文世食堂

肥後橋駅を西に10分くらい歩いた川沿いに位置するイタリアンレストランを訪問。このブログの読者様にご紹介いただき友人を誘って訪問する。

ビールで乾杯をして付き出し登場。オリーブとタラーリというサクサクした塩味の乾パンのようなもの・・・

まずは前菜盛り合わせを所望・・・

盛り合わせという名前なんだけど小皿で一皿ずつ出てくる趣向。シラスとミニトマトのブルスケッタ、ズッキーニのロースト、変わり野菜3種のバーニャカウダー。バーニャカウダーソースが秀逸なり。。。

青海苔をピザ生地のようなものに混ぜて焼いたゼッポリーニを韓国海苔で巻いていただく。イタリア風オムレツのフリッタータ、焼いた一寸豆をチーズと一緒にいただくなどどれも一手間かかった仕事がとてもいい。

玉ねぎを丸ごと焼いてタップナードソースをかけたものはシャブリにドンピシャ。。玉ねぎの甘みとソースの塩加減がなんとも言えない美味しさを醸し出す。素揚げしたトウモロコシも甘々。アランチーニはイタリア風のライスコロッケ。。

9種類の小皿で提供される前菜は圧巻・・・これだけでも大満足・・

伝助穴子の一夜干し炭焼きは皮がパリパリで旨味が凝縮している感もあってワインが進みまくる。これだけ3皿くらい頂きたいとおもった。

そして今回お目当の『低脂肪国産牛のTボーンステーキ炭火焼き』が登場。まずは表面だけを焼いてからプレゼンテーション、T字型の骨がついたままのステーキは片側にヒレ、片側にサーロインのついたワイルドな容姿。価格は100グラム1000円とのこと。。この塊でなんと750グラム。。

これを45分くらいかけて丁寧に焼き上げる・・

ワインはイタリア産を中心にお手頃な価格でラインアップされている。フランス産のスッキリ系のピノ・ノワールを所望して肉の焼き上がりを待つ。

焼きあがった肉はなんともインスタ映えする出来栄え。表面はしっかりと焼きこまれていて、手前部分がヘレ肉で奥がサーロインと脂身部分。味付けは「岩塩」「オリーブオイル」「レモン」のみ。

ヒレ肉はとっても柔らかくてジューシー。サーロインはしっかりとした歯応えと噛む程に赤身肉ならではの凝縮感を感じる肉の旨味とあっさりとした食味の脂身に大満足。

葉野菜の盛り合わせと一緒にいただくとあっさりしていくらでも食べることができる。ワインをいただきながらムシャムシャと全て平らげる。

仕上げのリゾットも完璧な炊き上がり。。お腹いっぱいだけど一気に食す。。

最後に手作りの生キャラメルをいただく・・・帰りはご夫婦でお見送りいただく。。。駅からは少し遠いけどわざわざ訪問する価値はあり。。

帰りはコンラッドで夜景を見ながらお酒をいただく。。

大阪市西区土佐堀2-1-8
電話:06-6450-8039


カテゴリー 肥後橋, イタリアン |
1 / 11