中華料理

月泉

周りの友人の皆が絶賛する西天満に最近出来た新進の中華料理店を訪問。北浜からライオン橋を渡ってすぐのユニッソン デ クールのすぐそばに位置する。白い壁が特徴的でクラッシックな内装や調度品はカジュアルだけど落ち着いた上質感を持つ。シェフの手元が見えるカウンタ−7席とテーブル12席で構成。店の真ん中には骨董の中国のローボードキャビネットと趣味のいいシャンデリア。

2015-12-10 19.17.01

お任せでコース仕立てで提供いただく。最初はビールで乾杯してセラーからシャルドネのしっかりと樽香の効いた濃いものをシェフ自らセレクトしていただく。ワインの値付けもかなり良心的。

2015-12-10 18.47.12

ビールとともに前菜6種が銘々皿で提供される。どれもが界隈にある中華料理の前菜とは全く異なり一線を画す食指が伸びるものばかり。これが並んだ瞬間に心を掴まれる。

2015-12-10 18.46.01

よだれ鶏(中国では「口水鶏」)15種以上の食材で作ったソースがかかりこれが骨付き蒸し鶏と最高の相性を見せる。 沖縄産の香菜も柔らかくてクセがなくてとても美味しい。東南アジアで頂くものとは全く異なるもの。

2015-12-10 18.46.09

水ダコと茗荷の花山椒とネギのソース。これも驚きの美味しさ。。。これに近いものは空心で頂いたことがあるがそれ以外では全くない。

2015-12-10 18.46.14

徳島産つぶ貝 ピーナツオイル和えは貝のクセや苦味を殺すため、敢えて苦味あるソースを絡めているとのこと。味わいは言わずもがな。

2015-12-10 18.46.25

口に入れると綺麗に溶ける魔法を使った「フランス産のガチョウのフォアグラ 」 飴炊きナッツ添え。表現する言葉がすべて陳腐に思えるほの感動的な美味しさでワインとドンピシャ。。。この料理は横の客に出していなかったのでそれとなく聞くと「選んでいただいたワインのマリアージュを考えて少し献立を変えている」「自分がそうしてもらったら嬉しいので・・」とのこと。これにはかなり感動した。

2015-12-10 18.46.48

脂がのりまくった鰤をお茶を使って瞬間薫製してぴりっと辛い紹興酒のソースを加えたもの。かなりふくよかな味。添えられたルッコラも柔らかくてとても美味しい。

2015-12-10 18.46.43

ピータンをこんがり焼いたものに静岡産生海苔のソースをかけたものも初めての味わい。すべての前菜が期待を上回るものばかりで前菜を頂いただけでノックダウン状態になる。イタリアンやフレンチの技法も使いながらスチームオーブンなどの最新の機械を駆使し、修行された空心の仕事をベースに食材や香辛料の相性や出会いを考えて今までの中華料理の枠を超えたものばかりである。

2015-12-10 19.47.01

接遇はシェフの奥さんとそのお姉さん。ピンぼけ気味の見習いコックさんも味があっていい。料理はお任せ料理(5000円から)で 好み、食事量、食材を聞いてフレキシブルに組み立てて頂けるとおっしゃっていた。

2015-12-10 19.21.40

次の温菜はカリッと揚げられた蓮根餅。辛子も練り込まれていてぴりっとした味わい。上には駿河湾の桜エビとパクチーの茎の和え物がのる。これも白ワインに合わせて作っていただいたものらしい。美味し過ぎて声もでない状態。。

2015-12-10 19.29.30

台湾産のA菜(油麦菜)と豆苗の熱々のお浸し。豆苗を少し入れることで味に変化がある。

さっと炒め紹興酒とニンニクを効かせたスープに浸す。炒め物ではなく温かいお浸しと言う位置づけと言っておられた。空芯菜よりも柔らかくて香りもよく独特の味わいがある。

2015-12-10 19.52.19

殻付き海老の唐揚げにアヒルの塩卵の卵黄を叩いてトリュフオイルで和えたソースを掛けてから黒胡椒を纏わせたもの。これも特別料理と言っておられた。確かに横の客はエビチリであった。旨みが前に出てオイル感と塩加減も良くてワインとの相性も素晴しいものがあった・・・

ここで甕出しの紹興酒をいただく。常温で細かく刻んだ針生姜を入れていただくのが好みなんだけど忙しい中でもちゃんとリクエストに応えていただいたのは嬉しかった。

2015-12-10 20.21.54

こちらのお店のスペシャリティーの酢豚は巨大なトロトロに煮込まれた豚肉をカリカリ・サクサクに揚げたもので

付け合わせの玉ねぎは低温で2時間焼き込んだんだものと言っていた。シンプルな付け合わせだけどこの酢豚の付け合わせとしたら唯一無二のものである。艶のある褐色のエロチックなソースが特徴的。コクが深くてとても濃く、甘みと少しの酸味が合わさった粘度の高いソースとカリカリトロトロの豚肉と紹興酒のマリアージュは何ものにも代え難い感動があった。

