串料理

五源大喜

アメリカであらゆるものを食べまくったんだけど身体が揚げ物を欲してしまう。 阿倍野区昭和町にあるここも地元の名店串揚げ屋である。予約は数ヶ月待ちとなかなか予約が取れない有名なお店である。 kanbangogen.JPG 時間で入れ替え制になっていて。客はマックス入って15人。かなりキュウキュウ。              お酒を注文してあとは好きなものを注文する形である。。 gyuugogen.JPG 最初に牛肉を所望。。130円。。安い!                                        それぞれの串を塩コショウ、ポン酢、ソースでいただく。。。 renkongogen.JPG 蓮根も歯触りがよく上質なのがよくわかる。 こちらの店の揚げ油はヘッドを使用しておられ(たぶん100%それだけではないと思うが)独特の甘い昔のコロッケ屋のコロッケの風味を感じる。。。しかしながら思ったほどしつこくはない。 butagogen.JPG 豚肉も普通に美味しい。。。 お店は家族で経営で奥さんがネタをそろえてイケメン兄さんが揚げる係。。。裏方に兄さんの御嫁さんと手伝いのかたがいて4人体制で対応。。実にアットホームな雰囲気があり接客も親切でいつも感心する。飲み物の値付けも良心的。。 kanitumegogen.JPG 蟹爪は大好物。。。 kurumaebigogen.JPG 車エビも大ぶり。。。いつも2本いただく。。。。塩レモンが最高。。 asuparagogn.JPG 太めのアスパラの一本揚げ。良く見かけるもんやけどやっぱ美味い。。串揚げの定番商品。。。 amagogogen.JPG 水槽に泳ぐアマゴもカラリと上がってワインと最高の相性。。。 ayugogen.JPG よく似た姿の子鮎も水槽で泳ぐ。。。お腹の苦みがまたいい。。。。 hotaruikagogen.JPG 旬のメニューのホタルイカも串揚げにぴったり。。。 soramamegogen.JPG ソラマメは蒸し焼き状態でこれまた美味しすぎ。。。。 takenokouzuragogen.JPG 筍は最初に味をつけておられる。。。。ウズラ卵は普通に美味しい。。。辛子醤油とこれまた良く合う。 tokobusi.JPG トコブシは本日のMVP。。。。不味いわけがない。。。。 toufugogen.JPG 田楽味噌を塗った豆腐もふわふわの仕上がり。。。。。 お腹いっぱい、値段も手ごろ。。。。 大阪市阿倍野区昭和町1-9-21 TEL 06-6629-4576


カテゴリー 昭和町, 串料理 |

南蛮亭

最近お気に入りの焼き鳥店。。。鶏貴族もいいんだけどさらにコストパフォーマンスの良さと親父の人柄の良さでよく通っている。 裏口から入って煙モクモクのカウンター席も面白いし。店前のテントにて親父と世間話しながら飲むのも楽しい。必ず大将は声をかけてくる。「ひさしぶりやなー、元気か~」「○○さんも元気にしとるか~」 焼き鳥屋はこれでいい。たのしく酒が飲めて温かい串があればそれでいい。 ゆっくり落ち着いた雰囲気ではないが、そんなのを求めてここには誰も来ない。 刺身が豊富なんていう今時の焼き鳥屋じゃない。 オーダーは紙に書いて渡す。串は3本となってるがヒマな時だったら多少無理を聞いてくれる。。 韓国人の店員が多いようだが一応日本語も通じる。 tukune.JPG 地鶏のタタキはいつも必須。ガーリックとネギとポン酢と大根おろしでワサワサいただく。 セギモも柔らかくてタレがのりまくって濃厚。三角はコッテリ。 個人的に大好きなのは全く癖のないハツ。 写真は一押しのつくね(一本)110円 甘しょっぱいタレで。ふんわりしてる。。。。見た目よりかなり旨い。。。 同じ肉を使ったれんこん肉詰400円も実にいい。れんこんも糸をひいていてしゃりしゃりといい食感。 tebanannbanntei.JPG 手羽はかなり大きい。。。食べ応え満点。店内はごちゃごちゃ。しかし個人的にはOKかな。 じゃがバターは皮はパリパリ中はホクホク。。。 ビールがこれだけで5本は飲める。。。 jaga.JPG さつま芋も旨い。。じゃがいもとどちらにしようかいつも悩む。。。。 最後はとり雑炊おすすめ。 ホンマに美味い。。 締めの双璧が鶏丼。鶏丼数々あれどコスパを含め最近のどんぶりの中の上位を占める。 まず食べ飽きない。。。詳細は行ってみてみて。 やっすいしうんまいし、まずクセになる。 予約は必須。。それでもよくダブルブッキングする。。 でもね許せるのなぜか。。。。 前回の南蛮亭はこちら</a 大阪市中央区難波4-5-7 06-6631-6178 17:00~24:00

南蛮亭焼き鳥 / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)難波駅(南海)


カテゴリー 難波, 串料理 |

焼き鳥 ながひろ

天下茶屋のディープ焼き鳥。。 実際に歩いて偶然捜し出した年に一回くらいの大当たり。。。取材関係はすべてお断り。写真はNG(せやけどお願いして撮りました)普通の人は入らん店構え。。。 tyotin.JPG へんこ親父一人が5時から切り盛り。。。6時になるといつも満員らしい。7時に入店したが8割が品切れ。8時ころには店じまい。。。。7時くらいから手伝いのおっさんが入るけど飲みながらしゃべりながらの仕事。。。へんこ親父は最近見かけなくなった昭和の空気をしっかり全身から出しまくり。。 推定年齢75くらいか。。 yakiba.JPG 炭焼きにこだわり素材も一目見ただけでいいものとわかる。。。鶏肉が光り輝いている。。。。 三角や人気部位は早い時間に売り切れであった。とりあえずネギと鶏肉のタレ焼いただく。。。 reba-nakahiro.JPG レバーはかなり大ぶり。。もうええというくらい「このレバーは生でも食える」とくりかえしていた。実際かなり新しくほんまにうまかった。。。 tebanagahiro.JPG 手羽も秀逸。。値段がアホほど安い。。。焼き鳥激戦区の天下茶屋でもヤスウマチャンピオンであると思う。。 yakinasunagahiro.JPG 焼きなすは焼いた後急いで皮をむく。。。この作業が見ていて感動した。。。実際死ぬほどうまかった。。。あと椎茸とメークインも安くてバリうま。。。 zurinagahiro.JPG ずりは梅肉でいただく。。。あっさりして初体験だった。。。ハートも新しく実に旨い。2回おかわりをした。 tukunenagahiro.JPG つくねは緑色である。。なんで緑色か?と尋ねると親父曰く「食ったらわかる!」と一喝される。いつまで焼くねんというくらい焼き続け出てきたつくねをいただく。。野菜が入っていることはわかるが正体不明であることを親父に告げると、一言「味音痴!」と言われた(涙) 次回のリベンジを誓って店を出た。。。


カテゴリー 天下茶屋, 串料理 |
20 / 25« 先頭...2021...最後 »