九州地区

鮨 麻生 平尾山荘

表記の会員制寿司店にランチタイム訪問。平尾という当地の高級住宅街に位置する。小さな階段を上がってインターホンを鳴らして名前を告げる。店の奥に進むと一枚板6席のカウンターの小さな空間。

大将は短髪で職人オーラ全開。決して笑わない・・・この日は6000円のコースを所望。まずはビールで乾杯。最初は濃厚な浅蜊のスープが供される。

最初から握りが出てくるのがこの店の特徴。途中でアテがいくつか挟まれる。握りの扉は平目から。ネタは九州産にこだわられシャリは赤酢を使用。続いては皮目を炙ったのどぐろ、鯵と続く。細かく包丁をして梅肉を乗せたアオリイカはとても甘い。名残のカマスと軽く温めた赤足海老と続く。総じてどれも完成度が高い・・

クラゲの酢の物に胡麻クリームを乗せたもの、軽く〆た鰯の酢味噌掛け、郷土料理の胡麻鯖も生鯖が新鮮でとても美味しい。。金目鯛、松茸、小芋の炊き合わせと続く。。。

炙った海苔で巻き上げたタイラギ貝、この店の名物の餡をかけた蒸し寿司は太刀魚を使用。生の鯵と長崎県平戸の赤雲丹と続く。最後はふわふわに仕上げられた穴子でフィニッシュ。

焼きたてでふわふわの卵焼きはとても甘くてデザート代わりとのこと。

ぶどうのシャーベットでさっぱり。ごちそうさまでした。。。一度昼に伺えば会員になれるそうです。。

福岡県福岡市中央区平尾5-11-3
092-524-5777


カテゴリー 九州地区, 寿司 |

炉端 氷炭(ひょうたん)

福岡に出張の帰りに薬院にある表記の古民家のような炉端焼店で社員くんと会食。界隈では有名な繁盛店でこの日も早い時間から客がひっきりなしに入る。店の真ん中に炉端があってそこで鶏や肉、野菜を炭火で焼いて提供する仕組み。お店は入り組んだ路地の中にあるんだけどそんなことは関係ないような繁盛と活気。夕方の16時からのオープンとのこと。

最初は鯖のきずしと鰤の盛り合わせ。内容は特にどおってことはない。。。お通しの生の人参の盛り合わせに肉味噌をがついたものはびっくりするくらい美味しかった。揚げたてのさつま揚げとアスパラバターも普通に美味しい。

朝挽き鶏の串焼きはびっくりするくらい美味しい。。大ぶりでボリューム満点。かしわ串と呼ばれる腿部分とふりそでと呼ばれる部分を所望。。。つくねも良かったし手羽先は手羽元も一緒になって供される。

そのほかにも色々なものをいただいたが丁寧な仕事と素材の良さで満足度は高かったです。会計は2人で10000円・・・この辺りの居酒屋にしたら少し高めかもしれません。。ごちそうさまでした。

福岡市中央区薬院1-4-21
050-5590-1567
営業時間 16:00〜23:00
第3日・月休


カテゴリー 九州地区, 居酒屋 |

ギャラリー有田

博多駅からJR特急電車に乗って1時間半かけて有田を訪問。17世紀から今に続く柿右衛門窯や人間国宝の井上万二氏の窯や作品を見た後に陶器商の方と表記のお店で昼食をいただく。

こちらは有田焼販売店に併設されているレストランで界隈では人気ナンバーワンのお店として有名。何度か過去に訪問したこともあるがいつも満席の記憶がある。待っている間にギャラリーを見物出来るので飽きることはない。 店内には有田焼のコーヒーカップが約2000個並べられていて(これは壮観)好きなものを選んで珈琲をいただくことが出来るらしい。

この日の注文は有田名物の「ごどうふ定食(1350円)」。ご飯も入れると計10皿で構成。

2016-07-21 12.57.13

ごどうふは胡麻豆腐の胡麻なしのようなもの。ネットリした粘りとモチモチの弾力があってかなり美味しい。ゴマだれでいただく。ソースのかかった揚げ物はごどうふのフライ。有田焼の食器を愛でながらいただく手作り感溢れるランチに大満足。

お店の外には有田焼仕様のミニクーパも停まっていてとても楽しい。

2016-07-21 13.51.28

*人間国宝の井上萬二氏が作る白磁を見ることが今回の目的で一切の加飾がなく端正でシンプルなんだけど柔らかで暖かみがあって凛とした風格のようなものがすべての作品からオーラのように出ていた。これぞ日本の白磁といたものばかりでうっとリと時間の経つのを忘れるくらい見とれてしまう。いい時間でした・・・

佐賀県西松浦郡有田町本町乙3057番地
0955-42-2952

ギャラリー有田カフェ / 有田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 九州地区, カフェ, レストラン |