2018年11月

三輪食堂

ジムの後で木津市場にある表記の店で一人ランチ。糖質制限をしているために11月から炭水化物を一切摂取していない。。
そんなことはどっちでもよくて早朝から昼過ぎまで開いているこちらも店は35年くらい通う大好きな大阪を感じるお店。

マスオさんとヒサオさんという兄弟(今はどちらもシニア)が営む。。昔は彼らのお父さんもいて息子2人を叱り飛ばしながら仕事をしていた。。
その頃がとても懐かしい・・・・・

市場の中なので刺身を含め魚はかなり上質なものが多い。この日は身厚の笹カレイの一夜干しを勧められて所望する。ふわふわの白身をポン酢につけて食す。。一夜干しのために味が凝縮して旨味たっぷり。。ビールが欲しくなるけど我慢する。

この店名物の肉巻き玉子800円。和牛肉を甘辛く炊いて出汁巻の具にする。出汁に浸かったふわふわ玉子の塩梅もお見事。個人的に大阪で一番美味しい大阪らしい惣菜と確信する。お酒にも白ご飯にも相性バッチリ。。アサリの味噌汁でフィニッシュなり。。

過去の三ツ輪食堂はこちら*個性的な店なので面白いです・・・

大阪市浪速区敷津東2-2-8木津卸売市場内
営業時間3:00~13:00
定休日日曜、祝日、第2第4水曜

 


カテゴリー 大国町, 和食 |

やすだ

表記のしゃぶしゃぶのお店を訪問。ミシュランのビブグルマン獲得のお店。。城北通りの毛馬のライフスーパーの近くの住宅街に位置する。都島駅から徒歩15分。。立地はかなり悪いんだけど最近は予約が取れないことでも有名。

ファザードはなんとも言えない寂れ感と怪しげな雰囲気。なんとも言えない昭和な空気感が満載。。質素な店内は4人座れる小上がりが3つとテーブル席が3つのみ。調理は高齢のご主人が一人で担当する。

まずは前菜がわりに肉のたたき1620円を所望。もみじおろしとポン酢でいただくのだが肉が噛み締めただけで溶けていくのがわかる。甘みのある脂がなんとも言えないくらい美味い。ガーリックチップと一緒にいただくとお酒が進みまくる。。


店主おすすめのレアに仕上げられた牛ロースかつ2160円も同様に脂の融点が低いために咥内で脂の甘みが炸裂する。サクサクの薄衣を纏った肉は驚くほど柔らかくて軽い。こんなビフカツは今までに食べたことがない。

メインの特上しゃぶしゃぶ3750円。まずは野菜登場。。

肉は大きな包丁でご主人が全て手切りするために灰汁が出ない・・・霜降りまくりの和牛サーロインを使用。。ポン酢の加減も肉に負けないしっかりした塩梅。写真の肉は1人前。軽く火を通していただくと声が出なくなる美味しさにびっくり。。。。。

締めは茶そばの乾麺をそのままダイブ。途中で店主が来て湯がかれた蕎麦にホワイトペッパーを振りかけてくれる。。

さらに店主が鍋の出汁に塩と胡椒を入れて仕上げのスープを作ってくれる。。一見いかつい高齢の店主だけどとても親切でスタッフの方々も気配り満点で美味しく楽しく財布に優しくいただけました。翌月の予約をして店を出る。。

大阪市都島区毛馬町2-3-15
17:00~22:30(L.O.22:00)


カテゴリー 都島, |

ウルフギャングステーキハウス 大阪

大阪駅直結のルクアイーレ10階にある表記の店を訪問。ニューヨーク発祥の国内3店舗のステーキハウス。。店内はありがちな昔のアメリカンな雰囲気。

麦焼酎のロックを注文してまずは前菜のシーフードプラッター4800円を所望。小ぶりのロブスター片身とブラックタイガーの海老とクラブミート。どれも冷凍なので味はイマイチ。レモンを絞ってケチャップをつけていただく・・・

店員さんオススメのウルフギャングサラダ1800円はオニオン、トマト、パプリカ、焼いたベーコン小エビにモッツァレラを有料で追加トッピングしてもらう。今回はボリュームを鑑みてハーフサイズで作っていただく。 

前菜のロブスターがイマイチだったのでカナディアンライブロブスターの3ポンド(約1.4キロ)をスチームで注文する(時価・・この日は18000円)。まずは客席まで持ってきてくれてプレゼンテーション。

お酒の値付けはかなり高め。最初は7万円くらいのものを勧められたけどソムリエさんと相談して程よいコスパのいいニュートンを所望する。

蒸しあがったローブスターは迫力満点。プリプリの身にレモンをぶっかけて大きく切り分けて口いっぱいに頬張る。。。頭の味噌も甘くてパンにつけていただくと恍惚感に浸ってしまう。爪肉や足の肉も大きくて食べ応えあり。この商品は高いけどかなりのお値打ちなり。。

看板商品のプライム ステーキ 2人前18000円 がミディアムレアの焼き加減で登場。想像以上に肉厚で強烈なボリューム感と圧巻のビジュアル。取り皿は肉が冷めない様にオーブンで熱々で持ってきてくれる。

サシの入った和牛ステーキとは完全に一線を画すタイプで表面はカリカリで中身はジューシー。噛み応えも適度にあって肉の味を思いっきり堪能できる。

約1ヶ月間熟成庫でドライエイジングをかけていると聞き及ぶ。噛み締めると茶豆のような熟成香が鼻に抜ける。真ん中に大きな骨があって手前がフィレで隣がサーロインとなっている。

最初は塩胡椒でいただきそのあとはさっぱりしたステーキソースをつけていただく。お腹いっぱいで数切れ残すとスタッフさんがどギーバックにいれて持ち帰り仕様にしていただいた。

スタッフさんの接遇も温かくてとても美味しくいい樹冠を過ごすことができました。。


カテゴリー 梅田/JR大阪, レストラン |
1 / 1012...最後 »