2019年04月

4月雑記

4月も私の駄文を見ていただきありがとうございました。毎日外食なのでなかなかダイエットが思うように進まない毎日です。

南船場にある「船場虎島」の牛鍋ランチ1600円。脂身の少ない赤身のロースをたっぷり使用した牛鍋。底にはうどんが隠れている。淡路の玉ねぎ、ニラ、牛蒡、卵なども入って食べ応え満点。出汁はかなり薄めの本格派。食べ進むうちに味わいが深くなってちょうど良い塩梅となる。

天王寺mioにある立ち食い寿司の「牡蠣とワインのすしまる」殻付きの生牡蠣を売りにしていてこの日も三重産の牡蠣とスパークリングで小腹を満たす。。寿司も安くて美味しい。。

裏天王寺すしセンター。コスパは抜群でこの日は魚屋ざんまい300円は石川産の甘エビ、朝締めのオコゼ、鰤の炙り。。セレブ魚屋ざんまい490円は金目鯛の炙り、鮑、のどぐろ炙りの3種類。。ダイエット中なのでこの辺で終了。

赤身肉はいつもしっかりと取るようにとトレーナーに言われているので定期的にステーキのどんといきなりステーキは訪問するようにしている。お気に入りのアンガス牛サーロイン。この日は350gを完食。。まだまだ若いな・・・・

得意先の50周年のパーティーにお呼ばれ。豪華絢爛な高級食材をたくさん使った素晴らしい会でした。こちらさまとは45年くらいのお付き合い。。。私どもも頑張って50年続く会社を目指します。。


カテゴリー 未分類 |

釜炊き近江米 銀俵

信楽に行く途中で表記の店でランチをいただく。
新名神信楽ICからすぐ信楽市街への入り口のような場所に位置する。
お店はログハウス風で。駐車場も広い。

メニューは大和芋のとろろ定食1000円から
・しまほっけ定食
・焼き鯖定食
・鶏の唐揚げ定食
・チキンカツ定食など

店名通りご飯にこだわりがあり地元産のコシヒカリを信楽焼きの陶製羽釜で炊き上げる。味噌汁の味噌は信楽産の大豆からの手作りで出汁は熟成させた天然の利尻昆布を使用。

今回は唐揚げを所望する。

近江米粉の唐揚げ定食1480円(税込)の内容は
・近江米粉の唐揚げ
・日替わり味噌汁
・一口大和イモ芋とろろ
・日替わり副菜
・香の物
・白米

モモ肉を使用した唐揚げもジューシーで美味しくいただきました。食事の後は陶器を見に窯元を訪問。

滋賀県甲賀市信楽町牧1396
0748-83-8016


カテゴリー 滋賀県, 和食 |

馬鹿坊(ばかぼん)

地下鉄各線天神橋筋六丁目駅10号出入口から徒歩4分、地下鉄谷町線中崎町駅1号出入口から徒歩3分、都島通り沿いにある表記の四川料理店を訪問。

ランチタイムに提供される泥担々麺なるものが有名。1階はカウンター8席のみ2階はテーブル席で今回は8人で2階の席を予約して一人5000円のコースを作っていただく。

前菜は6種まずは牛スネ肉を使ったもので中にはもやしの湯がいたものが射込まれる。続いて春雨とエビのサラダ。じゃが芋を千切りにしてさっと炒めたもの。ピータンと豆腐のサラダ、干し豆腐のサラダ。よだれ鶏はタレが激辛、下に敷かれたキュウリがからさを中和。これだけでもかなり本格的・・・

ここから温菜の始まり・・・手羽先を揚げたものを辛味ソースで和えたものと鴨ロースの四川風。。どちらも辛旨でお酒が進みまくる。続いては牛肉の柔らか煮込みでかなり濃いしっかりした味付け。天使の海老を使ったエビチリは卵入り。。レタスの牛肉炒めはさっぱり。。

マストメニューの四川麻婆豆腐はかなりの痺れ。。。あとから強烈な辛さが追いかけてくる。久しぶりにメガトンパンチ級の麻婆豆腐をいただいた。。続いて激辛のよだれ揚げ豚。。。

ラストはシグニチャーメニューの泥担々麺で締め。出てきただけで辛そうな香気を纏っている。こちらの泥担々麺は太麺のストレート麺で店内の製麺機で作られているよう。。小麦の香りがしっかりする多加水の麺で、しっとりとしたコシのあるモチモチシコシコのツルツルの麺。タレは豚骨ベースのドロドロのタレで絡みと痺れのバランスもとてもいい。辛味噌の旨味も混ざってとても複雑で深い味わい。。食べ終わったらご飯を入れて底に残ったタレを混ぜ込んでいただくのがオススメとのこと。お腹いっぱいで汗まみれになりました。。。辛いものが好きな人には絶対オススメです。。

大阪市北区浮田1-4-10
営業時間:11:30〜14:30 夜17:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜日


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 中華料理 |
1 / 912...最後 »