大人の結婚式

7月30日友人結婚披露宴に参加。。私の年齢になると友人の結婚式もほとんどなく訃報が年に数回届くようになる。。お招きいただいたことに感謝をしつつ久しぶりに味わった会場全体が幸福感に満ち溢れた大人の結婚式を楽しませていただいた。。 華燭の典を催された新郎新婦の双方とも私と同世代の友人である。お二人はともになにわのまちに縁の深い方で披露宴も道頓堀の中座のパーティースペースで私どもの会社のケータリングをご利用いただき「芝衛門狸」(この話は知っている方は知っている)になぞらえて「狸の嫁入り」をコンセプトに賑やかに楽しく大阪らしい招待客が存分に楽しめる趣向であった。 fuukei2.JPG 祝儀は会費制でお招きした方に負担を掛けない気遣い。。しかしながら多くの金額を新郎新婦で持ち出されたことは想像に難くない。。                                                                発起人は桂三枝師匠で当日か海外出張と言うことで来れなかったが。ビデオにて色ものに扮し会場を沸かせていた。。 披露宴の前にプレイベントとして法善寺にて水掛不動お参り・歌碑に献花石碑前にて新婦のお父様が作詞をされた「大阪ぐらし」合唱(アコーディオンの伴奏とともに) 法善寺横町から宝恵籠に乗って練り歩き(法善寺横町~千日前筋~道頓堀~くいだおれ前) くいだおれ前にて新郎が指揮者を務める大阪樂団の演奏がありそのあと祝賀文楽と続く。。何も知らない一般人は何が起こったのかさぞ驚いたことであろう。。 tanuki.JPG チンドン屋の東西屋代表の林幸次郎氏の先導で新郎新婦の入場。。。。 touzaiya.JPG 夕刻からの披露宴も多くの知己でいっぱい。。時間があっという間に過ぎてしまう。。。発起人祝辞は難波利三先生。 nanba.JPG 乾杯は肥田皓像三先生。途中で旭堂南陵師匠の「オリジナル芝衛門狸」の講談、祝賀演奏は篠笛の森田玲師匠の「祝囃子」  tunofue.JPG ケーキカットはきむら菓子研究所のロールケーキを新郎新婦が糸で切り分ける。。。 新郎の指揮で大阪楽団の演奏。。大大阪時代の古き良き大阪の名曲を中心にレトロモダン感覚で演奏をされる。。新郎は指揮をしながら途中でソプラノで歌いまくり。。。私は生で初めて見たが愕然とした。。。どんなエンターテイナーも裸足で逃げる面白さと人を引き付けるインパクトありまくりの幸せの種をまくかのような演奏・・・ osakagakudan.JPG お任せいただいた食事は当社の専任者が社内の英知を集めて作り上げたものばかり。。大阪らしさを出しながらしかしベタすぎないスタイリッシュなイメージでほんまもんの食材で勝負って感じか。。 ryourizenpan.JPG 上方落語にちなんでおからで作った「さわらの子」、たくわんで作った「玉子焼き」、だしじゃこの「尾頭付き」、おこげでつくった「かまぼこ」(かまぞこ)*以上「貧乏花見」   rakugobufe.JPG                                                                                                                            すり鉢にいれた木の芽あえといなり寿司の盛り合わせ*七度狐より。。。。 肝心のビッフェはシャンパングラスを使ったカクテルバリエ。  tomatozeri.JPG 「たぬき(きつねそば)の冷製」「鯛のお造り」「トマトのゼリー」「鰻ざく」「活鱧ちり」など。。。  hamoiri.JPG                                                              地元の松岡製菓の「満月ポン」を使用したブルケスケッタはフルーツトマトのマリネ、水茄子のオリーブオイル和え、モッツアレラ&バジルを具材とする。。。 rosutobifu.JPG 黒毛和牛のローストビーフの醤油豆仕立て。。 泉州の活タコのサラダもあんまり人気なかったがかなり旨い。。。 河内産の鴨ロース肉のオレンジソース。。。 ヤマトポークの角煮を煮玉子とともに。。 kusikatu3.JPG 8種類の熱々串カツ盛り合わせ金紋ソースにて。。。 oosakasusi.JPG 大阪寿司の祝盛り合わせ。 nigirikouhaku.JPG 紅白の握り寿司。。 フルーツバリエ。。 あたり前田のクラッカーなど懐かしのお菓子とおつまみ。。 協賛として箕面ビール、道頓堀くくるさんのタコ焼き。カフェガゼボさんの「きっと勝サンド」など質量ともに豪勢な献立となった。 衣装も服飾のエキスパートである新婦は自身でドレスを数日前に縫い上げたと聞き及ぶ。 pa-thi-1.JPG この披露宴を下支えした方たちはその道のプロばかりでこんなに上質で充実感を味あわせてくれる披露宴は初めてであった。主催者が出席者のことをまず考え楽しみ喜んでもらうことを第一義にして緻密につくられた素晴らしい結婚式であった。。。 パーティーのお開きは道頓堀の船着き場から船出と言うことで乗船されしばしのクルージング。。。 hikidemono.JPG 引き出物も新婦手作りの心に残る逸品そろい。。 お二人の気遣いにそれら一つ一つを見ているだけで涙が出そうになった。 お二人のいやさかを心より祈る。。。。 bokushasin.JPG


カテゴリー 難波, その他, その他料理 |
1 / 11