地魚食堂 鯛の鯛 難波店

梅田と三宮で熟成魚を看板商品している標記の店の難波の新店を訪問。梅田店は最近は予約が取れないほどの超繁盛で圧倒的なコストパフォーマンスと明石の漁港から仕入れる天然魚のクオリティーの高さに訪問客がほぼリピーターになると聞き及ぶ。

こちらのお店も他の支店同様に有名な酒造会社の日本酒が何を飲んでも490円と言う破格値で提供。さらに獺祭の2割3分などのお酒も驚愕価格で提供。

看板商品の造り盛りあわせは590円(1人前)天然平目、5日間熟成された金目鯛と天然明石鯛、7日目の石鯛、カンパチとアンキモ、剣先烏賊と北海道産の雲丹の盛り合わせ。

これだけで日本酒が3合飲めるような内容。

カウンタ−のショーケースの中でピカピカに光る太刀魚1080円を塩焼きにして頂く。炭火で焼くので香りもとてもいい。

続いてアンコウ鍋999円も所望。チゲ仕立てで身体がとても温まる。

こちらの名物料理の軽く炙った和牛のサーロインに雲丹とイクラを乗せたもの舌に乗せた瞬間に脂が溶けて旨味が口一杯に広がる。雲丹やイクラとの相性も思ったより悪くはないがそう良くもない・・・

明石産の大きな伝助穴子のタタキは生きている状態のものを客の目の前で〆てお腹から開いて皮を取ってから骨切りをして炙ると言う手間のかかった一品。塩で頂くと穴子の脂の旨味がより甘く感じられる。コリコリの食感も伝助穴子ならではのもの。

天ぷらも秀逸で北海道産の帆立貝柱や明石のタコははレアで提供され、伝助穴子はしっかりと火入れされてカリッとした食感

お酒が残ったので鯛味噌を所望。焼いた鯛の身と味噌を混ぜ込んで鯛の身と絡めたもの。さらにお酒が進みまくる。

そのままハロウインの熱が覚めやらぬアメリカ村を散策。

*ちなみにこれは私です・・・・

 

阪市中央区難波4-7-14 難波フロントビルB1
電話: 06-6630-7714


カテゴリー 難波, 和食 |
1 / 11