2015年10月

墨国回転鶏料理 ルクア店

休日に映画を見るのに時間があったので表記の店で一人ランチ。今月メヒコでタコスを食べまくったので比較の検証も兼ねてこちらの店をチョイス。(スペイン語でメキシコはメヒコと発音・・・・)
天満にある本店は昔よく行ったが今では多店舗展開し今や女性客だらけのルクアにも出店しているのに驚く。ランチ用のセットメニューもたくさん用意されていてこの日は小さな鳥のグリルが半羽入ったピレートで1250円を所望する。席は当然のことながら密着系。女性客率8割。

セルフで8種類のサルサソースとピリ辛トマトスープ、肉汁ポテト、2種類のトルティーヤ、キャベツが食べ放題。サルサソースの食べ放題と言うのも何か変な感じがするがどおってことはない。鳥肉はボリューム満点。脂分が抜けているが適度にジューシーな感じ。

トウモロコシの粉か小麦のどちらかで作ったトルティーヤに野菜や鳥肉、サルサソースをはさんで丸めて食べると言う趣向。かなり日本人好みにマイルドに改良してある感じ。

2015-10-24 13.40.01

生来こういった食べ物を頂くといつも手がべたべたになって服を汚してしまう。
理由は性格が卑しいのでトルティーヤの中に具とソースを入れ過ぎてしまうせいであろう。ソースでぐだぐだになった手を紙おしぼり5本くらい使って拭うがイマイチサッパリしない・・・

ここで⇒「トルティーヤ、取る手イヤ・・・😃」
(*かなり考えましたがあまりおもしろないな)

大阪市北区梅田3-1-3B2Fバルチカ ルクアイーレ
06-6151-1546
11:00〜24:00


カテゴリー 梅田/JR大阪, バル, その他料理 |

うれう

私がヘビーユースする地下鉄玉出駅近くのうどん店。この日記にもたくさんの記述があるのでお店の詳細や人気メニュー検索いただければ確認いただけます。

最近は名物の「鶏唐揚げ」とともにいろんな丼とのセットメニューも増え昼間はガテン系の客で満席になる。うどんと丼の組み合わせで今の総メニュー数は74と脅威の数となる。

店主の石井氏は2008年の開店以来うどんをもっと美味しくするためにどうすればいいかを探求し続けている。10年前に「僕はうどんに命をかけているんです」という店主の言葉が頭から離れない。また「 24時間寝ている時もうどんのことを考えている」とも言っていた。

今まで彼が考えたうどんを紹介すると「トマトグラニテ入りのキーマカレーうどん」「アボガドうどん」「ジャージャ麺」「ラタトゥイユ風カレーぶっかけ」「七草うどん」「きな粉のうどん」「ポテトサラダのうどん」・・・

「小海老の甘酢UDON」豚の甘酢UDON」「ソースUDON」「ピーマンと豚肉の炒めに玉子焼きUDON」「豚と玉子とキムチのUDON」炒めたキノコとフライドポテト、ちく天の乗った桑田圭佑も絶賛の「焦がしバターのぶっかけUDON」「SHOUYUのUDONN」「MISOのUDONN」「鶏のガーリックバター風なUDON」ケチャップ味の野菜炒めののっかった「ナポリなうどん」など・・・

今年の秋の新作3種を紹介。

2015-10-14 12.30.21

まずは「UDONでちゃんぽん900円」ありそうでなかった逸品。黒胡椒の辛みがとてもいい。量も種類もたっぷり入った野菜の甘味とプリプリの海老をはじめとする魚介や豚肉の旨みが出汁に溶け込んでとても深い味わい。特にキノコと牛蒡がいい仕事をする。とじた玉子の口当たりもとても優しい。これは久しぶりのクリーンヒット。

2015-10-22 13.39.49

「肉そぼろのまぜうどん880円」は汁なしの「台湾混ぜそば」のうどんバージョン。ニンニクダレをたっぷりかけてぐちゃぐちゃかき回して食す。天かすがしゃりしゃりして口当たりがいい。玉子が熱い麺に絡まって甘くて辛くてニンニクのコクがあってとても不思議な味わい。唐辛子をかけると更に味が締まっていい。食べ進むとミンチ肉が丼に残るので白ご飯を投入してかき混ぜていただくのがお約束らしい。

