串料理

雲仙 阪急三番街店

友人と六甲山ハイキングの帰りに高速バス停のある阪急三番街近くで食事をすることになり表記の店を訪問。
こちらは創業昭和25年の老舗店で北新地の永楽通りにあるお店が本店。80歳の女性オーナが今も経営を仕切っっていると言っておられた。

串揚げではなくこちらのお店は衣を使用しない串焼きなのでコレステロールゼロの最高級植物油を使い、分厚い鉄板の上であっさり焼き上げて、栄養価が高く、素材のうま味も逃がさないとのこと。

おなかいっぱいになったらストップをかける「おまかせコース」が基本。

串焼きの扉は牛ヘレ肉とニンニクの芽。とても柔らかくて美味しい。焼き上げた後に出汁をかけるのがポイントといっていた。続いて帆立貝のベーコン巻き。子持ち昆布をはんぺんで挟んで湯葉を巻いたもの。鶏肉を牛蒡や椎茸などの野菜とすり身で巻いてさらに薄揚げで巻き上げた創作かまぼこのオランダ巻き。山芋を載せた鰻と玉蜀黍。豆板醤で味付けした海老のすり身等を湯葉で包んで揚げた雲仙揚げ。

タレは、梅肉、醤油ベース、胡麻、塩を好みでつける。。

定番メニューの椎茸カレーミンチ詰、アーモンドタルタルソースを掛けた赤ニシ貝、みそマヨネーズをかけたアスパラガス、蟹爪鱚巻きとからすみおこわののホイル焼き、ニューカレドニア産の天使の海老の姿焼きと続く。

コリコリ食感の山牛蒡と鱸の西京焼き、カニとチーズの入った雲仙巻きと柔らかく炊き込んで焼いた牛すじこんにゃく、椎茸肉詰めとささ身の紫蘇巻き、骨つきの手羽先でフィニッシュ。

食後は同じフロアにある甘味屋でかき氷のデザート。

有馬温泉で猿回しを見学・・・暑い中頑張るお猿に敬服・・・・

大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館 B2F

 


カテゴリー 梅田/JR大阪, 串料理 |

鳥匠 いし井 (鳥傳囲)

2020/6に新福島から西天満にお店が移転した表記のミシュラン店を訪問。店の場所は、なにわ橋駅から徒歩4分ほどの大阪高等裁判所のすぐ近くに位置する。

2階建の一軒家で以前よりも少し大きくなった感じ。お店は2軒に分かれていて1階は焼鳥でいし井、2階は焼鳥と水炊きも食べられる鳥傳囲という名前での営業。

今回は黒い小さな扉をあけて2階のお店を訪問。2階のお店はカウンター数席と個室からなる。

最初の前菜はほろほろ鳥の燻製とハーブのサラダ、鳥肝のペーストの3種盛り。この後焼き鳥が数種類提供される。7割くらい火入れされたササミはワサビを添えて。たれと塩の2種類で供される軟骨が入ったつくね、ソリレス、ぼんじり、大きな砂ずりと続く。どれもレベルが高いものばかり。

続いての鍋は真っ黄色の脂がしっかりと入り込んだパイタンスープでいただく。最初にもも肉があらかじめ入っていて後から胸肉をさっと火入れしていただく趣向。

鶏肉は宮内庁御用達の青森のシャモロックを使用。煮込んだ鶏肉は好みで酢醤油につけたり、塩や柚子胡椒や七味、酢橘でいただく。

ミンチ肉も団子にしていただく。。ふわふわの食感がとてもいい。締めは雑炊か中華麺なんだけど糖質制限しているのでパスする。日本酒も特別なものばかりでとても美味しくいただきました。

大阪市北区西天満3-11-4
06-7708-7864

食事の後は大川で舟遊び・・・


カテゴリー 西天満, 串料理, , やきとり |

天王寺某店

夜に大阪城公園でランニングして汗を流した後、JR天王寺の信号を渡ったところにある阪和商店街にある野菜串の店を訪問。金曜の夜なのでどの店も大盛況。かろうじて入店できた店で一息つく。

凍ったレモンがどっさり入った酎ハイで乾杯。しかし特にどおってことはない。氷もレモンもたっぷり入っているので2口で飲み干してしまう。

メインの野菜串は野菜を豚バラ肉で巻いて焼いたもの。ねぎ、レタス、山芋、蓮根、プチトマトなど・・・色々注文したけど味は全て一緒で一部豚肉の生焼けなどもあって悲しかった・・・・「明日があるさ!」と気分を変えて店を出る。


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 串料理 |
1 / 2712...20...最後 »