中華料理

中華酒場 すなおや飯店 (【旧店名】小背簍(ショウベイロウ))

東淀川を中心に魚料理業態を10店舗以上展開している「すなおや」グループの新業態店を立命館大学の学生2人と一緒に訪問する。以前はきのこ鍋が有名な「小背簍」という名前の中華料理店だったんだけど経営が変わり昨年から「すなおや飯店」という名前に変わり、刺身を中心とした居酒屋と中華料理を融合させた新業態となる。場所は西中島東中駅徒歩1分。

ビールで乾杯して「浜松餃子480円」を所望。浜松で餃子を食べた事はないけど味はイマイチ。お店が儲かるメニューですね〜とは学生の弁。

店のあちこちに日本酒や焼酎の瓶が並べられていてメニューを見ると日本酒約60種類、焼酎約100種類、果実酒約50種類の品揃えとの事。これらが何を飲んでも1200円(60分)で飲み放題との事。客層は近辺の男性会社員グループが中心。テレビのある個室等もあっていろいろな利用方法がありそうな感じ。

この日は中華料理目的で行ったので刺身や魚料理は注文せず。隣の客が注文していたこちらのお店のシグニチャーメニューの7点刺身盛り(980円/一人前)は氷の皿&柱にお刺身が盛られいてビジュアルも美しい。好物のよだれ鶏880円も四川風のハイレベルな仕上がりでで鶏肉はとてもジューシーに仕上げられている。

本格的風な北京ダックは皮だけではなく身もついているので食べごたえ満点。アラカルトメニューは刺身や寿司を中心とした海鮮系のもの(昼か海鮮丼が主力メニューとの事)と麻婆豆腐やエビチリ、フカヒレの姿煮などの定番の中華料理に分かれる。海鮮と中華を両方楽しめるコース料理も低価格で提供されているのでグループで利用するときにはとても便利。

この日のメインの鹿児島産黒豚のきのこ鍋1980円。季節柄キノコは多くの種類はなかったけどエキスの染み出た和風出汁で頂く黒豚はかなり美味しかった。柚子が入った酢をかけて頂くと味わいが大きく変わりさらに食がすすむ。

銘々に電気式の鍋が配置出来るようになっているのは始めて見た。中国から輸入されたものであると推察するがかなりよく出来ている。平日のみ3800円ぽっきりの魚料理も中華料理も入った飲み放題コースもあると言っていた。スタッフの対応もとても良くて大人数で楽しむにはぴったりのお店・・・

大阪市淀川区西中島3-13-8
050-3491-7650
11:00~14:00
17:00~23:00


カテゴリー 新大阪/西中島南方, 中華料理, 和食, 居酒屋 |

チャイニーズキッチン上海

ずっと前に「Mのランチ」で見た大正区にある表記の中華料理店を訪問する。大正通りのマクドナルドの横にある路面店なんだけど間口の狭さからは想像出来ない2階建ての広い店舗。ランチタイムは近くの会社員やファミリーで満席。

お店の裏に駐車場もありとても便利。お店は1階と2階にテーブル席。廉価なランチメニューがたくさんあって皆さんラーメンや焼き飯、餃子などを組み合わせて頼んでおられた。私はMのランチで紹介されていた「下地さんのマーボー炒飯sサイズ530円」を所望。

界隈で流行の麻辣豆腐とは異なるタイプの、挽き肉がたっぷり入った旨味の強い山椒の痺れはほとんど感じないマイルドなもの。マー油のニンニクの風味がとてもいい。パラパラに炒められたあっさりした炒飯と甘辛いマーボ豆腐の餡が混ざりあってとてもいい味わい。価格も手頃で財布にも優しいいいランチタイムとなりました。

*どうして下地さんなのかはよくわからない・・

大阪市大正区千島1丁目18-12
TEL 06-6555-0039


カテゴリー 大正, 中華料理 |

中国香膳 マイコト

チンチン電車の東粉浜駅前に以前「玄米ご飯と総菜」をメインにした同名のお店が出来たが半年で閉店になり、業態を中華料理に変えて満を持してのリバイバルオープン。たまたまお店の前を車で通ったのでオープン当日に訪問する。周りは住宅街なんだけど飲食店営業は厳しい立地。カウンタ−3席とテーブル席20席で若手の職人さんが2人とホールスタッフ4人で切り回し。メニューは高級ホテルライクなものが中心で夜のメニューにはフカヒレの姿煮がグラム単位で注文出来るようになっている。お店はカジュアルな造りなんだけどメニューと価格は高級路線を突き進む感じ。

ランチメニューはサラダ・点心2種・玄米粥・デザートからなる玄米粥ランチ1500円と前菜3種盛り、フカヒレスープ、点心2種、メイン料理、玄米粥、デザートからなるフカヒレランチ2500円と一番廉価な本日のランチ(この日はエビチリソース)1000円の3種類。一番お手頃のものを所望する。

チリソースは酒醸(チューニャン)を隠し味にしていて上品な甘さ。甘辛くてコクのあるいい味加減。スープに入った蟹身も上質。

自家製の杏仁豆腐もとても美味しい。夜はスタンダードな広東料理とシーズナルメニューも取り揃えられている。お店の経営者は健康的な食事に対するこだわりがかなりあるようで「手軽でヘルシーなレストラン」のコンセプトを前面に出されてるようである。世間の健康レストランにありがちな「少ない」「高い」「辛気くさい」をいかに払拭出来るかがポイントかなと思った。レストランでの食事を通しての「健康」「エネルギー資源」「持続可能性」等の消費者に対する啓蒙はアメリカではすでにたくさんのチェーンが推進しているが日本では未だ成功事例はない。今後どう展開するかとても楽しみなお店。。。

次回は夜に訪問いたします。

大阪市住吉区東粉浜3−16−1
6676ー3666
水曜休み


カテゴリー 粉浜, 中華料理 |
1 / 6612...20...最後 »