住吉大社

栄来軒 10月

住吉大社近くの60年続く老舗大衆中華。忙しいときにさっと立ち寄っていただくヘビーユースさせていただくお店。夜は特別なコースをリーズナブルな価格で提供いただけるので社員ミーティングのあとの懇親会によく利用させていただく。
すぐ近くにチンチン電車の駅やコインパーキングもあるので地の利もとてもいい。

ランチタイム専用の焼き飯のハーフとラーメンのセットいわゆる半ちゃん定食750円を所望する。。
半ちゃん定食はどこにでもあるけどこの店の商品はかなり上質。ラーメンはしょうゆと塩が選べるがこの日は醤油にする。

最初に醤油ラーメン登場。昔ながらのたたずまいは高貴なオーラを発する。

スープは鶏ガラで丁寧にとられ脂や濁りの全くない澄み切った仕上がり。塩分は少なめなのでとてもいただきやすい。醤油のくどさや角もなくてマイルドな感じ。麺は縮れ系の玉子麺。とても食べやすくてスルスル入る。チャーシューもそこらにあるレベルのものではなくしっかりと底に甘味が付いてあって醤油で炊いた途中で味の変わるスペシャルなもの。チャーハンにこれが入ると尋常ではない旨味が御飯とともにいただける。

麺をいただいた頃にチャーハンが登場。

2014-10-24 12.33.10

残ったラーメンのスープとともにチャーハンをいただく。
何度もテレビや雑誌で取材を受けているのかに焼き飯は缶詰や冷凍ではなくボイルしたずわい蟹を丁寧に竹串で身を取り出して作るこの店のスペシャリティ。何を食しても上質な大衆中華。期待した以上の味にいつも敬服する。60年続く大衆中華の名店ここにあり。

大阪市住吉区東粉浜3-29-5
06-6678-8807
11:00〜14:30 17:00〜21:00
定休:火曜


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, 中華料理 |

懐石料理徳 住之江本店

私どもの経営する住之江の和食店。夜は完全予約制なんだけど昼間は2時間のランチを提供。秋のランチメニューの新作を抜き打ちで試食。海鮮丼ぶりなんだけど出来るだけ上質なものをということで若手調理師と何度も協議を重ねてやっと完成。

2014-09-19 12.10.36

東北産のサイズにこだわった蒸し鮑、沖縄産の車エビ、北海道産のいくらと雲丹とずわい蟹、中トロ、鯛、縞鯵は愛媛産、白身は岸和田港で水揚げされたものを日替わりでこの日はヒラマサでした。

その他、口直しに錦糸卵にしめじ、長芋などこれに鯛のあら煮と吸い物が付いて税別1780円。食していただければ充分の価値はあると思う。

詳しくはこちら

*本日から一週間海外出張で日記お休み致します・・・

10月1日より再開します。。。


カテゴリー 北加賀屋, 住之江公園, 住吉公園, 住吉大社, 和食 |

川勝 9月

今朝、新聞でニホンウナギの資源保護管理のため「ウナギ養殖稚魚2割削減」「日中台韓で国際管理組織を設置」と言う記事をみて、これはそのうち鰻が食せなくなるなと感じ、本能的に地元の創業60年の表記の鰻店で蒲焼きを食す。

現在、国内生産が1万4000トンで輸入が1万8000トンとほぼ中国と台湾からの輸入のほうが多くなっている現状である。マグロのように完全養殖が出来ないために稚魚が減少したら自然と供給量が減るのは自明の理であり現在稚魚の供給量と反比例して価格はどんどん上昇している現状である。

今回の養殖規制と資源保護管理がどのように関係するのかイマイチよく理解できないが世界の供給量の7割を消費している日本の鰻の流通量は確実に減るであろう。

と言う話は置いといて・・・・

店は住吉大社の北側に沿った西行きの一方通行の道路上にある。大きく回り道しないとたどりつけない閉鎖立地にある。住吉大社前の駐車場に車を停めてあるくのがわかりやすい。

お店はカウンター5席、4人掛けテーブル2卓のみ。鰻重をいつもいただくんだけど一番廉価な1200円も魅力的だがこの日は奮発してミドルレンジの1600円の特と呼ばれるものを頂く。(その上に特上と呼ばれるものもある)世の中の相場と比べるとかなりお得である。ビジネス街だと2倍近くする気がする。

2014-09-17 13.42.06

三重産の鰻は江戸焼きのなので口に入れるとふわふわして口の中でとろけるような口溶け感がある。まったく油っこくなくててするすると喉を通る。昔はギトギトして濃い味の鰻が好きだったんだけど最近はあっさりしたこの店のようなものが口に合う。タレも関東風で薄めで私にはちょうどいい塩梅で御飯にもよくあう。

茶蕎麦の入った肝吸いも上質。長年続く店はやっぱりいい。このままずっと変わらずに存在されることを強く希望する。。

大阪市住吉区住吉2-4-14
定休日:土曜日
電話:06-6673-7572


カテゴリー 住吉, 住吉大社, |
20 / 51« 先頭...2021...40...最後 »