住吉公園

ふぉーす 6月

最近ヘビーユースする地元のお好み焼き店。昭和の伝説のお好み焼き店「たこ八」で修行をされ店を任されていた方が経営されている。食材もほぼ昔のまんまという事でふわふわの生地の上にどっさりと具が乗ったごちそう感満載のお好み焼き。

2014-06-09 19.30.59

いつものように3杯分入っているメガビールを所望してイカの塩焼き450円をお願いする。海老も好きだけどイカタコも大好物。。

2014-06-09 19.41.46

大きな紋甲烏賊がたっぷり入って食べ応え満点。大島優子の卒業式を見ながらリラクゼーションモードに入る。

2014-06-09 19.34.27

たかみな「卒業したら戦友じゃなくて親友になってください!」
優子「いやです〜」
優子「親友になるのは嫌。戦友は高橋みなみしかいないもん」

優子「AKB48は、私にとって宝物です〜」

泣けた・・・・

2014-06-09 19.49.33

お好み焼きは生の帆立貝柱に豚肉を乗せたものを所望。冷凍の貝柱は加熱すると水が出て小さくなってしまうがこの店の食材は確か。お好み焼きの下にキャベツを敷いて焦げないように配慮。

店主お若いんだけどお好み焼きを焼いて25年のキャリア。無駄な動きのない鉄板テクニックと妥協を許さないより美味しく食べて頂こうと言う気持ちがダイレクトに伝わる。

2014-06-09 19.50.16

出来上がってから食べやすいようにカットしてくれるんだけどコテさばきが美しくてお好み焼きがほぼ潰れない。。

生地はふわふわでとても軽い。いくらでも食べれそうな食感。一日冷蔵庫で寝かすのが秘訣と言っておられた。あとキャベツは劣化を防ぐ為に切り立てを使用。カットしたものはナイロン袋で保管。このキャベツのこだわりが美味しさの秘密。特に焼きそばではキャベツを切ってからしばらく置いたものとは格段の味の差があると聞く。

他店だったら1800円くらいするであろう内容。だけどほぼ半額。。私がここ数年で一番美味しいと思ったお好み焼き屋さんで会社帰りに時間があればふらりと立ち寄る事が多い。

2014-06-09 20.06.11

大島優子の卒業式が終わらないのでメガ酎ハイも所望する。いい具合に酔いもまわりテレビに釘付け状態。

これからのAKBは誰が引っ張って行くのかなと考えながら飲む。やっぱ渡辺麻友かそれとも躍進中の松井珠理奈なのか次世代センター候補の島崎遥香なのか・・・

2014-06-09 20.07.20

お好み焼きはどれもが良心価格。オーナー一人でされている賜物。原価率は恐ろしく高いと思う。焼きそばも具がゴロゴロ入っていてお勧め。

2014-06-09 20.19.03-2

酎ハイに合うアテをお願いしたら裏メニューのキノコがたっぷり入った野菜炒めを作ってくれた。しめじ、エリンギ、エノキ、人参、玉ねぎ、キャベツ、葱、もやし・・・すべて火入れを計算して材料を投入する。キャベツは食感を変える為に2回に分けて焼き込む。軽い塩味でマヨネーズとつけると味が膨らむ。ありそうでなかった健康メニュー。これが素晴しく美味しい。。

私がこのメニューを「お好み焼き屋のまかない」と命名する。。動物性タンパク質が入っていないのがいい。値段は破格の550円。身体にいいよこれは・・・・裏メニューなので注文するときはこそっとお願いしてね。。。

大阪市住之江区浜口西1-13-7
電話なし
近隣にコインパーキングあり


カテゴリー 住吉公園, お好み焼き |

邯鄲小吃館 (ハンダンショウチュカン) 5月

住吉大社と中国に一番近い店といわれる会社帰りに友人とヘビーユースする中国家庭料理のお店。

お店の場所は国道26号線の浜口という交差点の北西交差点のサーフショップの横。お店の見た目はかなり怖い。普通の人は入らない。。というより入れない。

この日は支店の若手調理師を本社に集めてミーティングをしたあとの会食。6人以上で食す15品からなる一人3000円のコース料理がお勧めなんだけどこの日は羊肉をガッツリ食べようと言う趣向。

