中華料理

熱香森 ラシャンセン

昨年の夏にできてずっと気になっていた靱公園横の中華料理店を訪問。公園の横にふさわしい店内にあるメインツリーの樹齢300年のオリーブをはじめとする様々な植物がボタニカルな雰囲気を醸し出しとてもいい非日常のでフォトジェニックな空間となっている。

大きな吹き抜けになった店内はカウンター4席とメインテーブル8席とその他テーブル席が20席くらい。2階は個室やバー仕様になっているとのこと。

これらの木を眺めながらワインやシャンパンと中華料理のマリアージュを楽しめるとのこと。今回は特別コースの16000円の料理を所望する。

ブーブクリコさんと一緒にいただいた小皿に入った前菜は奥から中華くらげ、さざえ中華醤油煮込み、鱧の麻拉中華ダレ掛け、棒棒鶏、鮎の黒酢ソース煮、自家製中華点心、ミニトマトの蜜煮、イベリコ豚バラ肉レモン煮など。。どれも手のかかったものばかり。お酒が進みまくる。

続いてはシンプルな活車海老の中国酒蒸し。パクチー添え、自家製のラー油をかけて手でいただく。味噌の甘さがなんとも言えない。

繊維のしっかりした気仙沼産フカヒレの上湯スープ煮込み 広東白菜添え
フカヒレは煮込んだ後、焼き上げて仕上げている。

活伊勢海老の中華マヨネーズのソースはソースの美味しさは秀逸。

岩手産干し鮑の煮込みも独特の甘いクリーミーなソースが素晴らしく美味しい。ご飯にかけて食べたいくらい。。干し鮑独特の味の深みは何物にも変えがたい。。

高知産ハタとツバメの巣の蒸し物。。酒蒸し状態で仕上げられているんだけどハタの脂分が甘くて丁寧にした処理されたツバメの巣といい相性を見せる。

一口サイズの広東焼きそば。。

胡麻団子には粒あずき、胡麻豆腐、ケーキの盛り合わせ。。

最後は薔薇のお茶でフィニッシュ。落ち着いたいい空間で上質な中華料理をいただきました。記念日等にもぴったりです。

大阪市西区京町堀1-8-11
06-6940-6694
営業時間:11:30~15:00 18:00~24:00
定休日:水曜

 

 


カテゴリー 肥後橋, 中華料理 |

火鍋 成都

帝国ホテルの並び、源八橋交差点にある表記の火鍋専門店を訪問。店内は麻辣の匂いが立ち込める。メニューは3800円・4800円・5800円の3つのコースで今回は5800円のものを所望する。

最初に2色のスープ登場。目が痛くなりそうなくらいの数種類の唐辛子や20種類以上の香辛料真っ赤なスープとクコの実の浮いたそのまま飲める高麗人参や干しエビ等を使用した濃厚で白濁した白湯スープで食材によって食べ分ける。

辛さを楽しむ赤いスープは辛すぎるが故につけダレにするとき白湯9に麻辣1を加えて食べるのが良いとのこと。

この日の具材は豚のレバー、胃袋、蜂の巣からスタート。赤いスープに入れて辛味と食感を楽しむ。胃袋がスープとの相性がいいのにびっくり。続いて牛肉、豚バラ肉、鶏肉、ラム肉のタンパク質大会。氷豆腐は溶ければ木綿豆腐に変身する。海鮮は天使の海老、帆立貝。鯛、甲イカなど。これらは白いスープに入れて楽しむ。最初にあわび茸やたもぎ茸など8種類くらいのキノコを入れるとスープななんとも言えない味わいに変化する。ロブスターテイルも白いスープに入れていただく。

最後は食材の味が染み出たスープに中華麺を投入して辛いスープも少しだけ入れながら締めを楽しむという趣向。

火鍋の店は大阪でもあちこち行くけどこの店のクセになる容赦ない辛さと旨味の深さは突き抜けたものがある。暑い夏に辛さを楽しみに行くいい大人のお店です。

過去の成都はこちら

大阪市北区天満橋1-8-68
06-6881-6698
年中無休 17:30〜


カテゴリー 桜ノ宮, 中華料理, |

馬鹿坊(ばかぼん)

地下鉄各線天神橋筋六丁目駅10号出入口から徒歩4分、地下鉄谷町線中崎町駅1号出入口から徒歩3分、都島通り沿いにある表記の四川料理店を訪問。

ランチタイムに提供される泥担々麺なるものが有名。1階はカウンター8席のみ2階はテーブル席で今回は8人で2階の席を予約して一人5000円のコースを作っていただく。

前菜は6種まずは牛スネ肉を使ったもので中にはもやしの湯がいたものが射込まれる。続いて春雨とエビのサラダ。じゃが芋を千切りにしてさっと炒めたもの。ピータンと豆腐のサラダ、干し豆腐のサラダ。よだれ鶏はタレが激辛、下に敷かれたキュウリがからさを中和。これだけでもかなり本格的・・・

ここから温菜の始まり・・・手羽先を揚げたものを辛味ソースで和えたものと鴨ロースの四川風。。どちらも辛旨でお酒が進みまくる。続いては牛肉の柔らか煮込みでかなり濃いしっかりした味付け。天使の海老を使ったエビチリは卵入り。。レタスの牛肉炒めはさっぱり。。

マストメニューの四川麻婆豆腐はかなりの痺れ。。。あとから強烈な辛さが追いかけてくる。久しぶりにメガトンパンチ級の麻婆豆腐をいただいた。。続いて激辛のよだれ揚げ豚。。。

ラストはシグニチャーメニューの泥担々麺で締め。出てきただけで辛そうな香気を纏っている。こちらの泥担々麺は太麺のストレート麺で店内の製麺機で作られているよう。。小麦の香りがしっかりする多加水の麺で、しっとりとしたコシのあるモチモチシコシコのツルツルの麺。タレは豚骨ベースのドロドロのタレで絡みと痺れのバランスもとてもいい。辛味噌の旨味も混ざってとても複雑で深い味わい。。食べ終わったらご飯を入れて底に残ったタレを混ぜ込んでいただくのがオススメとのこと。お腹いっぱいで汗まみれになりました。。。辛いものが好きな人には絶対オススメです。。

大阪市北区浮田1-4-10
営業時間:11:30〜14:30 夜17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜日


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 中華料理 |
1 / 7612...20...最後 »