2009年09月

いづもや 09初秋

私が大阪の鰻はここと知人にいつも紹介しているお店。 阪堺線と上町線の交差する住吉(昔は住吉交差点と言っていた)という駅の真ん前で ずっと昔からかば焼き一本でされている地元の名店。 真っ白けののれんと軒先からの煙が目印でお店の中はカウンター4席。 歪んだテーブル席4人がけが4つ。お店の中も昭和にタイムスリップしたような錯覚に陥る。 年季の入り方が半端やない。。接待するおかあはんのあったかい雰囲気も素晴らしい。 鰻は関西焼きで香ばしくパリっと仕上げていてもちろん炭焼き。。若い店主(といってももうベテランの域だが)の丁寧な仕事はありがちな焼きムラや焼きの甘さも全くなく中はふんわりしていて、関東風の ふんわりした食べ応えのない水臭い蒲焼とは完全に一線を画している。ご飯は独特のやわらかさで(個人的にこんなのが大好き)たれもまんべんなくまぶしてあってしかも甘すぎず辛すぎずで私にとってのベストオブザ鰻どんぶり。。 器とかの見栄えは悪いがきっちりとした仕事も敬服するし、肝吸いもありがちな水臭さもなく、しかも鰻店の吸い物のルールもちゃんと守られており、言葉どおりのええ塩梅である。必ず注文してもらいたいと希望する。 idumoya9gatu.JPG まむし(鰻どんぶり)は600円、800円、1000円(写真)、1500円、2000円とあり1000円のが昔から特上と呼ばれている。私はいつもこれを所望する。2000円のは器に鰻が敷き詰められているのを前に見たことがある。1500円の分は1500円の頂戴!と言わねばならないし2000円のも同様である。 (ちょっとややこしいのだが・・・しょうがない)30代前半の頃、将来出世したらこの店の2000円のどんぶりを食べようと心に誓ったことを思い出す。しかし今だ食べたことがない・・(涙) 600円の分は丸型のまさにどんぶりに入って鰻が2切れでこれもまた味わいがあってよい。個人的にはお勧めである。 住吉大社の参拝の帰りにぜひお勧めの名店。この店はまさに大阪の至宝といえる。 大阪市住吉区東粉浜3-29-1 06-6671-2768 11:30~売り切れまで 定休日 水曜日


