2012年09月

ラグマン

産經新聞社に用事があって訪問した帰りに友人と表記の店でランチタイム。変わった店名にひかれて入店する。

大阪の元町で国道沿いなんだけどあまり人は歩いていない。お店は、窓際のカウンター席が2つと、テーブル席がいくつかあって白を基調とした店内は明るい雰囲気。お客さんは、若い感じの人や女性の方が多い。今回は一番オーソドックスで廉価の「らぐまんらーめん」600円を所望する。

壁に『RAGUMAN』(らぐまん)の説明あり


「イタリアンシェフ」が考案し、
女性でも美味しく食べられるラーメンをコンセプトに
白醤油ベースで白菜たっぷりの「らぐまんラーメン」を創作し
1993年和歌山で創業!
※和歌山には数店舗あるらしい。

変わった店名の由来はラーメンのルーツ「ウズベキスタン」の麺料理「ラグマン」から取っていると書いてあった。

昨年ロシアを訪問したときにロシア、東アジアの食品展示会で本場のラグマンを食したことがある。日本でほとんど見ないウズベキスタン人のコンパニオンさんがとても美しく、ヨーロッパとアジアの混ざったエキゾチックな顔に驚いた記憶がある。。

コンパニオンはどうでもよくそこで食したラグマンは羊肉とトマト、クミンがしっかり効いていて油っぽくかなり辛い個性的な麺料理だった記憶がある。

誕生日に食すと長生きすると言っていた記憶がある。。

 

運ばれてきた「らぐまんらーめん」はこんな感じ。

スープは鶏ガラベース。胡椒が効いた塩ラーメンって感じ。かなりさっぱりしていて麺は細麺のストレート。スープト麺はよく合っている。揚子江ラーメンに似た印象。具は白菜と豚肉が入った神座風。ボリュームが少なめで上品な感じなので好みが分かれるかもしれない。

この店の恐るべしはこのノーマルのラーメンをベースとした横展開メニューの多さ。

ノーマル系

○らぐまんらーめん・・・白醤油ベースの絶品スープ
○バターらぐまん・・・バターを浮かべた
○にんにくらぐまん・・・ニンニクスライスがたっぷり
○ネギらぐまん・・・白髪ネギがたっぷり
○オニオンらぐまん・・・炒めた玉ねぎ
○みそらぐまん・・・みそを少しピリ辛に
○コーンらぐまん・・・コーンを乗せました
○黒いらぐまん・・・黒胡麻が覆っている
○もやしらぐまん・・・炒めたもやし
○ネギワカメらぐまん・・・白髪ネギとワカメ
○みそもやしらぐまん・・・味噌ともやし
○チャーシューらぐまん・・・自家製チャーシュー使用
○ネギチャーシューらぐまん・・・チャーシューに白髪ネギ
○ミックスらぐまん・・・チャーシュー・コーン・バター

辛い系
○唐辛子らぐまん・・・粉砕した唐辛子使用
○にんにく唐辛子らぐまん・・・ニンニクスライスと唐辛子
○グリーンカレーらぐまん・・・グリーンカレーをスープに
○トムヤムクンらぐまん・・・トムヤムクンをスープに
○赤いらぐまん・・・インドの香辛料をスープに
○インドネシアらぐまん・・・エスニック風なラーメン
○スタミナパワーらぐまん・・・スタミナ野菜とピリカラミンチ
○キムチらぐまん・・・鶴橋キムチ使用

あっさり系
○梅らぐまん・・・梅肉をスープにブレンド
○あっさりトマトらぐまん・・・冷たいトマトと青しそ
○さわやかレモンらぐまん・・・レモンスライスの爽快な香り

チーズ系
○チーズらぐまん・・・とろけるチーズがたっぷり
○イタリアンらぐまん・・・トマトスープにチーズ
○カルボナーラらぐまん・・・当店のスープだからできるよ

ご飯物
○チャイナご飯・・・ラグマン流チャーシュー丼
○牛カルビご飯・・・味わい豊かな牛カルビ丼
○タコライス・・・牛肉・チーズ・トマト・マヨネーズに辛みソース
○白ご飯

