西海岸外食企業視察 2017 ①

毎年の事ながらアメリカの西海岸の成長組の外食チェーン店、最新のフードサービス業態、超かっこいい飲食店舗の視察に友人と行ってきました。アメリカ外食企業(店舗)の実験店舗や最新業態等の観察でアメリカの消費環境のパラダイム変化を知ることでき、そのことによって日本の消費業態の10年後を知り、自社の経営に行かして行く事が目的です。

LAで今最もかっこ良くて大繁盛のBESTIAは、ベストLAに由来。倉庫街によく馴染むくたびれ感を醸し出した外観はかなりかっこいい。

店内に入ると300席以上の客席がドレスアップした女性客を中心に超満席。この日も2ヶ月前から予約を入れていたとの事。バーカウンタ−やソファー席、テラス席もあって使い方はいろいろ。食事はイタリアンなんだけど牛の骨髄を使った料理が印象的でおいしかった。

マンハッタンビーチにあるマンハッタンビーチポストも映画関係者や女優が来る店として有名。高天井のインダストリアルな空気感満載の内装と客で溢れる店内がとてもいい感じで映画のワンシーンのよう。スタッフは女優の卵が多くてその方達をみているだけでも飽きない。エッグベネクトとベーコンとチーズを入れたクッキーが名物。

プエンテヒルズの「パネラブレッド」はITをフルに使った最新店。セルフオーダーキヨスクや自分でタッチパネルを使って注文出来たり、アプリで予約まで出来る。現在2000店を超えるベーカリーカフェだけどいつ何を頂いても大満足。

ブレイズピザも店舗を伸ばしまくり現在150店舗。最大の特徴はBYO(ビルドユアオウン)。自分で商品の内容をカスタムできること。サブウエイなどと同様のスタイル。生地の種類やソースを選んで制限なくトッピングも乗せ放題で定額と言うこと。いくら乗せても直径約30センチのピザが7.95ドル+税というのはかなり安いと思う。生地やトッピングの食材はすべて手作りされる。

食感は軽く一定の上質感も感じられる。フードコート等でよく見かけるアメリカンピザとは完全に一線を画す。イートインの客のほとんどが楽しそうに食事をしているのが印象的。価格以上の価値はかなりあるというのが感想。

テンダーグリーンズの創業店を訪問。グルテンフリー・ビーガンフードなどを中心に現在25店鋪の展開。店鋪平均売り上げは3億5000万円でコンセプトは1930年代のビーチサイドコテージ。

店の特徴は各店舗に一人ずつ配置されたエグゼクティブシェフがいること。
野菜がビックリするくらい美味しくて、レタスは毎朝OXNARD農園から取ったものを使用(当然オーガニック)。ドレッシングも毎日各店舗で作ってるらしい。
太平洋で捕られたマグロやカジキなどの魚、放し飼いで育った鶏肉、数種類の穀物を食べて育ち、ホルモン・抗生物質を与えられていない数種類の牛肉などのメイン食材にサラダ、ガーリックトースト、マッシュポテトまたは焼き野菜が付く。

全米ナンバーワンの中華料理店のパンダエクスプレスも大繁盛。好きなものを入れてもらうシステム。日本人の口には甘すぎる感があるがアメリカ人は好みらしい。特にチキンをオレンジの果汁の入った餡で絡めたものは大ヒット商品。

チック・フィル・エーはアトランタに本社を持つファーストフードチェーンで、全米に2000店舗以上を展開。売り上げはなんと6000億円オーバー・・

目玉商品は鶏胸肉をピーナッツ油で高温高圧でジューシーに揚げられたフライドチキンがパンに挟まったチキン・サンドイッチ。アメリカでは健康志向も手伝ってチキンサンドがハンバーガーの売り上げを上回ったと聞き及ぶ。

1948年創業のハンバーガーショップの「in-N-Out」。発音は「イネナウト」。チェーン店だが西海岸のみで展開。すべて直営の350店舗。

メニューはシンプルにハンバーガー2.25ドル、チーズバーガー2.55ドル、ダブルチーズバーガー3.77ドルの3つのみ。それにフレンチフライとドリンクのついたセットをほとんどの客が注文する。
1.Double Double(ダブルチーズバーガーセット) $6.55
2.Cheese Burger(チーズバーガーセット) $5.50
3.Humbergur(通常のハンバーガーセット) $5.00

隠れメニューがあって、バンズの変わりにシャキシャキのレタスで包まれた”プロテイン・スタイル”や更にグリルされた玉ねぎが入った”アニマル・スタイル”、肉とチーズを好きなだけ積み重ねた”3×3””4×4”など。様々な組み合わせで無数の裏メニューがあるのも有名。

カズノリ寿司は手巻き寿司のファストカジュアル業態。思いのほか美味しい事にビックリする。アメリカ人女性が笑いながらワンカップ大関をグイグイ飲みながら手巻き寿司をつまむ様は見ていて面白い。

健康レストラン『Kye’s Montana』は、サンタモニカの閑静な高級住宅街の通りの一角にある。こちらのレストラン一押しのメニューが見た目は巻き寿司のままの「KYERITO™」
『KYERITO™』は、カイリトーと読みオリジナル。ご飯は玄米で、日本人の海苔巻きには入れそうにない野菜や雑穀を中心にした具材がたっぷり入る。

レドンドビーチにあるシュリンプラバーは水槽で泳ぐエビや蟹をオリジナルのソースとともに蒸し焼きにしたもの。生ガキのあと2kgオーバーのオマールやダンジネスをエプロンをしてワイルドにいただく。


カテゴリー 海外 |
1 / 11