小ざき 10月

阿倍野区役所すぐ近くにある表記の天ぷら店を先月に続き訪問。
メニューはコースのみで時間帯は17:30からと19:30からの2部制。カウンタ−8席だけなので予約がなかなか取れない事でも有名。今回は19:30に入店。前回と同様4000円のかき揚げのついたコースを友人と相伴する。ジャズのかかる清潔で明るい店内はとてもいい空気が流れる。

揚げ手のご主人と奥様とお母さんとこの日は洗い場にお父さんも参加の完全家族経営。

ビールとともに座付きは車海老の足部分と穴子の骨の唐揚げ。この時期どちらのお料理屋さんでも頂く事の多い占地と黒豆の枝豆の白和え。どれもがビールが進みまくる。。鱧の焼き霜造りも一緒にいただく。

この日のお酒は出雲のひやおろしと山形の秋上がりをいただく。どちらも夏を超して円熟味のある味わいでこの時期ならではを感じる。


天ぷらの扉は車海老から。薄衣で少しだけ水分を残した王道の揚げ方。2番目は車海老を大葉で包んで揚げたもの。松茸も味と香りが凝縮。定番の銀杏は餅の食感。

このあと鱧そのままと梅肉を挟んだものの2連発(写真撮り忘れ・・)と続き玉ねぎ、脂がのって味の余韻の深い穴子(尻尾部分を所望する)、徳島産のシャリシャリの蓮根と続く。。。天つゆの味わいも深くてこの店で食事をすると写真を撮る事がどうも億劫になる。。。追加で蓬麩を頂く。

最後は焼き芋状態になったさつま芋。食べようとすると真半分に割れる魔法の天ぷら。。

〆は車海老のたっぷり入った「かき揚げ」を天茶でいただく。コスパも最高で予約が難しいのも当然。天ぷらを食べた事を忘れるくらい食後も膨満感を感じない。。。
次回は11月に訪問予定。

過去のこざきはこちら
大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 昭和町, 天ぷら |
1 / 11