2008年11月

山女庵

11月15日は本州の猟の解禁日。 その日から一週間三重県の山にこもって雉、鹿、猪、キノコを捕りに行かれる 私が飲食店業界で最も敬愛する店主が自ら包丁を持ちおもてなしいただく究極のレストラン。 店内は大きな囲炉裏が2つありそれを囲んでひょんなことで知り合った「生まれる前から不眠症」のイケル氏とご相伴させていただく。 前菜はナマコポン酢とアミ茸の酢の物。コリコリと歯触りも良くなんともいえない風味豊かな味わい。 これだけでまずビール一本行ってしまう。 zennsai8.JPG 続いて登場鹿の刺身。2日前に撃ったところという雄鹿の心臓と肝臓と肉の盛り合わせ。 これをゴマ油でいただくのだが全く臭みなし。。癖もなし。。 レバー苦手だったのだが全く平気。めったに食べれないものをいただく喜びに心が震える。 鹿肉もホントにあっさり。いくらでも口に入っていく。。 sasimi8.JPG 続いて囲炉裏で焼く下仁田ねぎとスギタケとめざし。 ここから焼酎をいただくがそこらに転がっているものを適当に飲むシステム。 しかしお酒にもこだわりがあり、しっかりした味に深みのある焼酎が相性ぴったり。 yakimono8.JPG 下仁田ねぎは真っ黒に焼きまくる お店は日本昔話に出てくる民家のような設え simonitanegi.JPG 焦げたところをはがすととろとろの味わい深い逸品となる。 こだわりの塩でいただくと幸せを感じる。 negi2.JPG 続いて出てきたのが鹿のアバラ肉のボイル。これも秘密の塩をつけていただく 全く臭みもなく見た目よりもあっさりしている。しつこくないのでバンバン食べまくってしまう。 こんなに柔らかい肉とは思わなかった。牛肉より豚肉より好きかもしれないと実感。 ここで店主ワインを出してくれて大サービス。 何本か飲み比べて気分は山の中の別荘気分。いつの間にか店主と一緒に酒盛りを始める。 猟の話や鹿の話などいろいろな話題で盛り上がる。 sikaboiru.JPG 続いて鹿ステーキの登場鹿は脂肪分がほとんどないのでバター焼きにする。 塊のままかぶりつくと山賊になった気分 バリうま~。。。柔らかくて肉の味がしっかりして牛肉よりも癖がないと言えるくらい。 sikaniku.JPG 焼き上がりの写真。。。 sikaniku2.JPG メインディッシュはボタン鍋。世間で見るようにスライスしたものではなくぶつ切りにしたイノシシがごろごろ入っている。途中で白くて大きなキノコを入れたら汁の味が一変。。イリュージョンのような料理にびっくり。ご主人の話もごちそうだし腰を据えて楽しい仲間とワイワイするのはぴったり。 予算はご主人に聞いてチョ。飲み物も含んですべてインクルーブした値段は聞いて驚きの破格値。 商売っ気のないお店の運営にいつも感心してしまう。 西成という穴場に大阪で1,2を誇る名店と私は確信する。。。予約取れなくなるんでここだけは人に教えたくなかった。。。。 botannnabe.JPG ここでジビエ食べたらフレンチいけなくなるよ。。これ絶対間違いなし。物が基本的に違う・・・ 夏の天然のうなぎも秀逸。。。 天然鳥獣山菜魚料理 山女庵 http://www.yamamean.com/


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 和食 |

ニューライト

アメリカ村の老舗洋食店。 TVや雑誌とかでもしょっちゅう出ている有名店。 堂々たる店構えは営業しているのか廃墟なのか分からない。 外観のみならず店内も昭和の匂い満載。 椅子に敷かれたもこもこするクッションはなんとも言えない 歴史を感じる座り心地。調理場と客席を分けるガラスもほぼサングラス状態。。 壁には有名人の無数の色紙とよくわからん雑誌がテーブルの下に山積み nyu-raitomise.JPG 名物のセイロンライスはしゃぶしゃぶのスープカレー状。 ほのかな香りが心地よく卵を混ぜると優しい味わいとなる。 隠し味のウスターソースもチープさがいい。 メニューも多彩でラーメンやスパニッシュライス、オムライスなんでもこい セレブ用のビフテキ3300円もお勧めらしい。 家族経営なので親父もいい味を出している。 大阪の不朽の名店ここにあり PB240002.JPG ニューライト 住所 大阪市中央区西心斎橋2-16-13 宝泉ビル旧館1F 電話 06-6211-0720

ニューライト (カレー(その他) / なんば駅(大阪市営)大阪難波駅JR難波駅


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, カレーライス |

桜花

風邪をひいてしまったので天六にある病院にニンニク注射。その帰りに近くのフレンチ発見。 お店の前を通るだけで「この店は旨いオーラ」を感じる。喫茶店のようなつくりだが店内はすっきりと清潔感漂う。1000円のランチはかぼちゃのポタージュ。。普通においしい。かぼちゃの甘みも生クリームもバランスはいい。少し塩気が勝っているようにも思えたがこれは好みか。自家製パンも秀逸。 pann.JPG メインは豚肉のソテーリンゴのベシャメルソースを選ぶ。このソースは生まれて初めての出会い。 リンゴの酸味は火入れでとんでいて甘みが豚肉と相性ばっちり。 これはよく考えたものだと頷きながらいただく。 butaniku.jpg 次回は夜に来店しますと挨拶をして帰る。結構穴場ですね お店のHPはこちら↓ http://www.k4.dion.ne.jp/~ouka/


カテゴリー 天神橋筋六丁目, フレンチ |
1 / 312...最後 »