基本がしっかりしているなかでの奇をてらわない創造性は現代版の琳派と錯覚させるものがある。

2015-12-10 20.53.38

ソースがもったいないんで蒸しパン(花巻)をいただいていただく。

2015-12-10 21.11.58

満席状態の中シェフから白子はお好きですかと尋ねられ「Oui」と答えると四川風麻婆豆腐 焼き白子乗せが登場。空心で頂いたことのある食味で香りが立つラー油と花山椒がしっかり効いてピリピリと口が痺れる感がある。 辣油は、辛味よりも香りのほうが強く、
そこに花椒の痺れ。もちろん、白ご飯とともにわず白ごはんを所望して一緒に頂く。

炒飯か麺を薦められたがお腹いっぱいでギブアップ。

2015-12-10 21.43.09

デザートは胡麻団子(手作り黒胡麻の餡)柚子風味の杏仁豆腐。どちらも秀逸なり。

高級すぎずしかしながら上質な中華料理がいただけるこちらの店は私的には最近のスマッシュヒット。毎月訪問したい個性的な店が又できたと喜んで帰る。

大阪市北区西天満1-6-4
06-6366-0055
17:30~21:30LO
日曜休み


カテゴリー 西天満, 中華料理 |

紫微星

友人6人で天満にある表記の老舗中華料理店で会食。天満橋駅から徒歩1分。
看板には「伝統と現代中国料理」と書かれている。高齢のご主人と奥さんと留学生のバイトで運営。

入り口は手狭だけど奥にテーブル席がたくさんあり2階は円卓の個室。ビールで乾杯をして適当にアラカルトで注文。

2015-11-05 19.11.45

最初にチシャのお浸し。ビジュアルも美しくシャリシャリした歯ごたえと独特のクセがビールにぴったり。これが一番この日よかったかも知れない・・・

2015-11-05 19.09.59

名物のよだれ鶏1200円。蒸し鶏と蒸したピーナッツを麻辣ソースで和えたもの。酸味と辛みと香味が混ざって大変な味。生姜と青ネギがいい仕事をする。

一人の晩酌にこれとビールだけでもいいな・・

2015-11-05 19.15.43

蟹とフカヒレのスープ。フカヒレは偽物・・残念・・・

2015-11-05 19.59.39

空芯菜の炒めは普通に美味しい。近くの超繁盛店である双龍居に比べてパンチはないがその分上品な味加減。

2015-11-05 19.20.48

海老チリソース。。残念・・・ポーション不足と味が単調

2015-11-05 19.45.50

上海蟹の味噌入り豆腐煮込み 1000円・・・味がぼんやりしてさらに残念なり。

2015-11-05 19.54.35

青椒肉絲は普通に美味しい。

2015-11-05 19.32.38

甘辛く炒めた牛肉を花巻パンで挟んで食す。よくある料理だけど特にどおってことはない。。

2015-11-05 19.45.52

鶏とカシュナッツの炒めはパンチの効いた味であるが凡庸。それぞれの料理のストラクチャーが昭和のままなのが残念。。

そのほか小籠包 580円や上海蟹 3000円、水餃子 580円などをすすめていただいたがこれくらいにする。店主と奥さんはお店の前までお見送り。世間話をしながら又お昼に一人で来るねと言ってお礼を言って店を出る。

大阪市北区天神橋4-12-27
6358-7808

紫微星中華料理 / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.3


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 中華料理 |

珉珉 地下鉄アビコ店

大阪市立大学の学園祭の帰りに一人で表記の店を訪問。車で移動だったんでアルコールは我慢。最近あべのキューズモールにある珉珉がマイブームで王将は口に合わないし高級店は一人で行きにくいのでもっぱらこちらの大衆店で餃子とビールと酢豚を食べて〆に麺類を頂く。

珉珉さんは28年創業で50年の歴史を重ねる名店。焼き餃子って中国ではほとんど食べないと昔に聞いたことがある。水餃子の残ったものを翌日に焼いて食すことが多いために焼き餃子をお客さんに出すのは失礼とのこと・・・

関西では王将よりも早く焼き餃子を提供していたと言われる。
またあびこのこちらの店はのれん分けのお店で直営店とあわせて今や80店舗以上になるらしい。
お店は高齢の店主と奥様で運営。地元客が多いようで皆新聞や雑誌を見ながら食事をされている。これはこれで平和な日常的な光景なので個人的には好きな空気感である。

2015-11-02 20.02.00

こちらの店は餃子と酢豚と麺類がお薦めらしくこの日はチャンポン900円を所望する。
あっさりしたパイタンスープに野菜の甘味と旨みが溶けてまずまずの口当たり。途中で胡椒を入れて味の変化を楽しむ。普通に「ああ美味しいなあ・・・」と口に出る誠実で外連のない味は心に平穏をもたらしてくれる。ごちそうさまでした・・・

2015-11-02 16.03.43

*学園祭で似顔絵書いてもらった・・・実物よりも男前。。アリガトネ・・

大阪市住吉区苅田7丁目9-8


カテゴリー 我孫子, 中華料理 |
20 / 74« 先頭...2021...40...最後 »