ひろせ 6月

毎月月初に献立が変わるたびに訪問する心斎橋の畳屋筋にある表記の和食店を友人と訪問。1年以上毎月欠かさず通っているけど私の口に合うせいか全く飽きない。今流行りの特別な高級食材を使う和食のお店が多い中でベーシックでかつ丁寧な仕事が光る、界隈では数少ない佳店である。

カウンター6席とテーブル席だけなので予約は必須。8000円のコースのみで苦手な食材があれば配慮もいただける。ゆうの出身のご主人は才気あふれる調理師なんだけど口数は少なく黙々と仕事をされる。その仕事一挙一動を見ながら食せるかカウンター席は劇場のよう。

座付は店主のスペシャリティーのとうもろこし豆腐。上には赤足海老と枝豆、新じゅん菜、鱧の卵があしらわれる。とうもろこしを凝縮させたような味わいの豆腐は座付にぴったり。

続いては夏河豚の白子と梅肉、大葉をあしらった春巻き。。甘くてトロトロの味わいの白子と梅の酸味がとてもよく合う。。

活鮮は今が旬の鱚に大葉を射込んだもの。脂乗りまくりのアブラメ、完璧な骨切りの鱧、粒マスタードでいただく蛸、生の北寄貝は驚く美味しさ。。皮を炙ったマナガツオ。お酒が進みまくる。。

煮物椀は柔らかく蒸しあげた穴子の献珍。。白木耳と若ごぼうがあしらわれる。。しっかりと引かれた出汁は少し濃いめだけどとても美味しい。。

焼き魚は高級魚のアコウ。脂と旨味たっぷりで甘めの玉ねぎソースとの相性もとてもいい。あしらえは2色のズッキーニとスナップエンドウ。。。

箸休めは大阪産の千両茄子。辛味の効いた山椒の餡がとても美味しい。。こういった普通のものが突き抜けた完成度がある。

肉料理は炭火で仕上げる鴨ロース。。ブルーベリーの甘酸っぱいソースでいただく。あしらえは油を塗りながらじっくりと焼き上げた極太アスパラガス。2色のミニトマトのシロップ漬けも美味しい。

食事は焼き鱧ご飯。。。ダイエット中なので私は泣きながらパスする。

新茶のアイスでフィニッシュ。。。コスパも素晴らしくて完成度の高い心の入った料理でした。。次月の予約をして店を出る。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 11