桃酔 8月

法善寺にある表記の店で友人と会食。多岐にわたるワンランク上の割烹料理が居酒屋の価格でいただけるので連日満席が続く人気店。この日は開店直後を狙って訪問する。

狭い間口の階段を上がったビルの2階に店はある。この日はご主人の仕事が見えるカウンター席に案内いただく。

ビールで乾杯をしてまずはお造りの盛り合わせ。北海道の甘エビ、戸塚鯵、鱧の梅肉、活あわび、鯛の焼き霜、縞鰺、活だこの7種盛り。。居酒屋のそれとは異なるワンランク上の食材に舌が喜ぶ。

続いてお酒を麦焼酎に切り替えて海老とアボガドの胡麻和え680円も手作り感のある濃厚な味わい。焼酎にドンピシャなり。

濃厚寄せ豆腐という名前の冷奴380円。わさび醤油が甘さを一層引き立てる。大豆の味わいがとても濃い

大きなホタテの殻に入った海鮮コロッケ680円は帆立貝やエビがわんさか入るクリームベースのもの。ウスターソースのアクセントもとてもいい。

名物の蓮根まんじゅう780円はねっとりした舌触り。餡のだしの美味しさと相まって文句なしの味わい。

この時期ならではのイチジクの揚げ出し680円も焼酎によく合う。甘くて酸っぱい初恋の味・・・・

ここから日本酒に切り替えて海藤花(蛸の卵)のポン酢和え480円をいただく。なんとも言えないもっちりした舌触りはとても好きな味わい。

松茸と活鱧のかき揚げ780円は普通に美味しい。しかしながら150近くあるメニューをほぼ客を待たさずに提供する技術に感服。仕込みが大変であろうことが推察される。

分厚い穴子の白焼き780円も秀逸。皮はパリパリに焼きこまれて身の部分はしっとり。わさび醤油でいただくと日本酒が進みまくる。

お酒が少し余ったので豆腐の味噌漬け580円を所望してチビチビといただく。。そうこうしている間に周りを見れば超満席状態なのでいそいそと席を立つ。。

店を出て法善寺の中にある夫婦善哉で甘味をいただき帰宅する。

過去の桃酔はこちら

大阪市中央区難波1-6-4
営業時間 16:00~22:45
定休日 日曜・祝日
06-6211-1572


カテゴリー 難波, 未分類, 和食 |
1 / 11