大黒

休みの午後に難波の表記の店で昼飲みランチ。明治35年創業のかやくご飯で有名な老舗。最近は外国人の客も見ることが多い。

場所は御堂筋から西に入ってすぐ。

店内は8人ほどが座れば窮屈になりそうなテーブルが2卓。
当然相席になるがそれはそれで問題はない。

最初にビールをいただいて生鮭の焼き物とかやくご飯の小を所望する。

焼き魚は注文の都度焼いているので時間はかかる。スマホを見ながら時間を潰す。
焼き魚が来る前に小芋の炊いたものをいただく。少しだけ唐辛子をかけると味わいも変わっていい。

皮はパリッと焼かれていて身はふんわり。。かやくご飯は少し柔らかめだけどしんみりとした味加減がとてもいい。細かく刻まれた油揚、コンニャク、牛蒡が入っていてその上に刻んだ焼き海苔がかかる。味は濃すぎずお菜の邪魔をしない。

ご飯をいただいた後にビールをお代わりして、たこ酢とナスの煮浸しと芋サラダをいただく。どれもが優しい味わいで価格も廉価なり。

きゅうりもみを食むシャリシャリという音に夏のおとづれを感じる休みの午後でした。

大阪市中央区道頓堀2-2-7
06-6211-1101
営業時間: 11:30-15:00
17:00-20:00
定休日: 日月祝

関連ランキング:定食・食堂 | 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅


カテゴリー 難波, 和食 |
1 / 11