鮨うちやま

法善寺近くの「いきなりステーキ」が入るビルの4階にある隠れ家寿司店を訪問。
エレベーターを降りると料亭のような店へと続くアプローチにテンションが上がる。
カウンター席は8席ほどでカウンターの後ろがガラス張りの庭園になっているのにびっくり。
そぼ降る雨に見立てたミストが施されていてとても美しい。

座付は子持ち昆布、おば雪の酢味噌かけ、鮪の山椒煮、フルーツトマト、黒豆、赤貝のひもの酢の物、河豚の身皮部分。

ショウサイフグと芽ネギ、自然薯のおろし汁、毛ガニの酢の物と続く。。。お酒(日本酒)が店主の趣味かわからないけど辛口しかなかったのが残念。

刺身はコリコリの寒グレとねっとりとした食感の脂のりまくりの平目。続いて加太の鯛とトロトロのブリ。。

寿司の扉はビジュアルも美しい平目の縁側から続いてひめじという山口県でよく獲れる外道の小魚。。思いの外に脂が乗ってて美味しいのにびっくり。湯がきたての車海老の上には海老味噌がオン。この後で河豚の白子が入った滑らか茶碗蒸し登場。

握りは北海道のバフンウニ、大阪湾のハリイカの漬け、赤貝に焼きたての鰻と続く。

最後はコハダで〆(笑)河豚の骨が入った清汁とデセールでお腹いっぱいになりました。

食後はいつものサンボアでマティーニをすする。来週リッツカールトンで行われる100周年パーティーの話題でマダムと談笑。

心斎橋商店街で見つけた面白い方。。。*撮影許可は頂いています・・

大阪市中央区難波1-5-23
法善寺タウンビル 4F


カテゴリー 難波, 寿司 |
1 / 11