串料理

くしよし本店

鶴ヶ丘にある表記の串料理店を訪問。こちらは串カツと焼き鳥の二刀流。驚くべきことのこの両方ともレベルが高くかつリーズナブルな大谷翔平の様な店この日は串カツを中心にいただく。

この店で必食の朝引き地鶏のたたきはモモ肉、ささみ、胸肉から選ぶことができるが一番脂があって歯ごたえのあるモモ肉を所望。

ゴロゴリの食感の後で地鶏の旨味が口いっぱいに広がる。2種類のツケだれもさっぱりしていて決して鶏の味を損なわない。

串の扉は大海老300円からこの価格でこのサイズの海老はとても嬉しい。この後、牛肉、豚肉、豚肉大葉巻き、蓮根をいただくがどれもレベルが高いことに敬服する。衣はクロワッサンの生地を使っているとのこと。

普通のスタンダードな串と手間をかけた創作串もたくさんあってメニューを見ているだけでとても楽しい。

最後は山芋とこんにゃくの素揚げでフィニッシュ。ビールを2杯いただいて会計は3000円。。財布にも優しい佳店です。

大阪市阿倍野区西田辺町2-1-23   06−6606−4222


カテゴリー 鶴ヶ丘, 串料理 |

越源(えちげん)

新世界にある私が串カツを食べるときによく訪問するお店。だるまの創業店の横に位置する。串揚げ90円は一口サイズ。さっくりとした薄衣なのでとても食べやすくてこれだけでも10本くらい食せる感じ。甘めのサラサラのソースも秀逸。

プリプリの海老280円は4本いただいた。名物の鶏カツは胸肉を肉たたきで丁寧に叩いてから揚げて仕上げに山葵を載せていただく。白髪ロン毛で見た目はRockの元和食職人のご主人の一手間加えた仕事がとてもいい。豚バラ肉や牛スネ肉は柔らかく角煮にしたものを揚げる。横のおばはん客が大声で喋りまくっているとご主人が大声で「じゃかましい!!!」と叫ばれたのもなかなかパンク。

そのほかとろとろのチーズ、柔らかい豚ヘレ、ふわふわの餅、カリカリに揚げた唐揚げなど鼻から出るくらいいただきましたとさ。。

大阪市浪速区恵美須東2丁目3-9
定休日:木曜日
営業時間:12:00~21:00


カテゴリー 動物園前, 串料理 |

鳥匠 いし井

2018年ミシュラン一つ星の表記の焼き鳥店を訪問。大阪のJR東西線「新福島駅」から徒歩5分くらいの場所に位置する。

明るめの木目のL字のカウンター10席と個室になっているテーブル席。寿司屋と見間違えるような内装もとても綺麗。焼き鳥の煙もほとんど感じさせない。

焼き場の店主と若い男性2人で切り盛り。。。

ビールで乾杯をして座付は青森産のもずく酢。続いての刺身はごま油でいただく白肝、昆布〆にした胸肉は旨味たっぷり。新鮮極まりないささ身は今まで食べてきたものとは別格の美味しさ。胸肉の蒸し鶏は葱を叩いたものを乗せていただく。鶏白子とベシャメルソースを合わせたものにカラスミを添えたお凌ぎ・・というかミニ丼。

串の扉はジュースが溢れるセセリから。続いてハラミのタレ焼き、全く癖を感じさせない砂ずり、やげん軟骨と続く。。。どれも唸る美味しさ・・・

串の合間に自家製のスパニッシュオムレツと10種類のハーブの昆布〆サラダ、カチョカバロの磯辺焼き、おぼろ豆腐の枝豆ソースかけ、蒸したつくねの野菜あんかけトリュフのせ、鶏スープ、鶏そぼろと卵黄を細巻きにしたものなどが提供される。

希少部位のちょうちん(内臓卵)も追加で焼いていただく。

続いてささ身の鬼おろしポン酢、皮目がパリッと焼きこまれたねぎま串、皮串、ちょうちん、ぼんじりと続く。最後はカドヤ食堂の麺を使用した「チキンラーメン」でフィニッシュ。。グラスワインや焼酎をたくさんいただいて一人13000円の支払い。。ダイエットを忘れてたくさんいただきました。

大阪市福島区福島2-3-23
06-4797-1129
18:00~23:00

鳥匠 いし井焼き鳥 / 新福島駅中之島駅福島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 福島, 串料理, やきとり |
1 / 2412...20...最後 »