義鳥(中国) その②

翌日も福田市場にて視察。。会場がでかいために迷子になったり目当ての商品を捜すのに一苦労。。。

いろんな生活雑貨や衣料が破格の値段。。若い方が副業でひと月に100万稼げるのも納得。。弊社が思いっきり使う白衣も1着130円也。。。あほらしくて日本では買えない・・・

この日の昼食も市場内の食堂。。好きなものを好きなだけ食券のようなものを買って食べる仕組み。

鶏の炊いたんやトマトと玉子の炒め空豆に豚の煮物、ラーメンにご飯。。。締めてこの日も一人150円也。。ネクタイは一本60円。。。ぎょえ~と言う値段。。お土産に買って帰る。。でもホテルに忘れてしまった(涙)

晩ご飯は海鮮料理。水槽には伊勢海老や車エビ、アワビなどの高級食材が水槽で泳ぐ。。好きなものを選んで調理してもらうということらしい。調理場もオープンキッチン。

前菜は鴨の舌・・・これはこの地域の中国人の子供から老人までみんなが好むものらしい。コンビニでも燻製にしたものが思いっきりたくさん並んでいた。鴨の舌をしゃぶりながらしがんでいただく。。結構グロイね。。鶏の足の爪もボイルしていただく。。コラーゲンたっぷりでなれたら結構いける。。。中国人は全ての部署まで残さず使い切ることに驚く。。胡瓜を味噌を付けていただくのと北京ダック。。アサリの炒め物。。どれも口に合う。。ビールと紹興酒で思いっきり食す。

豚バラ肉の炒めやコラーゲン満載の煮込み、マーボ豆腐に鶏煮込み、牛肉とエンドウの炒め、椎茸煮込み。。。美味しすぎる~野菜が思ったより美味しいのには驚き。中国野菜っていい印象なかったけど日本の野菜より味が濃いのが確実にわかる。。。

春巻きにすっぽんの煮込み山芋のチリソース、ゴボウの煮物、烏賊と貝の炒め、青菜炒め。。紹興酒とビールを思いっきり飲んでこの店もお一人1500円なり~ (やっす!)

食事の帰りにスーパーマーケット見学。。結構高級なスーパーで品ぞろえも豊富。中国も共働きが増えて惣菜や冷凍食品が多いのにはびっくり。。豚まんの皮なども冷凍がたくさん。。時代が変わったなと感じながらこの国の強烈なエネルギーを実感する。

野菜や肉も種類は豊富。サーモンは多分輸入物で日本と同じくらいの価格。すっぽんやカエルもこの国では日常の食材である。。。。。

2年前から中国語を個人レッスンで受けているが習っているのが北京語らしく杭州、上海では、上海語が話されていてこの義烏は義烏語だそう。片言で話しても全然通じないことにショック。。

ガイドの女子大生に中国語で話しても「社長!日本語で話してくれた方が伝わります」と言われショックを受ける。

ノベルティーに使うキーホルダーになったLDS懐中電灯を1200本仕入れた。。。将来自社の核商品を作るために今回は中国で生産・加工・運搬・貯蔵・集荷のシステムを学んだ。たとえば交渉は立って話をすることとか生産工場の見学も必要であるとか検品がもっとも大切であるとか、身を持って感じることが出来たのは大きな収穫であった。

通訳者の使い方や様々な商品の相場観(例 IHフライパン91円 紙コップ1円 布巾6円 消しゴム3円 バスタオル298円 便座カバー58円 傘52円 長くつ151円 など)もしっかりつかむことが出来た。。

この日もとても疲れたのでマッサージして寝た。。70分1000円くらいでした。。

続く・・・・


カテゴリー 海外, 中華料理 |
1 / 11