今度インドネシアラグマンを食してみようと心に誓い店を出る。

大阪市浪速区元町1-4-22ロアジール難波1F

 06-6643-9888
 11:00~23:00(LO.22:30)
 無休


カテゴリー 難波, 麺料理 |

うれう 9月

四ツ橋線玉出駅東100mにあるうどん店。最近は昼時はお店も混雑していてまた付近のパーキングがあいていなくて久しぶりの訪問となる。

普段は大好物のアボガドうどんを食すのだがこの日は新作のホタテのフライの乗っかったぶっかけうどん780円と今や名物となった唐揚げ一つ100円を2つトッピングで追加する。

この店はネットで見ると賛否両論。。。こういうのを見ると食べ物に対する人の好みっていろいろだなと思う。特にこの店のご主人の作るうどんはすべてにわたってこだわりがあり細やかなのでそういうのに堪えられない人はムリなんだろうなと思う。

天ぷらは秒単位で揚げるし、揚がった時間を逆算してうどんを茹で上げる。。それゆえに提供時間はどうしても遅くなるといった仕組み。調理に専念するあまり客に対してつっけんどんな印象を与えるが話せばとても優しい。。

、メニューも創作系や多分日本でこの店にしかない物が多く好奇心おう盛な私は何を食してもとても興味深くいただける大好きなレストランの一つである。。

お店もいつも美しく店内から見える坪庭は季節を感じることが出来る。。。

出てきたぶっかけうどんは予想通りの美しさ。冷凍のホタテなんだけどとても新鮮。。。味もかなりいい。。こういう品質の良さをわざわざアピールしないところも大好き。ぶっかけだしも私の好みで雑味が全くない。。透明感のある美しい加減で、盛りつけも端正。

大きくきざまれた甘過ぎない揚げも上質。

ボリューム満点の唐揚げはパリパリでジューシー。美味しさが写真でも感じ取れる。漬け込みの塩梅もよくかなり高いレベルである。。。すぐ近くにパーキングあり。昼前にいくのがおすすめ。。

大阪市西成区玉出中2-13-23
電話:06-7504-8104
営業:昼11:30~15:00
    夜17:30~20:00
定休:火曜


カテゴリー 玉出, 塚西, 麺料理 |

香川

バル巡りの最後は表記の店でうどんを食す。この店はカレーうどん1050円がとても有名で一緒したツレもカレーうどんを注文。私は胃がもたれそうだったので肉うどん1200円を所望する。

周りの方々がカレーうどんを食べているのを見ていると、私が20代前半のときにミナミで飲んでカレーうどんを食していると急に睡魔が襲いかかり前頭部をカレーに浸けたまま爆睡。。。

翌朝、自宅の枕がカレーだらけになっていた記憶がある。どうやって家に帰ったのだろうか・・・とかいうことをふと思い出す。。

若気の至り・・・

この店は厨房を囲むようにL型カウンター席がある。客の半分はカレーうどんとおでんを食べている。


名前は香川だけど大阪のうどんという感じ。出汁も優しくて肉の脂と相まってええ仕事である。うどんも固すぎずのどごしもいい。。最近は12時を過ぎてラーメンを食べることがなくなった。。。年齢のせいかな。。。

大阪市北区曽根崎新地1-5-25曽根崎新地ビル 1F
06-6345-0228

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の日の昼ご飯は丸亀製麺でカレーうどん。。かき揚げと鶏天とエビ天とちくわ天をトッピング。。そしておにぎりを2つ。。。

結構健康な私。。。。

香川うどん / 北新地駅西梅田駅東梅田駅


カテゴリー 梅田/JR大阪, 麺料理 |
1 / 912...最後 »