトリュフを削りまくる。。辺りにはトリュフの香りが充満。。この香りだけでトリップしそうになる。

続いて登場の雌の上海蟹は紹興酒漬けされたもの。甘い卵と味噌部分をまずは一口いただいてから殻に白ご飯を入れて残った卵と味噌を絡めていただく。

そのあと胸肉と足の部分をしがみながらいただく。漬け具合もドンピシャでうっとりしてしまう美味しさ。

続いてこちらのお店のスペシャリティーのフカヒレの上湯煮込み。ピータンの塩気と腐乳を最後にかけて仕上げる。驚くほどのコクの深さと強い旨味に悶絶する。超巨大なフカヒレの繊維にソースが絡まってえもいえぬ味わい。。残ったソースにご飯を入れてリゾットにしていただく。。またもやその上にこれでもかというくらいの大量の白トリュフがかけられる。

最後の料理は四川風のしゃぶしゃぶ。A5ランクのブランド牛の赤身肉を使用。大きな中国産の唐辛子と白菜がたっぷり入ったスープに肉をさっとくぐらせていただく。思いの外辛くなくてあっさりといただけるのにびっくり。

締めはしゃぶしゃぶのスープにたまご麺を入れていただく。それでもスープが残ったので雑炊にして完食する。

デザートは巨峰とマンゴープリン。お腹いっぱいはちきれそうなくらいいただきました。。

会計は私の中華料理史上最高額を記録。。しかしながらいい1日でした・・・

過去の明はこちら

吹田市江坂町1-21-39
06-4861-7228


カテゴリー 中華料理, 江坂 |

清粥小菜 明 (ちんぞうしょうさいめい)

江坂にある表記の人気中華料理店を訪問。駅から徒歩7分のかなりわかりにくい場所に位置する。ファザードは小さな小窓に表札が出ているだけで店内はカウンター6席とテーブル席がいくつかある。落ち着いたシンプルな内装は店名の如く、清らかな空気感が漂う。

この日は特別コースをお願いして作っていただく。

座付は自家製のザーサイから。特製の食べるラー油をかけていただくと食欲がぐんぐんと湧き出て来る。

色出しをしたゴーヤとブランドミニトマト、長崎産の赤雲丹を合わせたものに摩り下ろして調味した冬瓜をかけたもの。フィンガーライムを絞っていただく趣向。

ルイロデのブリュット。ワインセラーには高級ワインが並びまくるけど値付けはかなり良心的。

加賀野菜の五郎島金時を揚げたものを金柑のソースと雪塩で供される。仕事がとにかく丁寧でかつ手早いので見とれてしまう。

活鱧と山口産の松茸の春巻きは鱧のふわふわの食感と松茸の鮮烈な香りにノックダウン状態。和食のような繊細な仕事なり。

北海道仙鳳趾の真牡蠣は湯掻いて油通しをすると破裂しそうに膨らむ。スクランブルエッグを敷いて葱ソースで供される。料理としては完璧な逸品。シャンパーニュと最高の相性を見せる。

こちらのお店のスペシャリティーの大根とフカヒレ姿の土鍋煮込み。こちらのシェフは香港出身の福臨門一級点心師の方に師事して来られたとのことなので最近の大阪にある人気中華料理店のどこにも似たところがない。

シェアしていただいたらこんな感じ。金華ハムや丸鷄を使用した上湯スープに自家製ラー油、腐乳などを加えピータンで塩分を足してコクをつけた感じ。フカヒレは箸を入れるとほろほろと崩れ、ピリ辛のソースに絡まってなんとも言えないバランスの良い美味しさを醸し出す。今まで食したフカヒレとは次元の異なる味付けと味わいである。ちなみにアラカルトでは1人前1万らしい。。

