中華料理

双龍居 5月

友人7名と一緒に表記の店で会食。秋の上海蟹の時期にはよく利用する。コスパの高さでいつも満席の超繁盛店。この日は一番廉価の3000円のお決まりコースに2000円の飲み放題を付けていただいて会費5000円の予算で半個室の円卓でワイワイと楽しむ。

2016-05-11 21.50.46

前菜はツブ貝と豚の耳と蒸し鶏、菜っ葉のお浸しの3種盛り。続いて大きな羽のついた焼き餃子。肉感たっぷりなシュウマイも食べ応え満点。フカヒレスープも上々の味。青梗菜の炒めも口に合う。春巻はそれなり。中国5つ星ホテルのシェフが作っていると店主はのたまふ。

2016-05-11 19.41.17

海老料理3品。チリソースと酒の香りのする海老マヨ、オレンジソース煮でそれぞれパリパリプリプリした食感と異なる味でとても口に合う。紹興酒のロックと一緒に食す。

2016-05-11 19.33.43

鮑の旨煮も柔らかくて美味しい。もう少し高いコースだと活鮑を使用するらしい。人参を使った龍の彫り物も立派。

2016-05-11 21.52.33

コースには北京ダックがつく。最初にプレゼンテーション。この店では皮だけでなく身も一緒に提供される。お店の方が味噌や薬味を乗せて丁寧に包んで口に入れてくれる。。2016-05-11 19.45.49

コースとは別にこの店の名物「牛肉の四川風煮込」を所望。ビジュアルは別府の地獄巡りの温泉みたい。真赤な餡の中に牛肉とキャベツ。目が痛くなるくらい辛い・・・火を吹くほどの辛さのなかにナッツのコクやいろんな旨味がある。ボリュームも満点で食べ応えもある。最後に残ったスープというかタレに玉子麺をからめて食べる。ご飯を投入するパターンもある。この店に来たらこのメニューはマスト。

2016-05-11 20.48.06

デザートはメロンと西瓜の盛り合わせ。5000円の予算でここまで食せるのは史上最強。人気の理由はそこそこの味とお得感。。お腹いっぱいごちそうさまでした。。

2016-05-12 11.06.42

吉野家で豚丼330円を食す。柔らかい食感で悪くないと感じた。3万円のフレンチを食べることを考えると約100杯・・・・牛丼よりも食べ応えがあって脂感もそこそこある。見た目よりもしっかりとした味がついている。ロスアンゼルスのYoshinoyaでは照焼きチキン丼が1番人気で580円くらいで牛丼は650円。白身魚定食などもあってファミレスのような感じ。香港の吉野家も照焼き丼450円くらいだった。日本のファストフードが世界で一番安くなる日も近いかも知れないな。

大阪市北区浪花町1-24
06-6377-8808
定休日/年中無休


カテゴリー 扇町/天満, 中華料理 |

アベノ珉珉

日曜日は久しぶりにランニングをしたのであべのキューズモールの北側にあるあべのウオークB1の一番奥まったところにある表記の店で晩ご飯。阿倍野再開発の前から「あべの銀座」と言う怪しげな通りの路地裏で営業されていてそのとき(35年前くらい)からよく通ったものである。こちらは昭和28年創業の千日前にある珉珉本店ののれん分け店で私たちの世代であれば王将ではなくこちらのお店が下町中華の雄である。昭和33年ののれん分けなので当然王将よりもずっと前から餃子を提供。

昔は壁も床も油でべとべとで怪しげな路地は昔の香港映画を彷彿させるローケーションだったけど今は明るくて清潔でこざっぱりしている。いつものようにとりあえずビールと餃子を所望。

2016-02-28 20.01.12

昔よりもインパクトは少なくなってかなり食べやすい感じ。モッチリした皮と口に入れたときに感じるジューシーさが特徴。たぶん背脂等が入っているのだと思う。豚肉、羊肉、国産ニンニク、淡路の玉ねぎなどの18種類の食材が入っていると聞いたことがある。餃子だけは直営店、のれん分け店すべて同じレシピと聞き及ぶ。

2016-02-28 20.01.15

香ばしくあげられた豚の唐揚げはヘレ肉を使っているのでとても柔らかい。ビタミンB1たっぷりなので疲労回復にちょうどいい。

2016-02-28 20.01.19

カリッと揚げた鶏肉を唐辛子と一緒に炒めたもの。ビールがすすみまくり。高タンパク低カロリーを心がけるんだけどビール飲み過ぎで健康的でなくなってしまうのがたまにきず。固い焼きそば(フライ麺)や麻婆豆腐がのっかった蒙古麺も私のお薦め。数人でワイワイと楽しく食事をするのにぴったり。

3月3日はみんみんの日で餃子半額デー。皆でレッツラゴー!!

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 ヴィアあべのウォークB1F
電話:06-6649-5926
営業時間:11:00~23:00


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 中華料理 |

丹甫

阪堺電気鉄道の宿院駅東にある堺でナンバー1と評される中華料理店を訪問。お店は店主とその奥様、スタッフ2名で切り盛り。料理はほぼご主人だけで作られている。最初にビールを所望して7000円のお薦めコースいただく。その他に廉価版の5000円、数日前に予約が必要の9000円のコースがあるらしい。

最初の前菜盛り合わせはプチトマトの杏酒漬け、豚トロのチャーシュに鶏肝のローストを乗せたもの。ワカサギのフリット、ピータンの粒マスタード添え、くらげ酢の物、すね肉の煮込み。スタンダードなものをどれも丁寧に作っているんだけど上品過ぎてボリューム不足。

鶏と鴨でとった出汁をベースに人参のすり流し仕立てのスープ。中にはフカヒレが入る。コラーゲンスープと説明いたただくんだけど口の中が脂でべとべとになって気持ち悪い。。塩分が強すぎるのとあわせてこれは閉口・・・・

サゴシの蒸したものを香港ソースでいただく。広東料理ではポピュラーな料理。これも塩分が強く喉が渇く感じがする。どの料理も丁寧に作られるので提供時間がかなりかかる。時間を気にせずにたくさんおしゃべりをする食事会には最適である。

2016-02-27 11.13.54

牛テールのXO醤煮込み。あしらえはA菜。甕出しの紹興酒と一緒にいただく。蟹爪にすり身とパートフリックを巻いて揚げたもの。甘酢をつけていただくが特にどおってことはない。デザートは白玉の入った胡桃ぜんざい。常連客はアラカルトを注文しておられた。世間相場の倍の価格くらいコスパは良くないけど家庭的な雰囲気で気軽に高級中華を食すにはぴったりのお店・・かもしれない。

堺区大町東2丁目1-27
072-223-1181

中国料理 丹甫中華料理 / 宿院駅寺地町駅大小路駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5


カテゴリー 堺市, 中華料理 |
20 / 76« 先頭...2021...40...最後 »