ウルフギャングステーキハウス大阪 1月

大阪駅のルクアイーレ10階にある表記のステーキハウスを訪問。11月に友人と行ってロブスターがとても美味しかったので一番大きなものをと事前にリクエストする。

エビ好きなので大きくて生きているエビカニを見るととてもテンションが上がる。これをロースとかスチームか選べるんだけど当然のことながらスチームでいただく。

溶かしバターにつけてプリプリの巨大な身をいただくと至福の時間となる。頭の味噌も香ばしくてとても贅沢な味わい。外国に行けばよくいただくんだけど日本のレストランでこのサイズのロブスターはあまり見かけない。

肉はシグニチャーの熟成アンガス牛のTボーンステーキ。フィレ肉とサーロインが一度に楽しむことができる。

和牛の様に脂がいっぱいではないのでとても食べやすい。表面はカリカリの食感で中はレアな感じ。熟成されているので肉の旨味もしっかり感じることができる・糖質制限中なんだけどマッシュポテトも少しいただいた。

食事の前にB2のバルチカのワイン売り場で一人シャンパンを楽しむ。気がつけば1時間経過。携帯を触りながらぼんやりと過ごすこんな時間もたまにはいい。

前回のウルフギャングはこちら


カテゴリー 梅田/JR大阪, 焼肉, その他料理, レストラン |
1 / 11