中華料理

双龍居 7月

ラン友10人とマラソン忘年会(マラソンは5月くらいまでレースがあるので今のこの時期がオフとなります)で表記の店を訪問。

2015-06-27 18.30.59

豆腐の皮の酢の物と菜の花のお浸し(冷凍なんで味はイマイチ)、砂ずりの冷製、蒸し鶏、ツブ貝。特にどおってことがない前菜5種盛り。

Image

牛肉のレタス包みは肉が柔らかで普通においしい。ボリュームたっぷりの小海老の唐揚げはビールにぴったり。烏賊のXO醤炒めは広東風の定番料理。大きな海老がたくさん入ったチリソース煮1200円はこの店では珍しく辛さ控えめ。Image

特製2種の焼き餃子は定番の豚肉ベースのジャンボ餃子と海老ニラ玉餃子。大きな餃子の上からラー油たっぷりのピリ辛の餃子ダレがかかる。どちらの餃子もiPhone6くらいの大きさ普通の餃子の3倍くらい。豚肉餃子は皮がモチモチで餡はとってもジューシー。海老ニラ玉餃子の中にはたっぷりのニラとプリプリの海老が入る。そのあとの小籠包はイマイチだった。空芯菜の炒め1300円は先日バンコクで頂いたものの方が美味しかった。多分食材の鮮度の差であろう。

定番の玉子やき(300円)個人的には腐乳を塗ったものが好きなんだけどこの日はデフォルト状態で頂く。ボリューム感もあってビールのつまみにぴったり。羊肉のクミン炒め1100円も個人的には大好きなものでビールにぴったり。気がつけば私が個人的に好きなものばかりを勝手に注文している状態。。

2015-06-27 19.57.50

〆は名物料理の「牛肉の四川風煮込み」1100円。

ドロドロの地獄の沼を連想させる真っ赤っかスープの中はキャベツと牛肉。辛いだけじゃなくてキャベツの甘味とナッツのコクやいろんな旨味が混在する。全体のボリュームも凄いものがある。

2015-06-27 20.02.57

最後に残った餡に玉子麺をからめて食べる。。最後に残ったスープに玉子麺をからめて食べる。ご飯を投入するパターンもある。
お腹いっぱいとなりこの勢いでみんなして天満でワイン。

大阪市北区浪花町1-24
06-6377-8808
定休日/年中無休


カテゴリー 扇町/天満, 中華料理 |

鑫福(シンフク) 6月

10日ほど前に訪問してからなんかもう一度食べたくなり東京から来阪した友人と2人で表記の店を訪問。中国の東北出身の人達が口をそろえて「一番おいしい店」というのがこの店と言われる。。

2015-06-01 21.08.08

この日も客の日本人は私たちだけでカタコトの北京語を操ってビールと串焼きを注文する。
いつものように最初に出てきたのは炙ったピーナッツと青菜のキムチ。これがなんともいえぬ卓越した美味しさを感じる。。

料理はいわゆる延辺料理(えんぺん)で中国にありながら朝鮮族が多数住んでいる中国吉林省の「延辺」と呼ばれるところのもの。料理も韓国料理と中華料理を合わせたような感じ。周辺に住む韓国人も多数利用。店の中は異国空間。

2015-06-01 20.11.59

最初に羊串150円を5本くらいと鶏足を所望する。どちらも甘辛いタレに漬けられてクミンシードがかけられていて癖もなくとても食べやすい。どの料理も唐辛子がたくさん使われていて甘辛酸っぱい感じ。

鶏足100円も広東料理だとモミジ部分だけ甘辛く炊いたものをよく見るがこちらのものは巨大で食べ応えもたっぷり。豚足のようにゼラチンがたっぷりでビールと相性ばっちり。骨をしゃぶると旨味がしっかり味わえる。

