2008年04月

Revo 2

先日ランチで訪れた西成区役所横のRevoに再訪する。 今回は時間をとって気合を入れての訪問。 revo2.JPG 最初に前菜で岩がきのポン酢。かなり上質であることは見ただけでわかる。 ビールと共に次の出来上がりを待つ。 まずは名物の「黒毛和牛塩タタキ(バラ)」(1980円)。塩加減がビールとぴったり。 もっと赤身かと思ったがかなりのサシにびっくり。次回はヘレ肉のシャトーブリアンでもタタキが出来るとのことで楽しみとする。 続いては「黒毛和牛スジのポテトコロッケ」(500円)スジ肉のコリコリしたのがジャガイモの甘味と ソースの旨さとが絶妙のバランス。 続いて名物の塩とんかつ。生肉に塩を刷り込んでいるので(多分・・)少しからいとかんじる人もいるかもしれないが水分が抜けて旨みが濃くなっているのは確実・・豚肉の甘味もしっかりと感じられる。 普通にソースの代わりに塩を掛けてるだけと思っていたが。。 これまたビールが進む。まさに「ぐぅ~」と思わず叫ぶ・・ つづいて先日感動した「黒毛和牛100%のミンチカツ」(650円) 塩のみで食べるミンチカツとデミグラスソースで食べるミンチカツが一つずつ。 ゴリゴリした肉の食感とたまねぎの甘味とが渾然一体となり またカツの揚がり方もカルビーのポテロングよりパリパリで思わず陶酔してしまう。 このあたりでおなかがいっぱいになってきたが 続いて海老クリームコロッケを所望する。ここの店主のクリーム使いには定評があると聞いた。 大きな海老がごろごろ入り、いただいた麦焼酎ともぴったりのマリアージュ。 その次は「黒毛和牛ロースのサービスステーキ」(1980円) 丁寧な仕事のせいかかなり柔らかで味もコクも深く和牛を食べてるって感じが口の中に広がる 体から黒い毛が生えてしまいそうなくらいいただく。 締めは毛がにのパスタ1800円。大きな毛がにが半分入ってかに味噌満タン ソースは超濃厚なカニのエキスが出まくっていて クリームとカニが混ざり合ってパスタと絡み・・・こんな旨いパスタは初めて食った。 どうすればこんなにカニになるのかが不思議 フランスパンを注文して激ウマカニクリームソースを付けて食べる。4枚くらい一気に食べてしまう。 お皿がピカピカになるまでキレイにいただきました。 気がつけば2時間食べまくり。 帰ってみると服は油の匂いしまくり。 体全体がとんかつになった感じ・・ 体重も朝から2キロ増えていた 夜中にミンチカツのげっぷをした。一口で2度美味しいとはこのことだろう・・・・・ 一度行ってみて。(予約してね・・) たぶん脳の中枢神経がやられて「ギャル曽根」状態になっちゃうよ。


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 洋食 |

Revo

いろんな方から紹介いただいていた黒毛和牛にこだわる洋食店 西成消防署の真裏にあり天下茶屋駅下車1分。 8年位前からあるが黒毛和牛にこだわったのは最近らしい。 それ以来昼夜共に大繁盛。少し価格は高いかと思ったが内容と比べると絶対にお得。 塩とんかつが有名らしい 少し早めのランチタイムとする。 とんかつは次回においといて日本一旨いとうわさされる黒毛和牛ミンチカツ1000円とマルシン(肉の部位の名前)ビフカツ1800円をいただく。 ミンチカツは塩(たぶん岩塩)がかけられたミンチカツ一つとデミグラスソースがかかったのが二つにレタスとキャベツとトマト添え。 まず塩がかけられたミンチカツを頂く。 ナイフを入れると肉汁があふれ出しミディアムレアな状態の肉のうまみが咥内にいっぱいとなる。 たぶん手切りしているであろうミンチの荒さはボロボロと崩れるくらいで半生状態 肉の旨みがダイレクト爆弾。やられたって感じ 想定していた以上の内容でかなり感動しました・・ 黒毛和牛のカツは赤身であるがとてもやわらかく、肉のうまみが大変美味しく 感じられた一言で言うと「やわらかうま~」って感じ・・ デミグラスソースも個人的に好みの味。塩ミンチカツと共に最強のビールのあて 夜のメニューもかなりある 再度訪問を誓う revo.jpg 住所 大阪市西成区岸里1-3-21 TEL 06-6652-9536 営業時間 12:00-14:30 17:00-23:00 月曜定休


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 洋食 |

五源大喜 (春)

昭和町に有る4ヶ月先まで予約の取れない・・とされる串揚げ店。 好みのものを好きなだけ注文できリーズナブルなのが魅力 難を言えばおいしすぎて途中で中枢神経が壊れてしまい際限なく注文してしまうこと キャンセルが出たという知らせに突入。 この季節ならではのメニューがうれしい ソラマメに超太いアスパラ、内臓の苦味がビールにぴったりの稚鮎。 脂のよく乗ったサーモンはタルタルソースで。富山産の白海老は食感も香ばしく 下味のついた筍は水分が抜けて揚げ物にぴったり 蛍烏賊はおいしすぎて写真を撮るのを忘れる パン粉は生パン粉とブレンドパン粉をあわせ粉には秘伝の調味料が入っているらしい (私的にはこれはビールであるとみたが・・) 脂はヘッドと植物油と少しのごま油らしい gogenntaiki.JPG そのほかにも車えび、牡蠣、牛肉、豚肉、レンコン、醤油で食べる餅、チーズ、味のつけられた牛蒡 肉で巻いたシメジ、豆腐、これも下味のついたこんにゃく、山芋、銀杏5本、 たこ、烏賊など大食い大会のようになってしまった・・・ カウンター15席は普通は2ヶ月、土日は半年の予約まち。しかしお店の方は気さくでリーズナブルと 串カツの王道をしっかり守っている・・ BGMのジャズもかなりいいよ http://homepage2.nifty.com/gogendaiki/ 大阪市阿倍野区昭和町1-9-21 ℡:06-6629-4576 地下鉄御堂筋線「昭和町」駅1番出口すぐ


カテゴリー 昭和町, 串料理 |
1 / 312...最後 »