住吉公園

芦生

なんばこめじるしから住吉区にある粉浜商店街の近くに移転された標記の蕎麦店を1人で訪問。こちらの名物は「寒ざらしそば」というもので秋に採れた新蕎麦を、冷たい清流に浸し、それを天日と寒風に晒しながら乾燥させたもの。

店内は5席のカウンタ−にテーブル席が2つ、店の真ん中に大きなテーブルがあって相席で12人が座れるようになっている。店内はジャズがかかって雰囲気はいい。

最初にビールと西崎ファームという所で飼育した鴨の葱焼き780円を所望。無投薬の放し飼いという事だけど味には影響なし・・・

辛口の日本酒を所望して一緒にいただくといいマリアージュを感じる。 

待ちに待った大きな器に入った寒晒し蕎麦1370円は太目の麺線でかなり短め。10割なのでよく切れていて啜る感じではない。汁が甘めなので塩のみで頂く。

舌触りは良くてモチッとした食感。甘味もしっかりあって噛めば噛むほど味わい深くなる。風味も良くて透明感のある清らかな味わい。一口食べて噛み締めながら日本酒を頂くと蕎麦の旨味がより感じる気がする。世間にはあまりない蕎麦の味わいに舌が喜ぶ。

蕎麦湯は普通だけどそれも又良し。

大阪市住吉区東粉浜3-27-18
06-6615-9980


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, 蕎麦 |

いづもや 8月

住吉大社徒歩2分にある表記の鰻店を久しぶりに訪問。チンチン電車の阪堺線と上町線の交差する住吉(昔は住吉交差点と言っていた)という駅の真ん前に位置する。近くには洋食の「やろく」、大衆中華の「栄来軒」、最近お気に入りの「Wa cofee」、お好み焼きの「白樺」、江戸焼き鰻の「川勝」などの名店が集積する地域。

こちらも創業からは65年以上となる地元の老舗店。 味のある白いのれんと軒先から匂い立つ鰻の煙が目印。店の中はカウンター4席。 歪んだテーブル席4人がけが4つ。照明は暗め。。店にはいると昭和にタイムスリップ。独特の個性的な壁、レジの棚、黒電話、裸電球など見どころは満載。

鰻丼の価格はなんと600円・800円・1000円・1500円・2000円。。普段は「特上」と表記される1000円のものを所望するんだけどこの日は奮発して1500円のものを頂く。2000円のものは鰻が1匹入る。壁に貼られた値札もなかなか味のある字である。肝吸いは200円。お母さんの接客が温かくてとてもいい。

出てきた鰻丼は直火で焼き上げる関西風地焼き。焼き過ぎの感もあるけどそれはそれで問題ない。柔らかめのご飯と角の取れた甘めのタレが口によく合う。肝吸いの肝もたくさん入っていて食べ応え満点。鰻がなくなればお店は終了。

お店のすぐ隣りにコインパーキングあり。住吉の名店の一つです。。。。

大阪市住吉区東粉浜3-29-1
06-6671-2768
定休日:水曜日


カテゴリー 住吉公園, 住吉大社, |

梅よし

住吉大社にお参りに行ったあとで鳥居から徒歩30秒の場所に位置する表記の食堂を訪問する。私が子供の頃からずっとあるお店で多分創業は昭和34年くらいと前に聞いたことがある。4代目のご主人とご子息と奥さんの3人でされている。店の前にはチンチン電車の駅があって風情も満点。店の前の看板にあるように主力はうどんと丼。

しかしながらこの店の特徴は他店にはないユニークなメニューが沢山ある。たまに訪問すると新作があったりしてとても楽しい。

世間によくある「親子丼」「他人丼」はもとより「引き分け丼」は親子丼と他人丼をあわせたもの(牛肉・鶏肉・玉子)。「みうち丼」は他人丼とカツ丼をあわせたもの。「イカツ丼」はイカの天ぷらとカツ丼を合わせたハイブリッド型。気まぐれ丼はイカツ丼と引き分け丼をあわせたもの・・・合わせまくると無数にメニューが出来る気がするんだけど・・・

そして新作が焼きそばと焼うどんがミックスされた「梅よしのちゃんぽん焼き650円」界隈の和菓子屋が提供する「縁起焼き」と言う中に餡子が入った焼き饅頭をうどんにのせた「縁起焼きのもっちもちうどん500円」が登場。恐いもの見たさもあったけど新作は次回にして今回は「イカツ丼」を所望する。

名前通り以下の天ぷらとカツの入ったパンチのある丼が着丼。少し味は塩辛いけど許容範囲内。見るからにカロリーの高いランチとなったのでご飯を少し残させて頂く。お店はかなり古いけど掃除が行き届いていてとても清潔。四方山な世間話をしながら丼を頂く夏の午後でした。友人が中華うどんがおいしいと前に言っておりました。

大阪府大阪市住吉区長峡町5-2
日曜休み


カテゴリー 住吉公園, 住吉大社, どんぶり, 麺料理 |
1 / 6512...20...最後 »