2007年09月

グリーンガーデンひらおか

姉妹店のカフェわこうで昼食http://www.cafe-wako.jp/index.html シェフ湯藤太の作る地元野菜がたっぷり入った玄米カレーは人気抜群。 石切にある農園と契約しておいしい野菜をいっぱい使っています。 キーマ風のカレーは時間がかかるけど お客さんの喜ぶ顔を見るととてもうれしいといっている。 自家製ピクルスがついて800円はかなり安いと思う。 kare000.jpg 夏からはじめた親子丼は八尾の養鶏場の産み立て地卵を使用。 とろとろのふわふわに仕上げた卵(企業秘密)に山椒と生姜の甘酢つけが 口直しにぴったり。もちろんご飯は玄米です。 これに具たくさんの味噌汁がついて600円とは。。 サービスしすぎてつぶれる前に早く食べに来てちょ。 oyakodon000.jpg


カテゴリー 東大阪市, カフェ |

清水

天神橋の最近あちこちでよく聞く越前そばの店。 昼間に突入。カウンター7席。テーブル2つ。店は店主と若い男性の2人でやっていた。 おにぎりつきのサービスランチがあったりのかなり大衆むけになっている 店の雰囲気はザ・食堂って感じ メニューも豚ざるとかカレーそばがあったりとちょっといかんかなと思いながら 注文をする。蕎麦は六割と二八とがあり、蕎麦粉の使用比率を意味しているらしい まよわず一日10食限定の10割蕎麦を所望する このそばの特徴はすべてぶっかけで湯がいている間にジューサーで辛味大根を つぶして辛味大根ジュースを造りそれに出汁を足して湯がいて冷やしたそばにかけるって言う なんともびっくりの蕎麦でした。 食すと辛味大根が辛いことしかしながらあっさりさわやか・・・これも再びびっくり。 大根汁まだまだ足せますよとのこと。 今日の大根はまだ辛味が足りない。もう少ししたらもっと辛いのが長野から届きます とおっしゃっておりました。そばはアルデンテの太目のごつごつ田舎系。 今ひとつ蕎麦の香りが感じられなかったが この辛味汁のインパクトでもう参ったって感じ。 ジアスターゼ効果で一日おなかの調子がよかった。体の疲れも飛んでいく感じもする。 これも癖になりそう 大阪府大阪市北区北区天神橋6-1-? TEL       06-6881-4222 営業時間   11:30~14:00(夜 17:00~20:00)          日・祝は11:00~19:00 定休日     月曜日 soba.jpg

清水そば(蕎麦) / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 蕎麦 |

百十

難波パークス南にあるなんばこめじるしのもんじゃ焼き店。 本店は長居の商店街にある。 開店直後だが長蛇の列。 実は私は生まれてこの方初もんじゃ・・ 早速注文はお勧めのももじゅうスペシャルを所望する。 しばらくして若い店員が鉄板の上にごま油を引いていざ勝負・・・ 中身はベビースターラーメン(食感よし)ゲソ、蛸、えび、大きな貝柱、コーン、もち、豚、チーズと具沢山 これを具だけ焼き焼きして刻みまくってそれをドーナツの形に広げてその穴に秘伝のだしが入る。 ここまで流れるような作業でつい見とれてしまう。このだしは鶏ガラと玉ねぎ、セロリ、赤ワインなどを入れた洋食のスープのようなものらしい。アルバイトの店員も聞くと硬く口を閉ざす・・ しばらくしてその出汁と生地をぐちゃぐちゃに混ぜ合わせ薄く延ばして 端っこから小さなこてで食べるんだけどちまちまして非常に食べにくい・・・ コゲを食べるとは○ンになるでとか。出来上がりがゲ○のよう。とか店員に言ってていたのだが店員が食べ方の説明もしてくれる。かなり親切。しかしもんじゃ焼を食べるのはやはり難しい。お好み焼きと違ってわざと焦がしてコテに生地をくっつけて食べるのだが外国人がみたらきっとびっくりすると思う しかしながらいつものように食べ進むうちに結構はまることに気づく。 お酒もすすみまくり。 monnja1.JPG 途中でどてねぎ玉もんじゃをついか。 ほんのりと白味噌の味がしっかり味がついたすじ肉、こんにゃくにナイスマリアージュ。 monnja2.JPG この店は癖になるぜ。 百十 電話 : 06-6644-2937


カテゴリー 難波, 鉄板焼 |
1 / 212