DSC_0063

まずはビールで乾杯をして冷菜をいくつか頂く。なすびの冷菜。。どうやって作るのかは全くわかんないけどさっぱりして美味しい。

DSC_0064

湯葉とセロリの和え物。これもビールにとても良く合う。シャキシャキのセロリが暑気を払う。

DSC_0065

砂ずりをボイルして黒酢で和えたもの。素材が新鮮なのと調味液の塩梅が絶妙。香菜もいいアクセントとなっている。

DSC_0068

青梗菜を生で食す。こういった食べ方もあるのかという事で目から鱗状態。味噌をつけて食すとまたまたビールが進みまくる。

DSC_0071

ここで肉の登場。。オーストラリア産と言っていた。中国では羊の焼肉が普通らしい。これを鉄板でジュージュー焼きまくる。

DSC_0075

柔らかいロース肉。塩と唐辛子、クミンをぶっかけて食す。それぞれ掛けすぎるくらい掛けるのが秘訣。。タレなどは不要で柔らかくてとっても美味しい。クセは全くない。美味し過ぎて肉をお替わりしまくる。

DSC_0078

生のベビーコーンは一本100円。湯がくととっても美味しい。。青臭いけどこれはこれで初夏の味覚としていい。

DSC_0082

口直しはトマトの砂糖掛け。シロップで一度トマトを洗って砂糖をかける。水分がでなくなる工夫。サッパリしてとっても美味しい。

これらの料理を食して飲み物入れて一人3000円くらい。強烈なコスパに皆驚きまくり。大人の中華料理に皆満足なり。

大阪市住之江区浜口西2-11-18
06-6678-3078
営業時間 13:00-23:00
定休日 木


カテゴリー 住之江, 住吉公園, 中華料理 |

漠漠楼

住之江区の新北島にある本格中華料理。住之江公園駅から徒歩5分。ランチが8種類くらいあってしかも小さいながらも駐車場もあって本格的で安くて美味しい食事が出来るのでたまに利用させてもらう。

店の名物でもあり個人的に疲れを感じたときにいつも頂く麻婆豆腐をこの日も所望する食べる。

なじみの北京出身の美人マダムにいつものように拉と麻を効かせてせていただくようお願いする。今日は「特別バージョンいっときますか」と聞かれたので「好!」と答える。

2014-05-13 11.43.46-2

麻婆豆腐が出来るまで前菜を頂く。いつもおなじみのもので表面がカリッとして飴のような餡がかかった肉団子なんだけど中がふんわりしているのと酸味と甘さの加減がとってもいい。見た目よりもサッパリしているのにいつも驚く。大根餅もとてもいい。

セルフで頂くこの店の半透明のスープも鶏ガラなんだけどかなり旨い。
こちらのお店の調理師は特一級厨師と聞き及ぶ。中国の調理師の国家資格の最高位で中国全土で12人しかいないって聞いた事あるんだけど日本には何百人もいてるような感じ。

2014-05-13 11.54.54

そして麻婆豆腐登場。ビジュアルも真っ黒で真っ赤。かなり気合いの入った感じ。

一口頂くと豆板醤、甜麺醤の辛さ、甘みや複雑な味わいが脳天にガツンと来る。「ちょっとやり過ぎちゃうんか!」と心の中で叫びながら御飯をかき込む。あとから麻のしびれが口から三叉神経を通って前頭葉を思いっきり刺激する。ここまで来たら味がわからなくなる。頭もぼんやりとしてきた・・・と思ったら頭の毛穴が「バーン」と開いて汗が吹き出る。

御飯をかき込むんだけど辛さは和らがない。スープをお替わりして飲んでも効果なし。ここまで辛くて痺れる麻婆豆腐は生まれて初めて。でも美味しい・・・中国花山椒恐るべし・・・

頭から流れる汗で顔はベトベト。ティッシュで拭いても汗が吹き出る。凄い体験をさせてもらってるなと感じながら意識が遠のく。

途中でマダムが席にくるんだけどそこでは笑いながら「很辛苦 」「舌头麻木」「我吃了这个痛苦的第一次麻豆腐」と片言の中国語を使って余裕で返す。

半分いただいたら限界を感じてきたけど残したら悪いのでスープを入れて麻婆豆腐のスープ割りを作ってみた。でも食べてみたらあまり変わらぬ辛さ。。最後まで食したときは登山での山頂を見た気分であった。

「请回来」といわれ店を出る。。 この夏は何度か通いそうだな。。クセになるな・・・

大阪市住之江区新北島1-5-25
06-6685-8999
11:30~13:30 18:00~23:00


カテゴリー 住吉公園, 中華料理 |
20 / 67« 先頭...2021...40...最後 »