続いては脱皮したての殻の柔らかい伊勢海老のプレゼンテーション。ソフトシェルクラブはよくみるけど伊勢海老のは初めて。

尻尾部分の身は湯がいて油通しをしてレタス包みにして供される。殻の一部はパリパリの唐揚げで・・・

頭部分は唐揚げにして甘酢餡にて供される。海老好きなのでマンモス嬉しい。

先ほどのフカヒレのソースを使った中華リゾット。山盛りのトリュフの香りに卒倒しそう。

宮崎産のヘレ肉を火入れしたものにオクラおろしと中華しょうゆをベースにしたソースをかけたもの。肉が柔らかいのとさっぱりしたソースが秀逸。

名物のお粥には活の鮑のスライスがたっぷり入る。こんな贅沢なお粥は初めて。。。

デザートはすいか・・・

杏ゼリーで口直し。支払いはびっくりする値段でした。。。

ワンランク上の突き抜けた料理はどこよりも美味しいし、お店の雰囲気もサービスのスタッフも文句なし。ご主人は物腰も柔らかく、丁寧に料理のことを色々と説明いただきとてもいい時間を過ごすことができました。
  

吹田市江坂町1-21-39 土泰第1ビル

電話:06-4861-7228


カテゴリー 中華料理, 江坂 |

にしぶち飯店

洋行帰りの友人に誘われて京都にある予約が取れない中華料理店に新幹線を使って(自由席だけど)訪問する。席数も少ないことと訪問した客が必ず次回の予約をして帰るために今回の訪問も予約から1年かかったとのこと。

場所は、八坂神社から東大路を南に下り、有名な割烹の浜作さんの前の車の通れない細い路地を少し入ったところに位置する。

装飾のないファザードは京都ならではで店名の書かれた小さな行灯が目印。。以前はバーとして利用されていた京都らしい造りの一軒家。促されて玄関から靴を脱いで店に上がる。ガラスで囲まれた中庭を見ながら廊下を渡ってカウンターに案内いただく。席はカウンター10席のみ。

座付は鰹(私は苦手なのでノドグロに変更)、車海老、大間の雲丹の刺身をカリフラワーと中華醤油でいただく趣向。これだけでノックダウンしてしまう驚きの取り合わせ。

続いては宮津の身厚のトリ貝と千葉産の金目鯛を軽く火入れしたもの。九条ねぎと生姜を合わせたソースと生姜醤油でいただく。。

ご主人は京都市内のホテルの中華料理店や有名な日本料理の「祇園さゝき」などで修行をした後に独立。現在30代半ば。伝統的な中華料理に日本料理の食材や調理技術を組み込んでいるのが特徴。

続いてはシグニチャーメニューの北京ダック風の骨つきクリスピーチキンと蜂蜜をかけて焼いたチャーシューの盛り合わせ。それぞれカウンターで切り分けて盛り付ける。

チャーシューは火入れに蜂蜜を使っているのでブルーチーズのコクと塩分がベストマッチ。油をかけて焼き上げるチキンは皮がパリパリ、ジューシーでふわふわでめちゃうま。

この日のお酒は最初にルイロデのシャンパーニュ。続いてモンラッシェと大判振る舞い。

カウンターの前には大きなフカヒレがディスプレイ。内緒で持って帰るには大きすぎた。

とろみのある上湯スープで供されるスペシャリテのフカヒレ。スープにも干し貝柱がしっかりと入る。焼きこまれてカリッとした食感で存在感抜群の気仙沼のフカヒレがスープの中で解けて何とも言えない味わい。

大振りののどぐろの飯蒸し。。トロトロのふわふわで濃いめのブルゴーニュワインとの相性もバッチリ

京都牛のカイノミと満願寺の豆鼓と豆板醤炒めは肉の味もいいけど濃いめの味付けがとてもよくて、つい紹興酒を所望してしまう。

食事はグツグツしながら提供される麻婆豆腐で辣油がしっかりと入ったもの。ひき肉の良さが際立っている。かなり辛くてピカピカの白ごはんと一緒にいただく。お酒もたくさんいただいたのでこの時点でお腹いっぱい。

デセールは卵のタルトとバニラアイス。お腹いっぱい大満足、ご馳走様でした〜
次の予約は来年の夏とのこと・・・・凄いね・・・

京都市東山区八坂鳥居前下ル上舟天街444-2
075-561-1650
18:00~21:00 不定休
要予約

長居公園を7.5キロ走ったら体重が一気に77.6まで減少しました。目標まであと7.6キロ減

 


カテゴリー 中華料理, 京都市 |
1 / 7312...20...最後 »