2012年12月

うれう 大晦日

本年最後の食事は表記の店の年越しうどんなり。玉出にある「うれう」さんでここ数年来頂くようにしている。この店のうどんは店主のこだわりが強く最適な状態での提供にこだわることで愛想が悪く映ったり時間がかかったりする事が多くある種、賛否両論の店となっているが同業者でもある私は回転以来この店を認め、彼が作られる商品を誰よりも評価している。

年末なので改めて店のメニュー紹介。。もっとも安い「かけうどん500円」この時期おすすめが「あんかけうどん550円」それぞれをベースにトッピングで価格が変わる。ちくわは山陰産でかなり上質。天ぷらにして食べたら違いは必ずわかる。エビ天も大振りのブラックタイガー。。加水したバナメイ海老の伸ばした冷凍を使う店がほとんどなのだけどこのあたりがこの店の良心である。

夏場は冷やかけをよく頂いた。出汁に化学調味料を入れていないのでとてもすっきりして後口もいい。私はマクドナルドの商品を食すと翌日まで調子が悪くなる。

あとよく頂くのが「つけめん800円」釜揚げうどんにゴボウ、豚肉が入ってそのエキスが出たつけダレにつけていただく和風つけ麺のような感じ。途中で生卵を入れるととてもマイルドになる。

そして湯がきたてのうどんで作る焼うどんもとても美味しい。価格は800円なり
中華鍋で牛蒡、白菜、人参、豚肉を炒めその後湯がきたてのうどんを投入。醤油ベースのタレを少しずつ入れて最後にニラを入れて火からおろしきざみネギ、大葉、酢漬けのミョウガ、花カツオそして半熟の目玉焼きを乗せて出来上がり。 どんだけ手がかかっとんねん。。。という商品です。

あと少し来ない間に「キムチ鍋焼きうどん980円」も新登場。。この時期は鍋焼きうどんもご馳走観があってとてもいい。

そして静かにヒットしているのが「ぬるいうどん」桑田圭佑も絶賛。『焦がしバターのぶっかけUDON880円』はキャッチコピーに『暑いから冷たいうどんを食べたり、寒いから熱いうどんを食べたりするのではなく人肌というか優しい温かさのうどん、ぬるいうどんはどうですか』とある。

内容は熱々のちく天が2本にわかめ、葱、香ばしく炒められたポテトフライにキノコしめじそこにバター醤油を回しかける。味は実際に食してみてください。

カレーうどんも出汁が辛すぎず薄すぎず目をつぶって頂けば「いりこ」の味も感じられる。かなり洗練された繊細な出汁になっているのでわからない人にはこの店のカレーうどんの旨さは理解出来ないであろう。

ぶっかけうどんもご覧の通り品目数はかなり多い。卵の天ぷらを(これはこれで半熟で充分旨いのだが)中華鍋で柔らかく焼き上げるふわふわのねぎ入り卵焼きに変える事が出来る。

あとトッピングはこんな感じ。ほぼ原価率50%。すべての食材がちゃんとしたクオリティーをもったものばかり。。

この店の名物はこれ!「アボガドとちくわ天のぶっかけ980円」つぶしたアボガドをソースとして使用する。醤油とドンピシャに合う。

冷たいうどんの上に、生のアボカド、竹輪天ぷら、わかめ、きざみ海苔、おろし大根、青葱、タマネギを5mm角に切って衣揚げしたもの、そしてレモン。

アボガドには山葵と海苔がそえられすべての食材の相性も素晴らしい。ワサビを少しづつ溶かして食す。これは目からうろこの麺調理である。

あと醤油ぶっかけに対抗して?ソースぶっかけのうどんなど店主の創作意欲は尽きる事がない。。過去にもきな粉のうどんや凍らせたトマトが乗ったうどんなど本当に大丈夫?と思うようなものがリリースされるが思いつきではなく食材の相性などすべて科学的なアプローチを経て作られているのが凄いところである。

私は結局エビと唐揚げのぶっかけ800円を所望する。通称「EC」とよばれる。これにちくわ天ぷらが加わったら「ETC」らしい。

器も上質。。そして盛りつけのビジュアルがとても美しい。麺はコシはあるもののやや柔らかめ。エッジも昔に比べると緩めになった。表面パリパリの鶏のモモの唐揚げも美味しいし余分な衣のないエビ天も食べ応えあり。若布もとっても上質。。実によく出来ています。

年末年始昼間も営業しています。住吉大社の初詣のあとおすすめかな。。。

大阪市西成区玉出中2-13-23

06-7504-8104

営業:昼11:30~15:00
   夜17:30~20:00
定休:火曜


カテゴリー 玉出, 塚西, 麺料理 |

ラグビー弁当

私どもの会社の中のブランドで『和公』という仕出し料理店が東大阪の長田にあり、懐石料理徳が作る仕出し料理・弁当のディフージョン版(ブランドの普及版のことで感性やイメージを生かしながら販売 対象を拡大するために価格を安価に抑えたもの)の位置づけで出来るだけ地元の食材を使った内容での商品展開を行なっている。

