ひろせ 10月

アメリカ出張から帰ってきて標記の店に社員君を誘って直行。数年前までは海外旅行の帰りは難波高島屋前の洛楽亭という焼肉店に伺うのが常だったけど最近は和食が多くなっている

こちらは最近お気に入りの東心斎橋の雑居ビルにある和食店でご主人は西心斎橋のミシュラン店「ゆうの」から独立。献立が月初に替わるのでそれも楽しみ。

カウンタ−6席と4人掛けのテーブル2つのみ。料理はおまかせコース8000円。。

ビールで乾杯をして最初の座付きは白和え。菊菜と柿とピオーネと占地。塩梅も良く普通のものが普通より美味しいのが嬉しい。

続いてうおぜのあられ揚げ。うおぜは正式名称はイボダイで関西では「しづ」とも呼ばれる。淡白で上品な白身をレアに揚げて供される。あしらえは新銀杏とさつま芋と小芋。

刺身は甘エビの諸味醤油漬け、皮目を炙った香ばしいカマス、鰆の梅醤油和え、溶けまくる熟成感のある天然ブリ、剣先烏賊、しらすの奈良漬け巻き。しらすは平鱸の系統で関西では「もす」とも呼ばれる冬場の高級魚。すべての魚がワンランク上の仕上がり。

造りには広島の純米吟醸の秋上がりをあわせて焼き魚や肉料理には山廃の原酒を合わせると素晴しいマリアージュをみる事が出来た。

椀物は赤足海老と鱧をあわせた糝薯と松茸。月見をイマージュしているとの事。相変わらず出汁は突き抜けて美味しい。

炭火で焼かれた鰆はじゃがいもと茸の餡が敷かれる。魚の火入れも完璧で日本酒が進みまくる。

八寸は鱧の卵の豆腐とおから、燻製にした茶豆の盛り合わせ。どれもよくあるものだがワンランク上の仕上がり。

肉料理は和牛のマルシン部分。あけがらしと特製ソースで頂く。口直しは茸のお浸し。

〆は焼き鮭の身が入ったいくらご飯。お替わりしたかったけどお腹いっぱいでギブアップ。デセールも遠慮する。しっかり飲んでも一人1万円余の超ハイコスパ。他店だったら15000円くらいの内容。この先、予約の取れない店になること間違いなし。。。。今回も帰りに11月訪問の予約をしました・・・

 

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋 |
1 / 11