2018年12月

12月雑記

読者の皆様におかれましては昨年一年間私の駄文を見ていただき感謝申し上げます。11月より糖質制限とジムワークのダイエットを行なっているために訪問する店が偏りまくっております。このダイエットは1月末まで行う予定です(体重10キロ減量目標)

タンパク質を毎食取らなければいけないとのトレーナーの指示で毎日肉食生活を送っております。日記に記載していない分を含めると毎日ステーキか焼肉か焼き鳥のいずれかを食しております。

通っているジムの横にある焼肉萬野ホルモン舗三休橋店

ランチタイムのヘレステーキダブル1800円をヘビーユース。オーストラリア産だけど癖もなく柔らかでとても食べやすい。つけだれもニンニク醤油を始めいくつかあるので食べ飽きない。

最近マイレージ会員にもなったいきなりステーキも阿倍野ルシアス店を始めあちこちの店をよく利用する。コスパがとてもよくてお気に入り。アンガス牛サーロイン完全脂身カット320gをよくいただく。脂身が少ないのでとても食べやすい。。

北新地にあるステーキザファーストのランチタイムに提供されるメキシコ産赤身ステーキ300gは1430円。かなり硬いので歯の訓練になる。顎が痛くなる肉も久しぶりにはいい。

南船場の豚料理専門店の銀呈の赤豚DDXというブランド豚を使用したステーキ300gは突き抜けた美味しさ。ミディアムに焼き上げた豚ロースは肉汁たっぷり。旨味も炸裂で牛肉よりも好みかもしれない。。

1週間後に銀呈にステーキを食べに行ったところ糖質制限中でしたら「塩焼きで作りましょうか〜」とのスタッフさんの提案があって特別ステーキをわざわざ作っていただく。塩胡椒だけで仕上げられたステーキも秀逸。。今までこんな美味しい豚肉は食べたことはない。

今年一番よく訪問したあべのハルカスの近鉄百貨店B1にあるサンクレーゼのバル。立ち飲みなんだけど隙間時間を利用して美味しいワインをいただくことができる。シニアの常連さんもいてたまに差し入れなどもしてくれる。。

来年も何卒よろしくお願いいたします。。正月3日までぺろぺろ日記お休みさせていただきます。。
鷺岡和徳拝

カテゴリー 未分類 |

生ホルモン処 おさむちゃん 12月

大阪で今もっとも予約が取りにくいと言われる堺の表記の焼肉店を友人に誘っていただき訪問する。JR阪和線鳳駅から徒歩30分というかなり辺鄙な場所に位置する。なんとも言えないパンクな店構えが素敵。この日は16時半からの予約で明るいうちからの晩御飯。

メニューは毎回店主のおさむちゃんのお任せ。

キムチの盛り合わせはイチゴ、アボガド、玉蜀黍、トマト、胡瓜、白菜、クリームチーズ、胡桃など創意工夫に富んだものばかり。座付にはとろみのある生姜の効いたスープで身体を温める。

最初に米沢牛のヒウチ肉。A5のマーブリング12の最高級ランクのもの。これをまず最初はバーナーで丸ごと炙って叩きで食す。

続いての米沢牛のタンも固まりに包丁をして丸ごと焼き上げる。一切ずつ生、梅醤油、山葵、梅山葵と味変をしながら楽しむ。最後に出てきた味噌ダレ焼きも秀逸なり。

見ただけで上質とわかるフィレ肉も軽く表面を炙って醤油だれで供される。

和牛のツラミも噛めば噛むほど味が出る。おさむちゃんの繰り出すギャグを聞きながらずっと大笑いしながら肉を食す。

米沢牛のはらみ肉登場。。和牛のはらみでも入荷が困難であるのにこのレベルの仕入れは奇跡としか言いようがない。

炊きたてのご飯の上に乗せて供される。。美味くない訳が無い・・・・・

ヒウチ肉を軽く炙ったものを卵醤油の甘めのタレにくぐらせてご飯の上に乗せていただく。これは今まで経験した中ででいちばんご飯に合う焼肉であると確信する。。

超分厚い和牛のテッチャン。。口溶けも良くてあっさりと食べることができる。

最後にレバー焼き。。全く癖も感じない。。かなり新鮮と思われる。  

最後は辛口のたまごスープで締め。。まさにおさむちゃん劇場で2時間半があっという間に過ぎてしまう。膨満感もなく気持ちよく店を出る。細やかな気配りもあって人気の理由がよくわかる名店です。。会計は飲んで一人1万円くらい。。

1日3回転の超繁盛店なんだけど予約は半年待ちとのことです・・・

堺市西区鳳北町8-33-4
080-5322-0036


カテゴリー 堺市, 焼肉 |

二代目 鶏焼き将軍

長居の交差点の北西のビルの2階にある表記の焼き鳥店を友人とクリスマスの夜に訪問。こちらはお客が串に刺していない鳥肉をテーブルで焼くスタイル。

前回訪問して安くて美味しいことにびっくりした記憶がある。置かれた七輪のすぐ横にダクトがついていて煙をみんな吸い込む仕組みになっているので嫌な匂いが全くない。

オススメの軍鶏焼き盛り合わせ1080円と朝引き地鶏が980円を所望する。

赤い身の軍鶏のモモ肉、厚みのある軍鶏の皮、軍鶏の胸肉は塩と唐辛子で食べることを勧められる。しっかりした歯ごたえと深い旨みは独特のもの。軍鶏のレバー、地鶏の胸肉、地鶏のせせりは甘めの醤油でいただく。。食べ比べると味の異なりや食感の違いがよくわかって楽しい。

軍鶏がゴリゴリの食感なんだけど旨味もあっていちばんのお気に入り。

締めは名物の親子丼。。私は糖質制限中なので辛抱する・・・

大阪市住吉区長居東4-6-15 2F


カテゴリー 長居, やきとり |
1 / 912...最後 »