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, |

母や

柴崎コウも使っている(らしい)炊飯土鍋「かまどさん」で一躍有名になった窯元の長谷園に営業用の食器を購入するため大阪から1時間半かけて伊賀上野まで。名阪国道を壬生野ICで下り、10分以上かかる辺鄙な場所にあるのに到着したら近畿各地から「かまどさん」や土鍋でできた蒸し器などを買うお客でえらいいっぱいの大賑わい。。 器の展示室も10年前は1つしかなかったが今はギャラリー含めて4つもある。この時代にこの商売で繁盛しているというのはまさに奇跡的。それぞれの商品が用の美というか使って美しい作品ばかりでこの数年から京都の一流料亭からの引き合いが殺到し今や東京の支店含め通販などでも大人気で土鍋バブルをおこしているような様相。 noborikama.jpg 来たついでに登り窯も見学して、お楽しみの食事は一日2組限定要予約の「母や」にていただいた。綺麗に掃き清められた庭はまさにお客様をお迎えするにふさわしい美しさ。しかしながら凛としたたたずまいを作っておられることに驚きを感じる。 omiseshoumen.jpg 庭や古民家をいかしたお店はしっとりとして田舎のおばちゃんの家に帰って来たよう。しかしながら掛け軸や屏風含めて意匠にもセンス良くこだわられていて上質な空間をあざとさを出さずに作られている。 senzai.JPG なんとこの建物築200年。元はオーナーのお住まいだったらしくこうやって料理店で使えば朽ちないのかとひとりごちする。 omoyazensai.JPG お店の方と世間話をしてしばらくすると出てきたお昼のコースは大きな伊賀焼きの大皿に盛られた前菜。 最近禁酒しているのでお酒が飲めないのがなんとももったいなく感じてしまった。素材感も十分ありしかしながら家庭料理とは完全に内容を隔した仕事ぶりが一目でわかる。これを見て料理人の腕とセンスの良さが十分にわかった。 sumo-ku.JPG 〆サバを燻製にしたものにくるみを射こんだものはもう日本酒が欲しくてたまらん禁断症状が出るくらい ナイスなできでほぼよだれものである。なんとも言えない塩加減とくるみの脂加減、強めの温薫の加減など思わずウンマ~と反射的に言ってしまう。ホントによく出来ている。。その横が鮭のはらすを燻したものでこれも口に入れると脂が染み出て鮭の味も凝縮されていてなんともいえん滋味の深さを感じる。これは掟破りの鉄板の美味しさ。。 misoduke.JPG その横は卵黄の味噌漬けでこれは日本料理でよくある仕事だが丁寧な仕事ぶりがよくわかる一品。 sirotumekusatorennkonn.JPG 海老と金時草の黄身酢掛けはあっさりした加減で夏野菜の金時草の独特のぬめり具合は体にいかにもよさそうな感じがした。蓮根の酒盗和えもただ和えているだけではなくきっちりと下ごしらえしているのがよくわかる。そのほかに小芋を拍子に切ってさっとゆがいて梅肉と和えたものもかなり旨かった。。小芋ってホントはこんな味がするんやと目覚めさせられる。イチジクの酢味噌添えも秀逸。栗をじか焼きして4つに割って出されていたのもかなり旨かった。。やっぱ料理は素材だなと納得。。ここまで酒のあてが続くと飲めないことがほんまマジでお茶でいただくのが苦しくなる。。。。 nimono.JPG 続いて蓋物はゴマ豆腐と冬瓜と秋ナスの焚いたものでまさに出会いもの。の中には干し貝柱。。。深みのあるしんみりとした加減はかなりの腕前。。 meinomoya.JPG メインディッシュは伊賀豚三枚肉の蒸し物。。カロリー制限しているため豚肉は遠慮させていただいたが キャベツを始めプチトマト、肉厚の椎茸はブッチリした歯触りで鶏肉のよう、モロッコいんげんも蒸し料理にぴったり。こりゃあなんぼでも入っていきそうって感じだった。 kinokogohan.JPG 締めは「かまどさん」で炊いたキノコご飯で遠赤外線効果のためふっくらつやつやでお焦げも旨すぎる。。。キノコからええ感じのエキスというか出汁が出まくってかなりいい感じとなっている。 tukemonoomoya.JPG 香の物も長芋やウズラの卵、赤と黄色のピーマンのぬか漬けなど遊びも効いていて唸りまくり・・・ deserukuri.JPG デセールは渋皮煮で丁寧な仕事ぶりに脱帽。。旨いとかまずいというレヴェルではなくただ感動しました。次回はディナーでいただこうと思った。 「長谷園 なが谷 母や」 三重県伊賀市丸柱569 0595-44-1511(予約制)

なが谷 母や割烹・小料理 / 伊賀市その他)


カテゴリー 東海地区, 和食 |

じゃぱにーずかふぇ和公(宣伝)

