ひろせ 11月

心斎橋の畳屋町の雑居ビルにある標記の和食店を訪問。毎月1日に献立が変るのでそれを目当てに訪問する。今月で開店一周年を迎える。店先には修行先のミシュラン店「ゆうの」からの花が届いていた。

カウンタ−6席と4人掛けのテーブル2つのみ。料理はおまかせコース8000円。この日は満席の大繁盛。若きご主人とサービスの女性のみで運営。

座付きは温かい小芋のすり流し。出汁がしっかりと効いていてホッとする味わい。

2皿目は蟹ととんぶりと青菜ともって菊の酢の物。ラフランスを使ったまろやかなフルーツ酢

3皿目は鱈白子のフライ。柿の種を衣に使っているのでカリカリした食感と白子のトロトロ感が楽しい。あしらえはインゲンと鯛皮の胡麻和え。

お酒は秋鹿の純米吟醸で無濾過火入れ原酒と言う珍しいもので甘さはないけどこってりとした味わい。もう一つは石川県の遊穂の山おろし純米

生モト特有の力強さがあり、ひやおろし特有の濃醇で腰があり、独特の酸味と旨味のしっかりとまとまった味幅のある味わい。焼き魚や肉料理と相性抜群だった

お造りは瀬戸内海の鰆、アオリイカの黄身巻き、和歌山の鯖きずし、鯛のカンズリ添え、天然平目の5種盛り(写真なし)

椀物はウオゼの巻繊蒸しと舞茸。秋の素材の出会いもの。出汁の加減も秀逸。

焼き肴は伝助穴子の塩焼きと原木椎茸、かぶらを酢橘醤油で頂く(写真なし)

最後の肉料理は牛スネ肉と葱と牛蒡を小麦の皮で巻いて揚げてさらに炭焼きしてサラマンダーで仕上げた春巻き状のものと柿と大根のサラダ。。(写真なし)

食事はカマスとキノコの御飯。

デセールはさつま芋と南瓜の羊羹、巨峰、梨。今日もお腹いっぱいごちそうさまでした。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 11