2008年06月

UDONLIFE うれう

偶然見つけたうどん店 毎日粉の種類を変えているらしい。今日は伊勢響という品種。注文のたびに製めんをして 10分くらいゆがいて川で洗濯をするように麺を洗って冷やして・・・ 見ているだけでもかなり大変な作業。 冷かけのセットをいただく。 udon.JPG 出てきたうどんはぷりぷりしてもちもち。このモチモチ感が伊勢響の特徴らしい。 硬いだけの冷凍めんとは大違いでグニュッと伸びる感じもあるし 伊勢うどんのようにプチプチ切れる感じもなく 腰があればよしとういう風潮を覆す出来。塩の抜き方もかなり良く個人的にはパーフェクトのような気がする。 ダシはかなり薄い。まるで懐石料理の吸い物のよう。それにいりこが若干利いた感じ。 麺に負けている感じがするがこれはこれで麺を食べに来たと思えば納得。 醤油は白醤油を使っているのか少し塩分が多く感じる。 細麺で一度楽しみたいと思う。すればもっとなじむと感じた。 この店まだまだ進化しそう。 店名:御馳走 UDONLIFE うれう ●住所:大阪市西成区玉出中2-13-23 ●営業時間:11:30-15:00 17:00-22:00 ●定休日:未定


カテゴリー 玉出, 塚西, 麺料理 |

BOSTON (ボストン)

昭和町の北西交差点にあるハンバーグ店 最近なんばシティーにも出店・・・らいい 昭和27年創業らしいがあまり記憶がない。どこか別の場所でやっていたのかな 注文はボストンチーズハンバーグ1030円 最初に大根が入ったミニサラダとデミタススープが出てきてそのあと 鉄板に乗ったハンバーグが登場。肉汁もたっぷりで普通においしい。 特徴は肉がかなり締まっていることかな。つなぎが少ないのねたぶん。 鉄板の上に一緒に出てくるデミグラスソースもあっさり系。 隣の席のスープハンバーグ1080円が気になって追加する。 見た目はすき焼き風。スープは和風な感じ。豆腐がいい味を出して肉吸いのよう。 うどんを入れれば世界初の「うどんハンバーグ。」これ絶対にいけると思うのは私だけか・・・ bosuton.JPG ハンバーグレストラン BOSTON(ボストン) 住所:大阪市阿倍野区阪南町1-50-4 TEL:06-6625-0050 営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00 定休日:毎週月曜日と第1、第3火曜日

BOSTON 昭和町本店ハンバーグ / 昭和町駅文の里駅松虫駅


カテゴリー 昭和町, 洋食 |

五源大喜 (夏)

昭和町の串揚げの名店。またまたキャンセル発生とのことでいそいそと出かける。 昼間はジムワークで汗びっしょりになり減量したかと喜んでいたが・・ 生ビール2杯といつものように怒涛の注文。 満腹中枢を狂わせる魅惑のメニュー表。どうしてこんなに食べれるのか自分でも不思議。 南京やアスパラやなすびなど普通のものがとてつもなくうまい。 写真は左から極太のアスパラ、お腹の苦みがたまらん生きた稚鮎、季節物の鯵はミョウガをはさんで。 ハマグリもばりうま、生きたあまごもこれまた旨すぎ。アンペイもふわふわで串カツに合うこと・・ そのほかにも活はもや一寸豆など季節物すべて制覇。 gogennnatu.JPG 4年越しに森伊蔵が酒屋から入荷したということで早速所望。 ロック一杯750円での販売。なんと正直な商売をすると感心する。 自分の幸運にも感心(笑) 後のお客さんに気を使いながらお代りをいただく・・ そのあともクルマエビ2本、蟹爪、牛肉、豚肉、レンコン、イカ、豆腐に貝柱、餅に銀杏4本、こんにゃくと胃がちぎれそうになるまでいただく。 お代は飲んで5000円。隣の客が次回の予約をして帰った。一番の直近で2009年の2月15日だった。 安くて美味くて偉そうじゃなくて親切でゆっくりできて・・・飲食店の鏡のような店。 ファンクラブを作りたいくらい。 http://homepage2.nifty.com/gogendaiki/


カテゴリー 昭和町, 串料理 |
1 / 412...最後 »