2018年08月

桜富士山 8月

関西では珍しい南インドの料理を提供する表記の店を訪問。最近はミーツの雑誌にも大きく掲載され辺鄙な場所に位置するんだけど連日大盛況。現在はバーを間借りしての昼のみの営業。

南インドの定食を意味するミールスとピザのようなクルチャ、おばんざい数種類が本日のメニュー。

本日のミールスは酸味のある帆立貝のビンダルカレーとサンバルはゴーヤ、アチャールは茄子。。

これを皿の上に一気にぶちまけてさらにかき回して混ぜ回していただく。甘かったり酸味があったりゴーヤが苦かったり味の変化やそれぞれのカレーが混ざって味のカオスがとても楽しい。全てサラサラのカレーなので全く胃にもたれないし食べた後もとても爽やか。スパイスのせいか全く膨満感はない。

食後はチャイかラッシーが供される。店主の玉井さんもとても優しくて私が界隈では一番美味しいと思う名店です。

大阪市住之江区粉浜1−26−14
*Migeru(ミゲル)という店の間借り営業。
現在は土日のみの営業です。
11:00〜14:30(売り切れ終了あり)

明日から数日間ジャカルタに飲食店視察に行きますので日記を休ませていただきます。。


カテゴリー 玉出, カレーライス |

天然鳥獣山菜魚料理 山女庵

岸里にある表記の完全予約制の店を貸し切りにして会食。大きな囲炉裏を囲みながら春は山菜・川魚、夏はすっぽん・うなぎ~鱧へと、秋はきのこ、冬は雉・鹿・猪と様々な天然の食材をいただける。。天然鰻の入った特別コースでお店にある日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎など全てフリードリンクで11000円。

座付は青梗菜のお浸しとすっぽんの血をジュースで割ったもの。

すっぽんの肝と心臓はごま油で供される。この日は2.5キロの巨大サイズだったらしい。

こちらのお店の名物のカツオのタタキはかなり新鮮でモチモチの食感。ニンニクと塩でいただくことを勧めていただける。

巨大な天然鰻のプレゼンテーション。ご主人と奥さんが一緒に三重県まで行って釣って来たとのこと。

焼きあがった鰻は身厚で食べ応え満点。天然鰻独特の食感と味の深さにうっとりしてしまう。日本酒と一緒にいただくと重厚な味わいがより強く感じられる。

夏野菜の天ぷらは三度豆、蓮根、かぼちゃ、万願寺とうがらし、ミョウガ・・・

続いて活鱧のてんぷらは骨斬りがお見事。ふわふわしてモチモチの食感。

最後にメインのすっぽん鍋登場。すっぽんのお肉と甲羅のゼラチン部分を全部鍋に入れてお出汁をとる。脂部分もしっかりあって食べ応え満点。天然ならではの鶏肉のようなしっかりした食感が特徴。

すっぽんから出る出汁もとても濃厚。京都の「大市」よりさらに濃厚なトロトロのスープにびっくり。鍋ごと全部いただきたくなるくらいの美味しさ。

最後は生米から作る雑炊。アルデンテに仕上げられたご飯は濃厚な出汁を吸い込んで超絶品。。お酒もたらふくいただいてお腹いっぱい大満足でした。4人くらいでいくのがちょうどいいかと思われます。。

大阪市西成区岸里1−3−10
電話:06-6657-2292
営業時間:完全予約制
定休日:日曜・祝日


カテゴリー 未分類 |

燈花 堀江店

なんばハッチにて知り合いが初リサイタルをするというので早い時間から見に行ってその帰りにリバープレイスにある表記の店を訪問する。

ビールで乾杯をしてお通しはゼリー寄せ2種。。。海の幸とアボガドのサラダ890円、水ナスの浅漬け420円、自家製豆腐490円。どれもが高価ではないが内容もそれなり・・

お造り盛り合わせ2180円(2人前)は鮑1/2、サーモン、カンパチ、シマアジ、養殖鯛、皮を炙った鰆、湯葉。

金目鯛の兜焼き690円はほとんど身がついていないのが残念

お店一押しのフォワグラ大根有馬山椒のソース990円はフォワグラが小さく縮んで行方不明状態。。大根はしっかりした味付け過ぎ・・・・

スタッフさん一押しの蓮根と海老のはさみ揚げ690円は普通に美味しかった。

寿司も色々食べてお勘定は2人で19000円でした。。

18歳で島根から大阪に来て新地・ミナミ・銀座のスナックの流しで生計を立てて4年目で昨日初めてのリサイタル。彼女の弥栄を願う。

大阪市西区南堀江1-5-17 キャナルテラス堀江 西棟2F 電話:06-6110-8688


カテゴリー 難波, 和食 |
1 / 1012...最後 »