2015-06-01 20.21.15

セミの串100円は香ばしくてかっぱえびせんのような感じ。噛み締めると中からセミのエキスが出てくるがこれがとても滋味深い。見た目のグロさとは全く異なるニューカルチャーを体現出来る味。

2015-06-01 20.59.21

まんじゅう串100円はいわゆる揚げパン。甘くて口直しにちょうどいい。このあと再び羊串をたくさん食べまくる。

2015-06-01 21.21.36

〆はいつものように水餃子。モチモチの皮がとても美味しい。店員さんは愛想は良くないが日本語も少しは通じる。この他にもいろいろ食べて飲んで一人2500円。物騒な場所だから注意は必要。

大阪市中央区島之内2-9-11
TEL:06-6213-1828
11:00〜翌5:00

鑫福中華料理 / 日本橋駅近鉄日本橋駅長堀橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


カテゴリー 日本橋, 中華料理 |

鑫福(しんふく)

山口県から友人が来阪したので表記の店でおっさん4人で会食をする。場所は本格中華料理店が集まる島ノ内の国立文楽劇場の裏側の西成とは違った空気感が漂うディープゾーン。

2015-05-25 18.42.13

周りは歴史を感じさせるラブホテルや風俗の店が建ち並ぶ一帯。以前は怪しさ満点で店の前でテーブルを出して歩道でワイワイとお酒を飲める店だったんだけど昨年全面改装してかなり上品な感じの店になってしまったのが残念。店員も客もほぼ中国人と台湾人。

2015-05-25 20.43.51

料理はいわゆる延辺料理(えんぺん)で中国にありながら朝鮮族が多数住んでいる中国吉林省の「延辺」と呼ばれるところのもの。韓国料理と中国料理をベースに唐辛子をたくさん使った甘辛酸っぱい味とスパイスのクミンを多用しているのが特徴。私どもが経営する飲食店のアルバイトでもこの地域出身の方が多数在籍する。

個人的には手前の席ではなく中国人がたむろする奥の席がお薦め。まずは突き出しのピーナツと青菜キムチをつまみながらビールを飲む。この青菜のキムチが最高に美味しい。メニューは東北系の料理と四川系の料理が混在したもの。センマイとか胃袋等のホルモン食材がメニューの大半を占める。野菜料理も充実していてボリュームもたっぷり。以前エビチリが美味しかった記憶があるがこの日は封印。日本の中華料理店にある定番ものはほとんど存在しない。

2015-05-25 19.29.30

まずは定番の串料理をいろいろ所望する。「豚足150円」「トリの足(もみじ)100円」「羊串150円」「まんじゅう(花巻パン100円」「セミ100円」「トリの頭(とさか)200円」「じゃが芋100円」「豆腐皮100円」

2015-05-25 20.28.07

看板商品の羊串はスパイシーでローズマリーやクミンの風味もあってぴりっとしているのでビールがよくすすむ。臭みは全くない。何をどんだけ頂いたのかは記憶にない。経営コンサルタントの先生も完全にハマった様子。

2015-05-25 19.33.36

冬瓜とえびの炒めは上品な味加減で美味しい。

2015-05-25 20.36.33

水餃子は当然皮から手作り。黒酢をつけていただくといくらでも入る。再び串焼きを所望して好物の海老や羊を焼きまくってもらう。店に蔓延するエキゾチズムが食欲をさらに増幅させる。

2015-05-25 19.34.49

すぐ近くには最近火鍋の専門店の入るビルを建てられた。観光客が連日訪れて常に満席らしい。。近くには自分で焼く羊串で有名な「故郷」や「月光来」もあるがこの店が一番個性的なのは間違いない。朝方まで営業しているのでいろいろな利用方法ができる。コストパフォーマンスも素晴しい。個人的には大好きなお店・・・

大阪市中央区島之内2-9-11
TEL:06-6213-1828
11:00〜翌5:00


カテゴリー 難波, 日本橋, 中華料理 |
20 / 72« 先頭...2021...40...最後 »