野菜を多く使用した「大人の幕の内」800円は今やロングセラー商品となっている。

花園ラグビー場で行なわれる全国高校ラグビー選手権大会のブースで販売される花園名物「ラグビー弁当」は今やこの大会の風物詩となっている。

お弁当とは別に自家製の「ラグビークッキー」500円も併設で販売。ここが浪速商人の商魂逞しいところ。10個で1個サービス。地方発送も可とあって土産によく売れる。一日600個くらい売れると私どもの担当者が言っていた。

こだわっているのは販売員の可愛らしさ。ここだけは他の土産屋に負けない(笑)

お弁当はラグビーボールの形をしたもの。この商品実は販売しだしてから10年以上になるロングセラー商品。

弁当の中身は敵にとんとん勝つということで「とんかつ弁当」しかし豚肉は国産ロースで甘い味噌の入ったソースで頂く。周りは口直しのあっさりした野菜の煮物。ご飯の下には錦糸卵とカレー味でソテーしたキャベツ。これが温かいまま提供されるようになっている。これが温かいお茶付きでなんと1000円。

この日は雨が降っていたが飛ぶように売れまくっていた。私も一つ購入して会場で頂く。見た目と違ってあっさりしていて煮物がしんみりとしたいい味わい。和と洋のコラボレートしたよく出来た商品である事再確認。朝から大雨なんだけど選手はもちろん応援する学校の方達も濡れても平気な感じ。若い人はやはり凄い。

このお弁当とクッキーはラグビー試合開催日に販売 1月1、3、5、7日となっています。ラグビー観戦しながら食べてみてチョ。

ところで私どもの会社は今日はどの店舗も大忙し。アルバイトを70人くらい入れておせちを盛り込んでいる店舗や精進揚げの料理を作りまくっている店舗などまさにかきいれ時。

早朝からすべての自社の店舗をまわり、忙しいときほど料理を丁寧に作る事、仕上がりのチェックを入念に行なう事の指示を入れる。おせち料理はその家庭が新年の一番最初に食す食事。気持ちを入れて作る事を常伝えているがこの日見る限り、かなりいいできばえ。本年お作りするおせち料理をお届けする2500件のご家庭の方々に喜んでいただけること確信する。

 


カテゴリー 東大阪市, お弁当, とんかつ |

ピッツァ&ワインバール バストーネ

英会話教室のあと表記の店でおひとり様ランチ。サウナ大東洋の前の路面店。お店はイタリアのバール風。真っ赤な外観でファザードもいい感じ。

・マリナーラ380円

・ちょっぴりチーズのマルゲリータ380円
・マルゲリータ500円
・ピザセットA750円
・ピザセットB950円
・ピザセットC1050円

380円のピザで超有名らしい。

店内はかなり広く個室やパーティーが出来るスペースもある。木の温もりを感じさせるウッディ系の内装。店の入り口にはガンジョーネの石窯。ピザを焼く兄さんかなりイケメン。

ランチのセットは¥750~¥980位でサラダとドリンクが付く。

店長おすすめの幻セットを所望。この店で一番高いランチセットを食し次回は一番安い380円ピザの単品を頼んで比較をする予定。幻セットの幻はモッツェレラチーズがかなり高価なものをチルドで直輸入しそれをたくさん使っているとの事。一番廉価なものの2倍するピザを食しその価値を見る事に興味を覚える。(少し意地悪なボク・・・)

飲み物は泡280円~、グラスワイン400円でかなりお安い感じ。店長さんに聞くと神戸の酒販店が経営していて3月には北浜にも出店予定と聞き及ぶ。

平日は100分でワイン飲み放題が1380円。さすが酒販店が経営されるお店。企業としての強みを充分使って魅力的な商品を作っている。こういったものを見ると14種類すべて制覇してみたくなる年頃のボク。ボトル2本半くらいか。

この飲み放題は原価割れをしないのかと考えていたらピザ出来上がり。。。パリパリしてモチモチして食感もよく小麦の香りもいい。チーズは食べつけないせいか比べないとわからない。話を聞くと最後に窯の中で空中に持ち上げてピザを回転させて余分な空気を抜くのがコツと言っておられた。
見た目よりも食感が軽くあっという間に1枚食す事が出来たのはそのせいであろう。メニューはタパスなどもあり総じてコストパフォーマンスが素晴らしいものがある。友達と休日にアルコールを入れてワイワイするのにぴったりであろう。
中崎町は超有名なピッツェリア・スクニッツォ・ダ・シゲオがあるのだがより多くの人にピザを食す喜びを与えているのはこちらの店だろうと確信。
次回は年始に380円にレッツトライ。。
大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル西館1F
電話:06-6316-0155
営業:11:45~25:00(L.O.24:00)
休み:なし

カテゴリー 中崎町, イタリアン, バル |
1 / 912...最後 »