金市朗

仙台の夜の2件目の夕食。。地元の友人と宮城県の日本酒を飲もうということになり表記の店にいく。居酒屋ということなんだけど奇麗なカウンターには板前さんが2人いてて割烹料理店のような感じ。一見しただけでこの店はいいものを出してくれることが分かる。

まずは金華鯖の生ずし。石巻のブランド鯖。今が最高の旬で口に入れると凄い甘みと共にジューと脂が溶け出す。。ノルウエーなどの外国産の嫌な臭みや匂いは全くない。辛口の酒もいいけど濃い旨口の一の蔵とあわせると・・・最高!!

ずっとこの鯖と日本酒だけ食べて生きていきたいと思わせるような幸せ感をもたらせてくれる。。多分私が今まで食した鯖では一番旨いのではないかと思った。

続いて秋刀魚の刺身。。これも金華山沖で捕れる鯖でプラチナ秋刀魚と言われるらしい。見ただけで脂のいいのりがわかる。。その脂がとても上質なので胃の中にすとんと落ちる。日本酒がすすみまくる。

めひかりの唐揚げ。。小さな魚なのに脂ののりがすごい。。イワシやシシャモなどとは全く違う身の質。。。ああ日本にいてよかった。。と思う瞬間。

とどめは新鮮なするめ烏賊の腸焼き。。8種類くらいの日本酒を飲み比べながら地元の食材を楽しむ。。ああ贅沢。。。

仙台市宮城野区榴岡4丁目-3-1藤原屋 アルファビル 4階
TEL/022-792-2055

炙・酒・金市朗串焼き / 榴ケ岡駅仙台駅あおば通駅


カテゴリー 東北地区, 居酒屋 |
1 / 11