Farmers CAFE and GRILL「奈良食堂」‐leaves‐

私どもの会社が3年半の準備時間をかけた表記のお店が2月13日にオープン。場所は近鉄大和八木駅南口徒歩3分のカンデオホテルの1階に位置する。

食堂という名前だけどテラス席も入れて108席の大型カフェ店舗。店内は白いタイルと吉野杉を使ったLAを意識した内装。

ランチタイムは地元で採れたサラダ食べ放題がついて女性客を中心に大賑わい状態。ディナータイムも地元産の牛肉、豚肉、野菜等をオープンキッチンのグリルで焼いて提供する業態。

徹底的に地産地消にこだわったメニューで地元で取れる果物や野菜を使ったスムージーや生搾りサワーも大好評。

まずは前菜5種盛り合わせ1280円は色々きのこの酢漬け、ローストビーフとローストポークの食べ比べ、自家製ポテトサラダオリーブの香り、地元野菜のピクルス。イタリアンオムレツ、ラタテゥーユのお得な盛り盛りセット。。

ワインもボトル1800円から。写真はオーストラリアのシャルドネ3500円。。驚くほど樽香があってふくよかな味わい。

タパスも380円から色々あってちょい飲みにもピッタリ。農園レタスのヤマトポーク巻き380円はしゃりしゃりの食感がとてもいい。

チーズナチョス480円。。若い女性に大人気らしい。。

ヤマトポークを使用したパテドカンパーニュ780円もレバーの香りもあってとても美味しい、

大きな海老のレモンバター焼880円は頭の味噌も美味しくて食べ応え満点。

海老のアヒージョ890円は野菜たっぷりで身体にも良さそう。

地元で取れる葉物をたっぷり使った農園サラダ580円もドレッシングをトスしているので全体にうまく馴染んでとてもいい。炭酸せんべいのカリカリの食感も嬉しい。

奈良産牛ステーキと国産若鶏炭火焼のアソートメンとしたもの。ビジュアルも美しくてインスタ映えする内容。モモ肉を使用しているのでとてもヘルシー。

ヤマトポークのスペアリブは低温調理の後で炭火で焼いているので肉質も柔らかくてとても香ばしい焼き上がり。脂も甘くて赤ワインにピッタリ。

締めは野菜が思いっきり入った奈良パスタ980円はビジュアルも良くて味もいい。

帰りに難波に立ち寄ると商店街で面白兄さん発見。。

奈良県橿原市内膳町1−1−60
0744−23−0020
10:00~22:00

年中無休


カテゴリー 奈良県, カフェ, レストラン |
1 / 11