2015-10-23 12.12.32

最後は「あん・あんうどん880円」ビジュアルも強烈な奇想天外かつ大驚失色な逸品。注文するのにかなりの勇気が必要。

店主曰く「甘さ」と「辛さ」、「うどん」と「スイーツ」のギリギリの線を狙っているとのこと。

狙う理由がわかんないが・・・

唐辛子を入れると甘さと塩辛さ、唐辛子の辛さが口の中で循環すると言うのでその通りにやってみた・・・

感想は実際に食べてくださいね・・・
大阪市西成区玉出中2-13-23
06-7504-8104
11:30~14:30 17:30~20:00
火曜休み

カテゴリー 玉出, 麺料理 |

一龍

鶴橋にある表記の店で会食。近鉄のホームを降りると焼肉の匂いが立ちこめ、通勤で帰る人はこの匂いを土産に持って帰って白いご飯食べれそうと考える。玉造筋の鶴橋交差点を西にしばらく歩くと千日前通りの北側に位置する焼肉の名店。

個人的には鶴橋で焼肉を食すことは最近はあまりないが近隣には冷麺と上品な韓国料理に秀でる「明月館」、ハラミとレバーで有名な「新楽井」、超有名店の「海南亭」、駅前の「白雲台」、ガード下の「吉田」、芸能人御用達の「大倉」、価格も立派な「とらちゃん」、チヂミが美味しい「かどや」など昔よく通った、蒼々たる店が建ち並ぶ。

その中で最近、私の口に一番合うと思っているのが創業50年のこちらのお店。焼肉は今や国民食なので自分の行きつけの店が一番美味しいというのは確かだと思う。

焼肉店だけは取り扱う肉のランクや人気、値段だけで評価してはいけないといつも考える。こちらの店が鶴橋で一番と思うのもあくまで私の主観である。

この日は店主に赤身中心でお任せでいろいろ出していただく。

2015-10-22 07.56.38

ビールで乾杯をして最初はナムルの盛り合わせ。野菜も上質でとても美味しい。お店は3階建てのビルになっていて1階はテーブル席、2階は半個室と座敷、3階は大人数向けの個室となっている。

2015-10-22 07.56.43

キムチは苦手なんだけど嫌な酸っぱさがないのでとてもサッパリして食べやすい。辛みも上品でかつ味が深いのに驚く。

2015-10-22 07.56.46

厚切りのタン元。真っ白けでビジュアルがとても美しい。脂感も上品で厚みがあるので食べ応えも満点。こればっかり10人前くらい食したい気分になる。

2015-10-22 07.56.48

お肉と一緒にサラダをすすめていただく。焼肉屋さんでありそうだったけどなかったメニュー。お肉を食べてサラダをつまんでお酒を頂くといういわゆる三角食べ。

2015-10-22 07.56.51

盛り合わせ登場。しっかりとした食感で味の深い「イチボ」、小サシの入った「特選ハラミ」、さっぱりとした味わいの「ヘレ」、脂の旨みたっぷりの「サーロイン」これらをポン酢や塩、山葵で頂く。

肉の産地は特に指定しておらず黒毛和牛の中で一番いいものを仕入れていると店主は行っておられた。同じ産地でも個体差はどうしてもあるので品質が一定しないことが多い。どの肉も後味がサッパリしてとても美味しい。

2015-10-22 07.56.54

野菜で包んでいただくといくらでも食すことが出来る。山芋がいいアクセントになる。キムチやナムルも一緒に包んで味の変化を楽しむ。

2015-10-22 07.56.56

ホルモンはツラミ、今まで見たことのないくらいの分厚い上ミノ、かなり新鮮なアカセン。。これも野菜で包んでいただく。言葉が出なくなるくらい美味しい・・

2015-10-22 07.56.58

ここでチヂミ登場。柔らかいヤリイカのゲソが入っている。香ばしく焼けていてパリパリしてとっても美味しい。確実にワンランク上の味わい。

2015-10-22 07.57.01

ここで虎マッコリをいただく。福島県の有賀醸造がつくるマッコリで酒税法上の分類は清酒と聞いたことがある。軽い酸味と微発泡の爽やかな口当たりが心地いい。無添加・無加熱のフレッシュ感がありごくごくと水のように飲み干してしまう。このマッコリを頂くと他のものはもう頂けないな。。。

2015-10-22 07.57.03

更にタレ焼きを頂く。モモ肉の「そとひら」、内臓肉の「サガリ」、もういちど看板商品の「サーロイン」。。この頃になると満腹中枢がおかしくなっていくらでも食せるような気がしてくる。。

お腹いっぱいなんだけど全く胃にもたれずに次の日も快調。注文してから手打ちされる冷麺も有名だけど次回の楽しみにする。予約必須で価格以上の価値はあり。。少人数だと予算を告げて店主にお任せするのもいい食べ方と思う。このペロペロ日記の中では【5pero】でした。

大阪市天王寺区小橋町3-11
TEL/06-6764-6646
営業時間/
11:30~14:30LO14:00
17:00~23:00LO22:00
定休日/火曜日


カテゴリー 鶴橋, 焼肉 |
1 / 912...最後 »