2013年02月

ひろめ市場

マラソン終了後はスーパー銭湯で汗を流して表記の市場で打ち上げをする。この市場は飲食店や土産物屋の集合体。場所は日曜市の高知城側の端っこ。
高知て感じの店がならんだ屋台村みたいな感じの施設で昼間から宴会する人たちで500席以上あるお店は超満席。
2013-02-24 16.48.54

鰹のタタキ、どろめ、うつぼの唐揚げ、地鶏などいろんな高知名物が楽しめるきね。お酒も土佐鶴や司牡丹など高知を代表する水のような辛口の日本酒が勢揃い。

2013-02-24 16.49.01

インド家庭料理や300円ラーメンのお店もあったりして。和、洋、インド、中華、居酒屋、アルコール、スイーツ、お土産まであらゆるお店が勢揃い。

2013-02-24 16.49.40

小鉢もいろいろあってとり放題払い放題というシステム。伊勢エビのボイルが安かったのと高知産のフルーツトマトがあったのでリコピン摂取の為に所望する。

2013-02-24 16.50.32

高知名物のウツボの唐揚げはこんな感じ。結構普通・・・

2013-02-24 16.50.37

走り過ぎてグリコーゲンが枯渇しているのでシラス丼をムシャムシャ頂く。マラソンコースがタフだったのでかなりの体力の消耗・・

2013-02-24 16.53.27

昨日に引き続き友人が所望したかつおのたたき。この日はたたきのタレで食べていた。大阪で食すものとは身の食感含め味がぜんぜん違うと言っていた。

2013-02-24 16.57.41

創業昭和四十五年の餃子安兵衛。。一人前7個420円 なり。注文してから5分ほどで焼きたてアツアツの餃子ができあがり。皮は薄めでパリパリしていて揚げ餃子のような感じ。とっても脂っこくなくて食べやすくて中はジューシー。

皮一杯に具が入っていて具がふんわりして柔らかい。。難を言えば少し高い気がする。。テーブルの周りは高知の酔っぱらいだらけ。凄い施設ですここは。。。

高知市帯屋町二丁目3番1号

088-822-5287 
08:00~23:00(平日・土曜・祝日)07:00~23:00(日曜日)

ひろめ市場郷土料理 / 大橋通駅高知城前駅堀詰駅


カテゴリー 四国地区, 居酒屋 |

呑兵衛屋台

高知の夜の〆と言えばこちら。高知の方で知らぬ人がいないと言われるほどの有名店。ほとんどの客が名物のしじみラーメン850円を食している。

カウンターに座り女性の作り手の方の所作を見ながらビールを頂く。大きな寸胴の中にはリンゴ、ニンニク、ネギなどの香味野菜が山盛り入っている。

店の奥にはしじみの入った大きなかごが3つくらいあって男性の方が選別をしながらラーメンに入れるしじみをピックアップする。

2013-02-23 21.32.18

奥で選別したしじみをスタンバイさせて、麺を茹で始め寸胴に入ったスープをフライパンへ移す。そしておもむろにシジミ投入。その瞬間透明のスープが白くなる。あっという間に出来上がる。。。

