九州地区

福柳

福岡の水郷柳川でどんこ舟の川下りを楽しんでから表記の店でこちらの郷土料理として有名な鰻のせいろむし2300円を開店と同時にいただく。このエリアだけでせいろ蒸しのお店が21件あってまさに激戦区。

琴奨菊関がこちらの出身らしく街のあちこちにポスターが張られているのが目に入る。

柳川で最も有名な本吉屋というお店のせいろむしは4800円と聞き及ぶ。どの店も作り方は同じでタレをまぶしたご飯の上に蒲焼きにされた鰻と錦糸卵を乗せて3分蒸し上げると聞く。

人で不足なので店で鰻を焼かずに出来たものを仕入れする店もあると聞き及ぶ。提供されたせいろ蒸しは赤い重箱のなかにまぶされたご飯としっかり焼き込まれた鰻と錦糸卵が美しく盛りつけられる。

FullSizeRender のコピー

一口いただくとご飯に鰻のエキスが移ってえもいえぬ味わいと言いたいところであるがいかんせんタレが濃くて甘過ぎて重たい。鰻も同様でふんわりとしているんだけど味が抜けた感じで砂糖の甘味が口に残って甘いお菓子を食べているような感じ。しかしながら醤油の塩っぱさも口に残る。

九州の味と言えばそれまでであるがビールで口をさっぱりさせないと食が進まない。しかしながらお店は満席状態。せいろ蒸しの性質上しょうがないとは思うけど最後まで味の変化がなく途中で飽きてしまのが残念。

観光地なので全国平均値でみればよく出来たものなのであろう。ムツゴロウの甘露煮500円もいただいたけど特にどおってことはなかった。

2016-07-20 10.26.35 HDR

川下りの船頭さんは若い女性で名前は「百恵さん」。早朝のため貸し切りで1時間いい時間を過ごせました・・・

福岡県柳川市沖端町29-1
0944-72-2404

皿屋 福柳うなぎ / 西鉄柳川駅矢加部駅徳益駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


カテゴリー 九州地区, |

博多炊き餃子 池三郎

表記の店に同年代のおっさん3人で訪問。地元では大人気のお店でよく行かれる友人がわざわざ予約していただいた。地下鉄の天神南駅近くビックカメラ向かいのビルにある。鉄鍋餃子は福岡で過去に何度かいただいたことがあったが炊き餃子というジャンルは初めて。

2016-05-09 18.53.02

突き出しは皮鯨とハリイカのげそ、海苔で胡瓜をまいたものに蟹味噌と飛び子を乗せたもの。不要な場合はキャンセル出来るのも嬉しい。

2016-05-09 18.59.53

お造りの盛り合わせ2600円を所望する。手前からぶつ切りにされて皮をさっと焼いたサワラ、ハリイカにイクラを乗せたもの熟成の効いたひらめの薄造り地元の鯵とさらし鯨。鮮度もよくかなり美味しい。

2016-05-09 19.00.57

竹豆腐500円はクリーミーで葛がしっかり入ってトロトロ。かなり甘いので女性向かも知れない。

2016-05-09 19.05.10

名物の半熟卵雲丹いくら乗せ700円。半熟卵は熟成も効いて簡単な料理だけど素直に美味しい。ビジュアルがかなり美しい。思ったよりも相性は悪くはない。焼酎とドンピシャ。。

2016-05-09 19.39.51

和牛もつ焼き900円。少し臭みが残っていたのが残念。これは特に取り立ててどおってことがない福岡独特の嗜好性の高い商品。

2016-05-09 19.17.07

手羽うずら玉子300円は手羽餃子にうずらの卵が入ったもの。これも特別どおってことはない。

2016-05-09 19.44.03

出し巻き卵500円はかなり個性的なビジュアル。多分サランラップに包んで蒸し上げたものと推察される。甘い餡をかけて大根おろしと明太子をトッピングで味は残念な感じ。関西の出汁巻玉子とは味も食感もかなり異なる。

2016-05-09 19.55.13

ゴーヤ塩昆布サラダ600円はさっぱりとしていい口直しとなる。カウンタ−の中の若い調理スタッフ2名ですべて対応。ちょっとした割烹の空気感をしっかりと醸し出しており客の年齢層も総じて高め。福岡はこのような高級居酒屋が多い。

