義鳥(中国) その③

翌日は携帯電話をタクシーに忘れまたカメラのバッテリーも切れてしまい記録がとれずしまい。気を取り直して次の日の朝は少し晴れ間があったので早速ランニング。。

朝食は屋台がお約束。。。さつま芋の入ったお粥は1元(13円くらい)クレープみたいなのに野菜や揚げたパンをはさんで甘辛いソースを塗ったものが私のお気に入りで2元(今回3度朝食で食す)。。。これに小豆の混じった温かい甘い豆乳1元はお汁粉のような感じ。。

目の前で皮を作って餡を一つづつ丁寧に包んだショウロンポは8個で2元なり。。バカウマ~。

黒酢を掛けていただく。美味しくないわけがない。。。ランニングの途中だけどお腹いっぱいになって帰りはタクシーで帰る(トホホ・・・) この日は午前中は福田市場の近くの食品卸市場を見学する。包装資材や衛生資材、食品のほとんどのものがフルラインアップ。。味見をしながら一通り見学する。。

お昼御飯は市場の横に屋台が勢ぞろい。よく見れば弁当を売っていて熱いご飯と好きなおかずを指差したのを店の方が入れてくれるというシステムらしく。早速所望する。。。。

麺の専門店や鉄板焼き、ワンタンの店など様々なテイストの店が立ち並ぶ。よく似た店がたくさんあるが流行ってる店とそうでない店があるのは興味深い。

一番行列のできていた店で適当に美味しそうなものを指差してイートインコーナーで3人でランチタイム。

お店の裏を見ると麺を作っていたりご飯をひたすらよそっていたりと分業が出来ていたのには感心した。豆腐料理と豚肉の煮込み鶏の煮込みと白菜の炊いたのなどと白ご飯で12.5元。。(約170円)これで3人分。。。日本で同じ経営構図で商売したいと思った。本町あたりですればええ感じやろなと友人と話した。

晩ご飯はテイストを変えた中国料理。。説明してたんだけどあまり聞いていなかった。豚バラ肉の炊いたのや骨付きカルビの焼肉車エビの炊いたのにハチノスと心臓の煮込んだものきゅうりの口なおしはお約束。

くらげの酢の物に豆腐のや焼き物に空芯菜の炒め、生きた小エビを紹興酒に漬けたものは初めていただく。。でも結構普通。。サザエのボイルの酢の物やアサリの炒めなど結構いい食材がラインアップ。紹興酒をあけまくって一人2000円也。

次の日の朝、上海に向かう。到着後、新天地にあるティンタイフォンに直行する。世界中に60店舗以上。大阪高島屋にもある。まずはスタンダードな豚肉のショウロンポウ10ヶ58元を所望する。刻んだ生姜とともにいただくとかなり旨い。スープがたっぷりで皮が他店のショイウロンポウと違うのが一目瞭然。。

箸で持ってもスープがこぼれない。。。あまりこういった料理はミーハー的(死語)であまり食指が動かなかったけど今回はホント美味しいなあと思った。周りの女性の方々も結構喜んでいた。。サービスや接遇もかなり洗練されていた。

この店、海や北京を中心に中国で20店以上、日本でも12店舗、台湾も7店舗あとアメリカや韓国でも30店舗合わせて65店舗を世界中で展開。。

きゅうりの酢の物23元(315円)、名物の海老入り卵チャーハン58元(約800円)はかなり美味しかった。。そのほかに豚肉スープ入りショウロンポウを所望したが普通のスタンダードなものの方が美味しかった。ショウロンポウはこのほかにも鶏肉入り、キノコ入り、フォワグラと鶏肉入り、蟹味噌と豚肉、フカヒレと蟹味噌、黒トリュフと豚肉(一つ240円)などさまざまなショウロンポウがラインアップされていた。

壁に日本の俳優が映画のロケで来店した記念の絵が描かれていた。左から2人はキムタクと言っていた。関東地方の小学校の給食のメニューの一番人気がキムタクと言っていた。よく聞けばキムチとたくわんを炊きこんだご飯をそういうらしい。。どっちでもいい話だが・・・

上海に長年通っておられる友人の外食コンサルおすすめの鶏肉スープ50元は鶏肉がたっぷり入っていてその鶏が味が深くてかなり旨い。ブロイラーでないことは確か。その骨付きの鶏がホロホロになるまで炊きこまれコクのあるチキンスープは黄金色に輝いている。塩分は薄いんだけどここまでエキスがしっかりと抽出しながら嫌な癖のないチキンスープは初めてだった。これだけ3杯くらいいただきたいと思った。

揚げパイクーもかなり美味しいしシーフードショウロンポも中の海老がいい仕事をする。。ごままんじゅう一つ10元。。。とても綺麗なオープンキッチンでショウロンポウを作るのを実際に見ることが出来る。

そのあと田子坊を散策。寿司と書かれた大きな提灯の出た店を発見しビールをいただくことに。日本から上海に寿司を握りに凝られた板長と私より流暢に日本語を話す若くて美しい中国人オーナーの店。

お店は3階建でとってもスタイリッシュ。個室もあって料理も本格的。日本酒もそろっていて寿司のセットもとてもリーズナブル。塩辛とほっけの焼き物で日本酒を食らう。オーナーとカウンターでいろんな話をする。。シンガポールのアップルで働かれておられ自主独立で和食店をする。。

「私は日本がとっても大好きなの。。」と言っておられたのが印象的。

板長は上海万博で日本のチェーン店から上海に寿司を握りに来られこの店にスカウトされたとのこと。丁寧で衛生的でクリエイティブないい仕事をする。食材が充分そろわないのが残念だがその部分は腕で勝負。。。

一瞬だけど日本の味に出合えてほっとした。。お店の客は7割が中国人と言っていた。日本からどんどん訪ねて行ってあげて欲しい。。。

オーナー(推定27歳くらいか)とも話が盛り上がり上海の一押しクラブ(女の人が隣に座るクラブでなく踊るところ)やホットスポットを紹介していただきお店がみんなで終わったら一緒に行こうと約束する。。

体力温存のためホテルで小休憩をしたら日本酒の酔いもあり爆睡。。。気がつけば朝になっていた。。マダム梁!すっぽかしてゴメンチャイ。。せっかくの上海の夜を無駄にしてしまった。。。。。(涙)

8日間の旅でしたがいろんなものに見て触れてバイイングの勉強をしっかりとさせていただいた。何でも体験することが大切ということも身にしみてわかった。。

1200個買ったミニ懐中電灯は電池が入っているため輸入できないことが判明。。。。えらいこっちゃ。。社員の報告を見るために持ち込んだIpadはパケ放題にするのを忘れ45万円の請求。。。。(即死状態。。)

携帯はなくし土産も一部どっかに置き忘れた。。。

せやけどそれ以上貴重な経験をさせていただいた中国の旅でした。。。

おしまい。。。


カテゴリー 海外, 中華料理 |
1 / 11