唐菜房 大元

友人と西天満にある表記の中華料理店を訪問。昼間に何度か伺ったことはあるが夜は初めて。シェフは辻調理師学校の講師をしていただけあり凄腕と界隈でよく聞く。中国人の客がたくさん訪問する事でも有名。
ランチタイムの海南飯が秀逸ででいつも大繁盛。

1階はカウンター7席とテーブル席、2階はテーブル席となっている。オススメの青島ビールのプレミアムで乾杯する。料理は8000円からのお任せで今回は10000円で仕立てていただく。

前菜は鶏肉と野菜をマレーシアの醬で和えたピリ辛の料理。ビールがよく進む。。

大振りの大根餅は中に入るベーコンと干しエビが香ばしい。

干し金華豚のオイル漬けは熱々のバンズに挟んでいただく。一度にこんなに大量の金華豚をいただくのは初めて。アクセントのトリュフもとてもいい。

上海蟹の身と味噌の入ったスープ仕立てには大量のフカヒレが入る。昨日まで生きていたらしい。

大きな貝柱をXO醬で炒めたもの。独特の深いコクがあって紹興酒にドンピシャなり。貝好きの私には大ご馳走。

トロトロに煮込んだ豚足と伝助アナゴ。。これもシェフのスペシャリティーらしい。豚足は苦手だけど嫌な脂をしっかりと取り除いているために抵抗なくいただけた。

酢豚ならぬ酢鴨。カリカリのパリパリに仕上げられていて飲み込むまでに3度くらい味わいが変化する不思議な料理。付け合わせのリンゴとの相性抜群。

締めは土鍋て供される鯛ごはん。。鯛の切身の上には刻まれたトリュフと生雲丹がてんこ盛り。。なんとも贅沢な鯛ごはんであろうかトリュフの香りが鼻腔鵜をくすぐり北海道産の雲丹の甘さが脳幹を刺激する

デザートは初めていただく中国のお菓子。。名前は忘れた・・・ねっとりした食感で程よく甘くてとても美味。

お約束のマンゴープリン。。。さっぱりして美味しかったです。。

大阪市北区西天満4-5-4
06-6361-8882
11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
日曜、祝日休み


カテゴリー 西天満 |
1 / 11