2013-02-23 21.40.57

しじみラーメン(850円)できあがり

最初の一口は特徴の無い塩ラーメンで、ほぼコショウ味。具はたくさんのしじみとネギのみ。しじみの潮汁と言ってもいいくらい淡い加減。しかし塩はしっかりと効いている。。

でも飲んだあとだから舌が麻痺していて大丈夫。しじみ(青森産といっていた)の成分が滋味深く五臓六腑に沁み渡る気がする。飲んだあとにはとても嬉しい。

麺は昔の食堂のような感じの加水の多いつるつるしたストレート麺。この商品の麺はおまけみたいなものなのでこだわる必要もなしと納得する。

2013-02-23 21.46.05

普段は飲んだあと食事をする習慣はないんだけどたくさんのしじみを食すことが出来てよかったという感じ。こういったラーメン屋も高知県ならではだなと納得。

高知市帯屋町1-8-13 ニュープリンス三谷ビル

88-875-1716

呑兵衛屋台ラーメン / 堀詰駅蓮池町通駅はりまや橋駅


カテゴリー 中国地区, 麺料理 |

満潮

週末は高知マラソンに参加。前日は高知市内で地元の名店を廻る。いろいろな方に聞いておすすめの表記の店は貝焼きの専門店。

貝好きの私はかなり嬉しい。同伴した友人と2人で訪問する。貝焼き以外にも地元の食材を使った高知を代表するかつおのタタキ、カツオの腹んぼ、伊勢海老、ウツボの唐揚げ、鯨などの料理がたくさんある。

2013-02-23 20.47.58この日は一番廉価の貝めし膳2850円を所望する。内容によって価格もいろいろ。アラカルトメニューも豊富。

2013-02-23 20.12.20

突き出し出しは地元の貝と青い魚の酢の物。

2013-02-23 20.22.35

カツオの叩きは切り身が分厚い。。塩たたきが最近の高知のブームと聞き及ぶ。私はあまり好きではないので鰤、烏賊、いさきの三種盛りに変更してもらう。

そして貝焼き登場。。。

2013-02-23 20.19.43

皿に盛られた生きた貝の盛り合わせはとっても豪華。すべてが地元産でパカパカ動いている。これをお姉さんが入れ替わり立ち替わり焼きにきてくれる。

まずは牡蠣の味噌焼き。小振りなんだけどこれはこれでいい。しっかりと焼いてぐつぐつと煮立ってきたらカキと味噌を一度まぜていただく。この頃には高知の地酒あけまくり。

2013-02-23 20.23.12回りの味噌が少しこげてかなり香ばしくて美味しい。濃厚な味噌の味と牡蠣の旨味と日本酒が渾然一体。口の中がカオスにつつまれる。。

2013-02-23 20.19.47

串に刺さったエビも地元産。香ばしく焼き上げると皮も柔らかくて旨味も深くどれもが日本酒にぴったり。焼いてくれるお姉さんとの会話もとても楽しく焼酎消費日本一の県の女性はどれだけお酒を飲むのかという話で盛り上がる。

2013-02-23 20.52.48

長太郎貝。檜扇貝ともよばれる。見た目はホタテそっくりなんですが、色合いや味が全く違う。今日のは赤い色でしたが、青かったり黄色かったりと色とりどりの貝があると言っていた。

貝が開いた時点で店員さんがきて貝殻を半分に分けたら片一方は醤油をたらし、もう片一方は汁の上にネギを添える。。

貝から出る出汁をネギに移しながら焼く。ネギがしんなりしたところで食すとしっかりと貝の味と磯の香りが移ってとっても美味。

2013-02-23 20.55.10

ホタテはふわふわした美味しさなんだけどこの貝はしっかり焼き込んで醤油をたらしながらいただく。醤油で煮詰めると味が深くなって

“長太郎はよく焼いて煮つめると甘みが増します 出汁でおねぎを焚くと相性抜群の状態を味わえます”とのこと
口が開くと貝から出る水分を出汁にしてネギを焚くとなるほど塩気と磯臭さがとてもいい感じ。

2013-02-23 20.37.19

地元産のピカピカのハマグリはおいしすぎて写真を撮ることを忘れる。マテ貝を追加する。。この貝もしっかり焼き込んで食せば日本酒にぴったりすぎてどんどん飲み過ぎてしまう。

2013-02-23 20.46.28

お店のご主人が鮑をすすめてくれる。これ一杯で1000円なり。少し元気はなかったが焼き物なので充分。。

2013-02-23 21.06.06

最後の〆は貝ご飯。いろんな貝のへたを入れて作ったもの。。これはこれでとっても美味しい。。ごちそうさまでした。。。

高知市廿代町6-8
088-873-1732
営業時間:16:30~23:00 ■定休日:日曜・祭日

満潮魚介・海鮮料理 / 堀詰駅蓮池町通駅高知橋駅


カテゴリー 四国地区, 和食 |
1 / 912...最後 »