梁山泊

得意先と興福寺の薪御能を見学。 そのあとに奈良でうまいお酒を飲むなら梁山泊 うまい食事をするなら梁山泊・・といわれる居酒屋に突入。 この店は聞くと30年間奈良で名の知られた料理処。 冬は北陸直送の魚を出すなど、旬のものを中心に70種類のメニューがそろっている。 日替わりメニューもあって、料理名を見て、つい頼みたくなるものも多い。 鰻の寝床のような細長い2階建ての店内はかなり古い建物で民家のよう 看板には風流味覚と書いてある。 ryouzannpaku.JPG 片っ端から注文する(左上から) 焼葱の穴子巻き(900円)は穴子の新しさが際立つ、葱との相性も最高。焼酎とのマリアージュを楽しむ 若鮎塩焼き(660円)は解禁前で養殖とはわかっていたが骨まで一口でいけるサイズなので まあ満足これはやっぱりビールだねと納得。 続いてイベリコ豚のアスパラ巻き(850円)はイベリコ豚特有の臭みもなくどんどん口に入っていく ささみチーズ揚げ(680円)もチーズトロトロ、ささみシコシコこれを天汁でいただく。 馬鈴薯の温サラダ(600円)はマッシュした新ジャガを団子にしてとろみアンをつけている これは新たな味わい。。とても繊細すばらしい。 続いての和風シュウマイ(630円)は挽肉の代わりに魚のすり身と卵黄を使ってふわふわの仕上がり。 薄味であるがとても滋味深い。次に賀茂茄子の鳥味噌田楽(780円)は旬の賀茂茄子もめちゃうまいが 鳥味噌がなんとも言えず深い味。これだけで日本酒5合は飲めそう。 付け合せのとびあら海老も名脇役。 お腹いっぱいだがメニューがもっと頼んでと訴えてくるので続いて蛸柔らか煮(850円)を注文 どこでもあるメニューだがどこよりもうまい。 蛸はふわふわシコシコ。柔らかいだけではなく蛸の滋味を充分引き出している。 一緒に小豆も炊き込むのがコツか。 付け合せの茗荷の煮物がこれまた秀逸。 つづいてクリームコロッケ梁山泊風(980円)鮑の殻を使ってふわふわのベシャメルソースの中には 巨大なホタテと海老がかかっているウスターソースベースのソースがクリームとぴったり 大阪の料理店で同じようなものをよく見かけるが絶対ナンバーワンと感じた。 そして桜海老のかき揚げ(600円)とつづき、あとは蓮根の海老はさみ揚げ(750円)竹串に刺さった巨大な焼おにぎり(450円)これは炊き込みご飯で作っている。秀逸・・・・手抜きなし 最後は稲庭うどんの温麺で閉め。お腹超いっぱい。 さすが奈良と唸りながら帰阪の途につく 奈良市西城戸町13  近鉄奈良線近鉄奈良駅より徒歩10分 営業時間 17:00~23:00 TEL 0742-26-2523

風流味覚 梁山泊割烹・小料理 / 近鉄奈良駅奈良駅


カテゴリー 奈良県, 居酒屋 |

じゃぱにーずかふぇ和公

当社が経営する東大阪市東豊浦町、生駒山のふもとのひらおか公園の中にあるグリーンガーデンひらおかという市の公共施設にあるカフェレストラン。4月から施設全体を運営する事になり急ピッチで施設の改装や新たな企画の立案を進行中。 http://www.cafe-wako.jp/ カフェのメニューも新商品をいろいろと投入。地元の産みたての卵を使った「新鮮親子丼」や極太ジューシーソーセージをセサミパンではさんだ「ばりうまドッグ」、地元の契約農家の無農薬野菜を使った 野菜カレー(800円)はいまや定番。シェフ湯藤太がしっかりと手づくりしたキーマカレーの上に たくさんの野菜と玉ねぎチップがいっぱい。いつも出したときに歓声が上がります(笑) 付け合せのピクルスももちろん手づくり。これだけをビールのアテにというお客様も多いです ほんとにおいしいよ。 yasaikare.jpg ハイキングの帰りに大人気なのはビールセット(1000円) キンキンに冷やしたグラスに丁寧に入れたビールとあて6種類はすべて手づくり。 胡麻豆腐に枝豆、鴨ロースに、筑前煮などお酒が進む事間違いなし・・・ bi-ruseto.jpg 6月から「よもぎ湯」始めます。 大阪平野が一望できる展望台や10万株のあじさい園を見て帰りにお風呂とテラス席で美味しい食事 最高の時間を過ごせます。みんな一度来てね。


カテゴリー 東大阪市, カフェ |
1 / 11