2016-05-09 18.58.31

黒豚軟骨焼き500円は食べ慣れていないせいか軟骨が口に残る。歯がしっかりと強くなりそうな料理。炊き餃子のスープで味をつけているのはすぐに判る。

2016-05-09 19.13.59

メインディッシュの炊き餃子700円がグツグツと音をさせて登場。すいとんのような食感のツルツルで柔らかくてモッチリ厚めの皮が特徴。白濁したスープは濃い豚骨系かと予想していたが鶏ガラも入っており思ったよりもあっさりしていた。臭みや脂っこさやくどさはなく餃子から出る野菜の旨みも感じられてどんどん飲んでしまう。餃子の餡は野菜中心で鶏肉も入る。
とにかく皮が美味しいのが特徴。友人が北新地で餃子鍋店を大繁盛させているがそれとは全く異なるタイプ。ザクザクとカットされた白ネギとの相性もいい。唐辛子や柚子胡椒を入れると味わいも変わる。
最後に麺300円、おじや400円で締められる方がほとんどらしい。炊き餃子以外のメニューも豊富なのでいろいろな場面で重宝する。会計は一人5000円でした。

福岡市中央区今泉1-10-15
福岡アーバンタワー2F
tel:092-739-7550
営業時間 18:00~23:00

池三郎餃子 / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)渡辺通駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


カテゴリー 九州地区, 居酒屋 |

握りこころ 山ぼうし

福岡出張。西中洲の超人気店。ご主人と奥様のおもてなしが有名。路地裏にあるスナックビルの3階でどう見てもスナックの居抜き。入り口のドアは真っ赤。
お店はカウンター7席、掘りごたつ席が3のみ。

カウンターの前にはネタケースが鎮座。福岡の食材を使った江戸前寿司。

2015-02-25 18.30.30

座付きは甘めの出し巻き卵とバイ貝、ゲソと蟹のワサビマヨネーズ和え、胡麻和え。ビールはハートランド。

2015-02-25 18.34.41

皮鯨の酢みそ和え。酢味噌の出来がかなりいい。。ここで日本酒をいただく。田中、あまり広くはないので、できれば、予約されていかれたほうが、良いと思います。

img_0

こだわりの日本酒の中からのチョイスは「田中六五 純米生」。福岡県糸島市の白糸酒造のお酒でさんが醸しているお酒で。自分の蔵の周りで山田錦をつくって酒米にするというテロワールの蔵と言っていた。

重たいアルコールの香りのあとに純米独特の旨味が舌をめぐって膨らむ。思ったよりもさらっとしているが後から甘味を感じる。酸味もあって渋みも少し感じる。後口は少し辛みを残す。

2015-02-25 18.44.17

日本酒と一緒に8種類のお造りが登場。本ミル貝、ウチワ海老、巨大な剣先烏賊、カワハギの肝巻、地のタコ、ツブ貝、五島の〆鯖。。どれもかなりの食材。

2015-02-25 18.49.01

のれそれ登場。この時期の風物詩。

2015-02-25 18.59.34

ふぐの白子の煮こごり。。日本酒との相性もいいが端麗の麦焼酎の水割りでいただくとドンピシャだった。まったりして最高・・・

2015-02-25 19.04.20

こちらのお店の名物50歳の鮑。。鮑は150才くらいまで生きると言っていたな。。貝殻に貝輪というのがあってそれで年がわかるらしい。ケースに入った蒸しあわびは大人の握りこぶしのサイズ。6時間蒸すことで4割のくらい縮むので元の大きさは巨大なものであると推察される。

食すと歯がいらないくらいの柔らかさ。関西の寿司屋でもここまで蒸さない。じっくり咀嚼してみるととても柔らかで滋味深い。

2015-02-25 19.17.22

茶碗蒸しは豆乳仕立てでとても優しいお味。中にはとんぶり、車エビ、のどぐろ、粟麩、むかごが入る超豪華版。。

2015-02-25 19.24.08

ここからお寿司で平目の昆布塩〆。熟成感たっぷりで旨味が貝骨頂。。アミノ酸が味蕾を暴れ回る。

2015-02-25 19.25.04

しっかりと強めに締められたコハダは細工寿司で。。この時期の1枚漬けのコハダと麦焼酎の組み合わせが個人的には好み。

2015-02-25 19.28.26

糸島の釣り鯵。。美味しいねえ・・・と思わず口に出る

2015-02-25 19.32.28

本ミル貝。白ミルとは味の濃さが違う。かなり美味しい・・・禁漁じゃなかったかな・・

店主と奥様の気配りも素晴らしく、カウンター越しに会話も弾む。

2015-02-25 19.39.52

自分で手巻きにして食べる雲丹。多分釧路の昆布盛だと思う。かなり上質だけどミョウバンの味が残念。

2015-02-25 19.44.08

こちらのお店のスペシャリティーのいくらの湯葉巻。

2015-02-25 19.49.20

トロトロでふわふわの穴子は脂がのりまくり。キュウリのタタキが最後に漬物代わりにでてきてフィニッシュ。

2015-02-25 19.52.05

〆のデザートは奥さん手作りの柑橘のゼリー。軽く食べて飲んで一人18000円なり。

福岡市中央区西中洲2丁目15 プラネットビル3F
092-725-0023

握り心 山ぼうし寿司 / 天神南駅中洲川端駅西鉄福岡駅(天神)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 九州地区, 寿司 |