イル ポーベロ ディアヴォロ

大国町にある木津市場横のイタリアンレストランを訪問。

市場横の立地性を生かして食材には魚だけを使用。突き抜けた独創性と芸術性に富んだイタリアンは毎回感動で心を鷲掴みにされる。店内はカウンターとテーブル席で14席。イタリアのミシュラン同名店でスーシェフとして活躍された羽田シェフが店名使用の許可を得て凱旋帰国の上で開店した店。

店の入り口はビニールシートなんだけど薄い墨色になっていて店内のグレーの床やモノトーンの壁と上手く色調を合わせてかなりオシャレな空間の扉となっている。ダウンライトを使った照明もかなりいい雰囲気を醸し出している。音楽は一切なし・・・

この日はテーブル席にて全10品のフルコース10500円(税別)を所望する。

最初にグリッシーニとブリュットレゼルブボルロジェのシャンペンを所望。余韻も長くてて深くて複雑な味わい。

最初の料理はアオリイカを薄くスライスして火入れしたものと春キャベツ、カリフラワーを合わせてアイオリソースを敷いたもの。あっさりしたマヨネーズ系のドレッシングのような味わい。

レアに火入れされたミル貝と蕗を合わせたもの。貝のジュで作ったソースと緑のえんどう豆のソースも秀逸。。とても春らしい一品。。

アスパラガスとゴマとパルミジャーノチーズの泡状のスープ仕立て。深みもあるんだけどとても軽くて羽毛のような味わい。。。

路地の木の芽をあしらったリゾットはトマトを煮詰めた上澄みをソースに使用。無職なんだけどトマトの香りと酸味を感じることができる。このあたりのシェフの発想が尋常ではない・・・

南アフリカの赤ワインをグラスでいただく。。

柔らかく火入れされた姫鮑と若布とレタスを合わせたもの。レタスとワカメの食感の異なりも面白い。ソースは鮑のスープとアオサノリとバターなんだけどとても軽くて喉にストンと落ちるようなキレのある味わい。

スッポンを叩いてミンチ状にしたもの。。その下には新小芋が敷かれていて日向夏があしらわれる。スッポンの肉の味わいもいいし黄金色のスープもコク深い。

節句の前日だったので柏の葉に包まれてメインディッシュがプレゼンテーションされる。

柏の葉の香りに包まれた魚は6キロの石鯛を1週間熟成させで蒸しあげたもの。ゴツゴツした身は鶏肉のような弾力とクエのような味の深さを感じることができる。あしらえには蕨とおかひじき、青大豆のピューレが添えられる。魚の出汁のソースも和食のようでとても美味しい。

締めはあさりのパスタ。白海老をペースト状にしてソースにしている。乳化も完璧でソースがしっかりと麺と絡み合って突き抜けた美味しさである。パスタは太麺の「マンチーニ(Mancini)」しっかりとしたコシがあり噛み締めると小麦の味がする。

あまりにもパスタが美味しかったので急遽無理やりのリクエストでパスタのお替りを所望。羽田シェフは嫌な顔一つせず間も無く熟成させた石鯛と新鮮なツブ貝を入れたスパゲティが登場。リゾットと同じくトマトの澄まし汁をソースにしているので透明なんだけどトマトの風味を感じる鬼才の逸品。。

口直しにイタドリとキウイとヨーグルトのソルベ。。

チョコを割ると「はったい粉」のソースが流れ出るシェフ得意のドルチェで終了。。どれも隙のない全10品。。今回も大満足でお店を出ました。。。大阪のイタリアンでは一番好きなお店です。

過去のディアヴォロはこちら

大阪市浪速区敷津東2-2-1-317 なんば木津まち横丁「○(エン)」内
TEL:06-4395-5150
営業時間:18:00~23:00
定休日:水曜日


カテゴリー 大国町, イタリアン |
1 / 11