串料理

鳥匠 いし井

表記のミシュラン一つ星の表記の焼き鳥店を友人が貸し切りしたので相伴させていただく。大阪のJR東西線「新福島駅」阪神電車の「福島駅」から徒歩5分くらいの場所に位置する。

路地を入るとキレイ目のファザード。中に入ると明るめの木目のL字のカウンター10席と4人がけの個室になっているテーブル席のみ。寿司屋と見間違えるような内装もとても綺麗。焼き鳥の煙もほとんど感じさせない。

焼き場の店主と若い男性2人で切り盛り。。。メニューは4500円と6500円のコースのみ。この日もおまかせでいただく。。

胡麻豆腐を白煎粉をつけて揚げて餡を掛けたものからスタート。すね肉のたたきはとても味が濃く噛むほどに味わい深い。造りは胸肉のきずし、ささみ、白肝の3種盛り。白醤油と肝はごま油でいただく。

だきみ(抱き身)は胸肉を使用。カリッと焼いた皮と相反的に身はミディアムにしっとりと火入れされる。噛めばジュースがほとばしる。ズリ、ぎっしりと肉の詰まったせせりは身の弾力が素晴らしい。

鶏とポルチーニ茸イカスミの飯蒸しはリゾット風の仕上がり、白子ソース、炙ったホタルイカが添えられお酒が進みまくる。せぎもも絶妙なる火入れなり。

もも肉を使ったねぎまは安定の美味しさ。カチョカバロと自家製、鶏入りポテトサラダの海苔巻きもお酒が進む逸品

なんこつ、銀杏、チキンカツと胸肉の磯辺揚げと続く。お腹がいっぱいなんだけど美味しすぎて次の串が待ちどうしくて仕方がない

ホロホロ鳥の白肝とフォアグラ、生肉から焼き上げ、口の中で解けるでつくねと続く。
最後のちょうちんは口の中で爆発する玉ひもと柔らかいお肉が一体となってなんとも言えない美味しさ。

ダイエット中なので締めの食事はパスさせていただく。。麦焼酎と白ワインを合わせながらとても美味しくいただきました。

過去のいし井はこちら

大阪市福島区福島2-3-23
06-4797-1129
18:00~23:00


カテゴリー 福島, 串料理, やきとり |

南蛮亭

難波の超繁盛焼き鳥を久しぶりに訪問。現在歌舞伎座の裏は焼き鳥横丁のようになっていてそこら中に焼き鳥屋があるんだけど界隈でナンバーワン店といえばここ。夕方の開店と同時に客が押し寄せる。

コスパに優れているので最近は外国人の客だらけ。おすすめは路地から入る煙もくもくのカウンター席。

最初に鳥のたたきをいただいてから好物のハツを所望。続いて名物の蓮根肉詰め。板の上にタネを大量に敷いて上から蓮根をムギュッと押さえつけるようにのせるようにして作るコペルニクス的発想の商品。。ボリュームもあってシャリシャリの食感がとてもいい。

色々な部位もあって全く食べ飽きない。ピリ辛きゅうりで箸休めをしてほとんどの種類を食べまくる。全て3本単位の注文なんだけど会計は財布にとても優しい。

食後は同じビルの2階のバーを訪問。。こちらも面白すぎて長居してしまいました・・

過去の南蛮亭はこちら

大阪市中央区難波4-5-7プラザレスパル1階
06-6631-6178
営業:17:00〜24:00、土日祝17:00〜24:00(予約は19:00まで)
定休:無休


カテゴリー 難波, 串料理 |

くしよし本店

鶴ヶ丘にある表記の串料理店を訪問。こちらは串カツと焼き鳥の二刀流。驚くべきことのこの両方ともレベルが高くかつリーズナブルな大谷翔平の様な店この日は串カツを中心にいただく。

この店で必食の朝引き地鶏のたたきはモモ肉、ささみ、胸肉から選ぶことができるが一番脂があって歯ごたえのあるモモ肉を所望。

ゴロゴリの食感の後で地鶏の旨味が口いっぱいに広がる。2種類のツケだれもさっぱりしていて決して鶏の味を損なわない。

串の扉は大海老300円からこの価格でこのサイズの海老はとても嬉しい。この後、牛肉、豚肉、豚肉大葉巻き、蓮根をいただくがどれもレベルが高いことに敬服する。衣はクロワッサンの生地を使っているとのこと。

普通のスタンダードな串と手間をかけた創作串もたくさんあってメニューを見ているだけでとても楽しい。

最後は山芋とこんにゃくの素揚げでフィニッシュ。ビールを2杯いただいて会計は3000円。。財布にも優しい佳店です。

大阪市阿倍野区西田辺町2-1-23   06−6606−4222


カテゴリー 鶴ヶ丘, 串料理 |
1 / 2512...20...最後 »