高麗橋 桜花

肥後橋駅近くの標記の日本料理店を訪問。友人の焼肉店マダムが一人ディナーをする行きつけのお店で、ずっと前からチェックしていたところ。店前には大きな杉玉があり日本酒の期待も大。ガラスの扉で店内は入ってすぐにL字のカウンタ−と奥にテーブル席。

この日は店主の手元が見えるカウンタ−を所望。カウンタ−の後ろにはバーカウンタ−もあってモダンな内装。メニューを見れば店主自らが生産地を訪れ、選んだ犬鳴ポークや河内鴨、梅ビーフなどの食材が中心となっている。

ディナーはアラカルトとコース料理があって5250円、6000円、8000円の3コース。(外税)この日はカウンタ−で店主と相談しながらお酒に合う好きなものをお薦めいただくアラカルト。

前菜は羽曳野の無花果の胡麻クリーム。渋皮栗と生の落花生、零余子、銀杏など秋の味覚の盛り合わせ。

河豚の身もしっかり入った皮の煮こごりは味わいも豊かで舌触りもトロトロ。。舌の体温で溶けるのにビックリ。

お造りの前にセルフ手巻き寿司のおしのぎ2種。最初はレアに〆たきずしと柴漬けを酢飯に乗せたもの。もう一つは河豚の身に雲丹とイクラを乗せた贅沢な仕様のもの。

珍しいお酒もたくさん揃っていて時節柄「ひやおろし」を中心にお酒を頂くが美味し過ぎてこの日は友人と2人で6合以上頂いてしまう。

お造りは柚子塩で頂く明石の天然鯛、黄身ソースでいただく鱒と卵、濃厚な卵黄の味噌漬けを巻いて頂く鰤などどれもひと手間加えてより自然に美味しくと工夫されたものばかり。

巨大な高知産の四方竹と小妻南京、巨大子持ち鮎の煮浸し。。お酒が強烈に進みまくって困る。

牡蠣酢は知る人ぞ知る北海道の仙鳳趾のもの。身は大粒、甘みと濃厚でコクの深さのレベルが全く異なる。部位によって味わいも違っていて底に敷かれた柔らかな酢のゼリーも秀逸

どうしても食べたくてリクエストしたきのこ鍋は大黒占地、生なめこ、平茸など。スープが最高に美味しい。。

焼き物は河内鴨のタタキと犬鳴ポークの幽庵味噌漬け。皮だけをぱりっと焼き上げた鴨が柔らかくて全く癖もなく秀逸。

日本酒が少し余ったので有機豆腐の味噌漬けを所望する。チーズのようであまりにも美味しいのでさらに日本酒を追加してしまう魔のループ状態に陥る。内容と比べて価格はリーズナブル。サービス担当の奥さんもとても優しい。1人で訪問しても親切に対応いただけます。

大阪市中央区高麗橋4-5-13
06-6201-0223
営業時間:11:30-14:00 8:00-23:00
定休日:日・祝


カテゴリー 肥後橋, 和食 |
1 / 11