私どもの支店の東大阪市枚岡のグリーンガーデンひらおかにあるカフェ。テラス席がワンちゃんOKなので最近は犬連れのお客様が犬連れを呼んで犬連れネットワークで大盛況。オーガニックな食事と自然いっぱいのロケーションは私自身もお気に入り。夏の間はシェフが焼くバーベキューで大賑わい。9月からは土日祝の夜のみ「ハイカラディナー」と称してええ感じの食事をお客様に提供させていただいている。シェフの湯藤等が渾身の一押しの但馬牛を使ったハンバーグのコースは絶対にお得なこと間違いなし。まず最初の前菜に茄子のコンフィ、八尾の養鶏場から直接分けて頂く産みたての温泉卵の柚味噌添えと定番の自家製ゴマ豆腐。 続いてランチで出している特製王様コロッケをミニポーションにしたものは自家製の酸味の効いたトマトソースで。中身は貝柱にエビなどいっぱいいろんなものが入った豪華な一品。 これを出してうまくないというお客様はいまだいないという自慢のコロッケ。。 minikoroke.JPG そしてメインのハンバーグはアツアツの石釜でジャージュー音をたてながら登場。丁寧に作られたドミグラスソースとの相性も抜群。但馬から直送の但馬牛と宮崎の完熟豚を合わせたハンバーグは肉汁たっぷり旨みも最高にあって、しかも食感は重たくなく、さらりとした切れ味を目指している。 神戸そごうのnori-deriでも販売しており肉の質とミンチのひき加減や配合のバランスにはかなりの試作時間をかけ現状では最高の出来と自負している。 hanba-gu.JPG これに五分付きの玄米ご飯と具沢山の味噌汁、ミニサラダがつく。ご飯は普通の玄米よりはるかに食べやすく玄米によく言われるもそもそした感じも皆無。 gutakusanmisosiru.JPG コースにつくデセールはその日によって違うがこの日はミニシャーベット。。 deserumini.JPG ハンバーグが苦手な人は同じ料金で海老フライと貝柱のフライの盛り合わせを選ぶこともできる。 この大きな海老フライがバリうま。。昼のランチで海老が三匹入って1000円で提供しているが、女性客に超人気。。厳選した海老を選んでいるのと丁寧な下処理でぷりぷりのしこしこ。。大きな口を開けないと食べられないことから、幸せを呼ぶ海老フライと言われている。。もちろんタルタルソースも手作り。。 ebifurai.JPG このコースでなんと価格は2100円・・・驚愕のプライス。。儲けほとんどなし。。 店じまいセールのような勢いだが実はお店の会議の時に若いお母さんパートの方が2100円でないと私絶対無理・・みたいなことを言われてこの価格での大出血サービスとなった。。。 (もう鼻血も出んぞ~) 価格以上の価値は必ずあり。。お客様が皆喜んでもらえるので従業員もハッピー。 haikarasarada.JPG ワインや焼酎もたくさん取りそろえサイドメニューもいろいろ 上の写真は秋ナスと地元の契約農家でとれた野菜の温野菜サラダ。。新鮮な野菜のみを使うので不味く作るほうが難しい。 jikaseipikurusu.JPG 自家製ピクルスも秘伝の隠し味があってまろやかでさっぱりしててえらい旨いものになっている。 ti-zupan.JPG カマンベールを乗せて焼いたパリジャンはワインにぴったり。 nikazuke.JPG 自家製のぬか漬けはいろんな野菜が勢ぞろい。個人的なお勧めは山芋かな。。。 pasuta.JPG お子様にはパスタもご用意しています。お子様用といっても本格的。もちろんソースも手作りで野菜もたっぷり栄養満点。 kinokoomuretu.JPG キノコがたっぷり入ったソースのかかったオムライスはシェフのスペシャリテ。簡単なようだが半熟具合や日の入り方は完璧。。キノコのソースはこめかみが痛くなるくらい旨い。。 deseruhaikara.JPG デセールの盛り合わせはその日の手作りケーキやデザート7種類から選ぶことができる。 どれもが優しく丁寧に手作りしているのでこれだけでもお値打ち。。 furu-tuponti.JPG これもシェフ自慢のフルーツポンチは仕上げに三ツ矢サイダーが注がれる。。。口の中がさっぱりしてかなりええ感じとなること間違いなし。。すべてのメニューがお手頃価格。しかし低価格&上質というテーマで運営しているので絶対にがっかりさせることはないと思います。 詳しくはこちら 一度来てみてね。。。。枚岡駅から電話いただいたら送迎いたします。 店主のペロペロ日記を見たといえばクッキー詰め合わせお土産にプレゼントしちゃいます。。 ヨロピクね!出来たら電話予約お願いいたします。


カテゴリー 東大阪市, カフェ |
1 / 312...最後 »